CHUKEI / 中慶時計店

ブログ

ノモスについてもっと….

ノモスが、マニュファクチュールを目指した理由。

それは、100% made in Germany、完全ドイツ製の時計を実現するためです。

ノモスは1990年ローランドシュベルトナーによって、ドイツ時計産業の聖地として名高いグラスヒュッテにて創業されました。以来段階を踏みながらノモスは現在自社により全てを生産出来るマニュファクチュールになりました。

時計の品質を最後まで自社で管理出来るようになるため。

この当たり前のように思えることを出来ているメーカーは案外少ないのです。これがマニュファクチュールのメリットとも言えます。

ノモス社が守り続ける立ち位置

グラスヒュッテには、ドイツ統一後、ランゲ&ゾーネ、グラスヒュッテオリジナルをはじめとするドイツ縁のブランドが、次々に復活しましたが、復活からまもなく大手資本グループに買収されました。現在大手海外資本のグループに属さず独立した経営を続けているノモスのようなマニュファクチュールはドイツはもちろんスイスを含めてもで珍しい存在です。
ノモスがあるグラスヒュッテのイラストマップ

 

家族経営の形態で独立した経営を続ける現在のノモス社の最大のメリットは、

「開発に自由に時間をかけられること」
「自分たちが作りたいものを開発出来る」
「開発されたものを世に出すかいなかの最終判断権が自分たちにあること」
「莫大な広告費が時計の価格に反映しないこと」などがあります。
このスタンスを是非守り続けて欲しいものです。

 

 

ノモスのムーブメントに込められた情熱

ノモス社の生産するムーブメントからは、第二次世界大戦後に一度は絶えかけたグラスヒュッテに存在した時計産業の伝統と高度な技術力の復刻に対する情熱が感じられます。現在の手巻きムーブメントnomos α、自動巻きムーブメントのnomos εで見ることが出来る3/4プレートやサンバースト仕上げ、3/4プレートの下に隠されたグラスヒュッテ伝統を受け継ぐ設計、これらはグラスヒュッテの時計づくりの伝統を再現したものです。そしてその情熱は、自社製脱進機、ノモス スウイング システムの開発に繋がっていきます。

caliber Alpha

手巻きnomos αノモスαキャリバーは、ノモス社のキャリバーの中でも最もベーシックで最も長いキャリアを持つ手巻き 式キャリバーです。手巻きの33mm,35mm,38mmシリーズに搭載されています。ディト付きβ(beta)、パワーリザーブインジゲーターを持つ γ(gamma)、その両方を持つδ (Delta)(DUW 4401 )などのベースとなっています。

 

caliber Epsilon

自動巻きnomos εノモスεキャリバーは、ノモス社が開発したベーシックな自動巻きキャリバーです。安定性、耐久 性、ヘビーメタルローターによる繊細な両方向巻上システムは、発売以来実績を重ね信頼性を得て、現在のノモスの時計に対する評価に大いに貢献しているキャ リバーです。ディト付きのζ(Zeta)、ワールドタイマー及びGMT機能を持つξ(XI)のベースになっています。

 

ネジ1本から〜Nomos  Swing Systemまで〜時計業界の革命。

100% made in Germanyへの拘り〜その現れのひとつが7年の歳月をかけて完成した自社製脱進機です。スイスでマニュファクチュールをうたうメーカーでもヒゲゼンマイまで自社で生産・管理出来ているところは、ほんの僅かしかありません。この自社製脱進機をノモス社の規模で開発できたこと、この価格帯の時計に搭載できたことは、時計業界の革命と言われています。このノモス製脱進機をNOMOS SWING SYSTEMとよび、これを持つキャリバーに「ドイツ製品」を意味するDUW(Deutsche Uhrenwerke)と名付けました。

ノモスの時計デザイン

ノモス ベリナブラウノモスの時計には、ドイツを代表するインダストリアル・デザイン・プロダクツといわれるバウハウス理念に基づくデザインが息づいています。デザイン、商品企画、デザインなどのクリエイティブな作業はグラスヒュッテではなく美術と芸術の街ベルリンにあるベリナブラウと呼ぶオフィースで約30名のスタッフで行われています。

ノモスのモデルは iF Product Design Award、Red Dot Design Award,Dood Design Awaradなどの国際的な賞をはじめ現在120を超える賞を受賞しています。

グラスヒュッテの伝統を受け継いた高精度の美しいムーブメントとモダンなデザインの融合がノモスの時計の魅力です。

ノモスの魅了を伝える中慶時計店オリジナルムービー集