腕まくりシャツスタイルがおすすめ。ユンハンスマイスターハンドワインド。

Pocket

こう暑い日が続くと、ナイロンのナトータイプとか蒸れなくおすすめ素材です。
でも……。
お仕事等で、スポーツ系モデル、ラバー、ナイロン素材のストラップがカジュアル過ぎてという方も多いはず。仕事場でシャツスタイルが必至となるとなおさらですね。

そんな時、あるパーソナル スタイリストの方のブログに、「クールビズで半袖のワイシャツを安易に着てはいけない理由とは?」というこの時期、興味深い記事がありました。
夏、半袖シャツより長袖を腕まくりしたほうが男らしくておしゃれです。…..半袖シャツにするなら裾口が大きすぎないスリムなものを選んだほうが良い…という内容でした。

なるほど、確かに裾口が広いタイプの半袖シャツにたとえば金属ブレスモデルとかありがちな感じですが、素敵かどうかといわれれると「?」です。ちょっと暑いのを、我慢してでも、腕まくりシャツにクラッシック系モデルは、ちょっと知的で素敵に見えるかと思いますが如何でしょうか。

お気に入りのモデルが、クラッシク系の方なら、なおさら、袖まくりスタイルをおすすめします。ノモスのオリオン、タンジェント、ラドウィッグ…なんかもよく似合うと思います。

腕まくりにマイスター

もうちょっと綺麗に腕まくりしたほうが良かったです。その方のブログには綺麗な腕まくりの方法の動画がありました。

画像は腕まくりにユンハンスのマイスターハンドワインド グレーダイヤル、60年代のクラシカルなスタイル。こういう雰囲気のモデルは、腕まくりスタイルにおすすめです。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA