ベンチュラのリューズを上にしますと!

Pocket

ベンチュラをお求めい頂いたからこんなメールを頂戴いたしました。
———
「ヴェンチュラって面白いですよ。
左右非対称どころか,完全な線対称時計んなんですよね。
リューズを上にしますと!
〜(中略)〜
ヴェンチュラは数学,物理、美術等の感性を養う授業には最高です!
頭を軟らかくすると言う意味と、物事を異なった方向から見ると言
う意味からも、すばらしい教育的な時計だと思います。」
——
なるほど、そういう見方がありますか。長い間ベンチュラを見てますが、気付かなかったですね。
ベンチュラの一般的な認知のされ方は、三角形の時計、非対称のデザイン、キャデラックをデザインした工業デザイナーがデザインした時計、なんてところ止まりです。
で、リューズを上にしてみました。横置きタイプのCリングにリューズを上にセットして、通常3時を12時に置き換えてみる。
vent_01.jpg
慣れてくれば腕に巻いてもこの3→12設定の使用方法もありかも!?。
こういう時計の楽しみ方もありですよね。
ちなみにハミルトンのレディースカタログにはこんな感じで時計が並んでました。
vent_02.jpg

関連リンク
ハミルトン ベンチュラ/VENTURA

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA