CHUKEI / 中慶時計店

ブログ

ハミルトンについて…SPRIT & HISTORY of Hamilton Watch.

ハミルトンの歴史_01  ハミルトン〜アメリカの歴史と歩みを共にした初期 ~Hamilton
1892年、アメリカ合衆国ペンシルバニア州ランカスターで創業したハミルトンは、創業して間もなく、高精度の鉄道用懐中時計を開発。草創期における、アメリカの鉄道の安全な運行に貢献し、ハミルトンの名を広く知られることに。その後10年ほどでレイルロードアプルーバル(鉄道公式時計)の称号を獲得。時代が進み航空機の時代が訪れると、定期航空便の公式時計に採用されたほか、航空会社数社に公式時計を供給。 第二次世界大戦時には、アメリカ海軍にマリンクロノメーターなど100万個以上の軍用時計を支給し、米軍のサプライヤーとして名門ランクを獲得する。戦後、フィフティーズの時代になると、創造性に富んだモデルを次々と発表。アシンメトリーの斬新なデザインを特徴とする世界初の電池式腕時計「ベンチュラ」、1970年代には、世界初のLED式デジタルウォッチ「パルサー」や、初の自動巻きクロノグラフ・ムーブメントを搭載した「パン ユーロ」など、ハミルトンは革新的なモデルを世に送り出していく。
ハミルトンはハリウッドとの関係も深い。
初めてスクリーンに登場したのは、1951年の第二次世界大戦中の潜水工作員の実話に基づいた映画で、アカデミー賞にもノミネートされた『フロッグメン』である。ハミルトンは第二次世界大戦中における軍用時計のメインサプライヤーで、実際に海軍の水中用時計の設計から、製造、そして供給までを行っていたため、この映画に採用されることとなった。その後、1961年の映画『ブルー・ハワイ』でエルヴィス・プレスリーと共演。この映画で使用された時計「ベンチュラ」は、この映画をきっかけにエルヴィス本人も愛用したことで知られている。以来、スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』などの歴史的名作や、近年では『メン・イン・ブラック』のシリーズ全3部作、『ダイ・ハード ラスト・デイ』、『インターステラー』『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』など、過去450以上の話題作に登場。あらゆる登場人物を表現できるクリエイティビティや豊富なラインナップによって、ハミルトンはハリウッドから絶大な支持を得ている。
ハミルトンとハリウッド
ハミルトンムーブメント 21世紀に入って生産拠点をスイスに移したハミルトン
 生まれ育ったアメリカの精神と、豊かな伝統と高い技術力を有するスイスのウォッチ・メイキングのふたつを融合させながら、腕時計の新たな地平を切り開き続けている。
ハミルトン オリジナルキャリバー
スイスにてスイス最大のムーブメント会社ETAと同グループに属する利点を活かし、他ETAからのムーブメント供給ブランドと比べて圧倒的なコストパフォーマンスを見せつけ、近年は、ETA社とハミルトン社の共同でムーブメントを開発し、オリジナリティ溢れるハミルトンウォッチに反映させています。
アビエーション-航空界とハミルトンの深い繋がり
ハミルトンと航空界との繋がりは、1919年まで遡る。この年、ハミルトンの時計は米国初のワシントン~ニューヨーク間の定期航空便に採用された。そして、アメリカが航空時代を迎えた1930年代には、TWA、ユナイテッド、ノースウエストといった航空会社の公式時計となる。さらに、アメリカの探検家で海軍少将のリチャード・バードの初の南極探検や、ユナイテッド航空による初の大陸横断便にもハミルトンの時計が採用されるなど、1世紀近くにわたって航空史にその名を刻んでいる。 近年ではエアロバティック界の第一人者であり、レッドブル・エアレースにも参戦するニコラス・イワノフとのコラボレーションや、世界の軍の飛行隊を支援するなど、ハミルトンの大空への情熱は尽きることはない。 
aviation_industry545

ハミルトンのムーブメント

世界初の電池式時計「ベンチュラ」。世界初のLED式デジタルウォッチ「パルサー」。そして、初の自動巻クロノグラフ「パンユーロ」など、時代の先をゆくテクノロジーと斬新なデザインが一体化したタイムピースで、時計史に数々の足跡を残してきたハミルトン。アメリカの精神とスイスの技術力が融合したその革新性は、ETA社とハミルトン社が共同開発したムーブメントにも息づいています。

ハミルトン ムーブメントH-10 H-30 H40HAMILTON ハミルトン
H-10/H-30/H-40

3針の機械式自動巻きモデルに搭載されるH-10(ディト)、 H-30(ディディト)、 H-40(ディディト)。その画期的なロングパワーリザーブ、
標準持続時間80時間のムーブメントは、香箱から脱進機までの一連の運動連鎖の改良によって可能となりました。ロングパワーリザーブを実現しながらも、緩急針を取り除いた特殊な構造を採用したことで、ムーブメントの信頼性と正確性も向上しています。ムーブメントのすべてのパーツは伝統的な素材で構成され、ローターにはブランドの頭文字である“H”やアビエーションをモチーフとした象徴的なカットアウトが施されています。
ハミルトン ムーブメントH−10−S
ハミルトン
H-10-S

機械式自動巻きのスケルトンウォッチに搭載される標準持続時間80時間のムーブメントH-10-S。フルスケルトンの文字盤からは、ムーブメントの複雑な動きを楽しむことができます。フルスケルトンのダイヤル構造や、伝統的なコート・ド・ジュネーブ、スネイル加工、ペルラージュ加工からなるエレガントな装飾が、ハミルトンのクラフツマンシップを象徴しています。
ハミルトン ムーブメントH-20-S ハミルトン
H-20-S

機械式自動巻きのスケルトンウォッチに搭載されるムーブメントH-20-Sは、定評のあるETA2824をベースに開発されています。ブリッジには、ハミルトンの頭文字“H”のパターンが美しく装飾され、大きな開口部が4つ設けられたローターから、その美しい姿を楽しむことができます。ムーブメントの地盤は大胆にくり貫かれ、ひげゼンマイやテンプ、ガンギ車といった主要パーツの躍動的な動きをダイレクトに感じることができます。
ハミルトンムーブメント H-21 H-31 H-21/H-31
機械式自動巻きのクロノグラフモデルに搭載されるムーブメントH-21、H-31は、香箱とゼンマイの改良により標準持続時間60時間(約2.5日)を実現。ブリッジにブランドの頭文字の“H”をあしらった美しいパターンが施され、シースルーの裏蓋からエレガントなムーブメントの動きを楽しむことができます。ETA7750をもとに開発されたH-21は、縦目(サブダイヤルを縦に配置したデザイン)のクロノグラフに、ETA7753をもとに開発したH-31は、横目(サブダイヤルを横に配置したデザイン)のクロノグラフに搭載されています。
ハミルトン ムーブメントH-22 H-22
スモールセコンドのダイヤルデザインに新たな可能性をもたらしたムーブメントH-22。このムーブメントは、8時位置にアシンメトリーに配置されたモデルに搭載されています。ブリッジには、スネイル仕上げとペルラージュ仕上げの巧みな装飾が施され、カットアウトされたローターが時計にコンテンポラリーで洗練された印象を添えています。
標準持続時間80時間。
hamilton_movement_h-32 ハミルトン
H-32

ムーブメントH-32は、6時位置のスモールセコンドを備えた機械式自動巻きモデルに搭載され、優雅に時を刻みます。美しい装飾が特長のこのムーブメントには、スネイル加工とペルラージュ加工が巧みに施され、スケルトンのローターにより、コンテンポラリーでエレガントな印象に仕上げられています。
標準持続時間80時間。
ハミルトン ムーブメントH-41e ハミルトン
H-41e

クオーツムーブメントH-41e は、世界24都市の時刻を計時可能な“ワールドタイマー機能”と“クロノグラフ機能”をプッシャー操作ひとつで瞬時に切り替えることができる、画期的な機構を実現。“ワールドタイマー機能”は、選択した都市の時刻の確認に加えて、サマータイムによる時間の変動も自動で調整。“クロノグラフ機能”では、「分」の単位を重要視するパイロットの要望で開発された、ダイヤル全体をミニッツカウンターとして使用できる機能や、パイロットが日常的に使用する飛行時の共通時間帯である、協定世界時 (UTC) 表示も備えられています。