手巻・パワーリザーブ・ディト というコンビネーションを持つDUW4401。

ノモス メトロMT1D4W2
お客様のご注文で入荷したノモス メトロMT1D4W2。メトロのファーストモデルです。
ケースサイズ37mmにパワーリザーブインジゲーター、大きめのディト表示を持ちますが、詰め込んだ感じがなくやっぱり基本シンプル。クラッシクとモダンが共存した感じとかファーストにして既に完成していた感じです。発表以来、メトロ MT1D4W2はGerman Design AwardやGood Design Award、iF Design Awardなど、多くの賞を受賞してきたというのも今になってみたらうなずけます。

メトロはベルリンを活動拠点とする若手デザイナー、マーク・ブラウンによるデザインで当初は、このデザインよりもノモスで初めて自社製脱進機であるNOMOSスイング システム 持つDUW4401搭載ということのほうが話題になったかもしれません。
ノモス DUW4401
たとえば自社製の”手巻ムーブメント”を生産し続けているというだけでも希少ですが、新しい設計で現代の技術で、製品の品質を自社でコントロールするために、全てを自社で生産してるところが他にないところで、ノモスがマニュファクチュールの中でもニューウェーブな感じがするところす。

ノモス メトロ MT1D4W2

オープンハート仕様のシチズン機械式限定モデル NP1012-05X

シチズンメカニカル限定NP1012-05X
シチズンからのメカニカル限定モデルNP1012-05Xです。ピンクゴールドカラーにブラウンダイヤルのコンビネーション、オープン・ハート仕様こんなテイストの国産はちょっと前にはなかった気が気がします。しかもこのモデルは5万円アンダーという定価設定。9時位置に24時間針、5時位置にスモールセコンドのインダイヤルがオリジナティを発揮してます。
気軽にに機械式の魅力を楽しむのには良いアイテムだと思います。記念のギフトにもおすすめです。
シチズンメカニカル限定NP1012-05xケースバック
シースルーバックからのキャリバー4197[S11048]。ローターのデザインも凝ってます。

オープンハートの動き、秒を刻むビート音は動画でお楽しみください。

シチズンメカニカル限定NP1012-05X

ナチュラル(天然)カラーストーンのピアスを人気のデザインで。

ナチュラルストーン(天然石)を使った小さくても存在感を発揮するピアスです。素材は全てK18ホワイトゴールド。

ラウンドカットの4つのストーンで作るフラワーモチーフの人気のデザイン。可愛いらしさの中に本物だけが持つ美しく力強いカラーは、飽きが来なくて、さり気なく上品で高級感を持ちます。
エメラルド、ブルーサファイア、ルビーです。

エメラルドは比較的、価格が高めの宝石で製品的にも市場で少なめです。
K18ホワイトゴールド エメラルド(ナチュラル)ピアス
P2691 K18WGエメラルド0.2ct(0.1ct/0.1ct)¥19,800+税

K18WGエメラルドピアス装着

K18ホワイトゴールドブルーサファイアピアス
P2690 K18WGブルーサファイア0.3ct(0.15ct/0.15ct) ¥19,800+税
K18WGブルーサファイアピアス

K18WGルビーピアス
P2689 K18WGルビー0.3ct(0.15ct/0.15ct) ¥19,800+税
K18WGルビーピアス装着

ピンクサファイアのハートシェイプのピアス。サファイアの輝りが本物の存在感を発揮しています。お値打ち価格ですよ。
K18ピンクサファイアピアス

K18WGピンクサファイア 0.6ct(0.3ct/0.3ct) ¥8,800+税
K18WGピンクサファイアピアス装着

ブルーサファイアより少しパープルを持つ美しいタンザナイト。キリマンジャロの夕暮れ時の空を映し出したような美しい青紫色と表現されます。ペアシェイプとハートシェイプカットの組み合わせがお洒落です。
K18WGタンザナイト ピアス

P2694 K18WG タンザナイト 0.70ct(0.35ct/0.35ct) ¥14,800-
K18タンザナイトピアス装着

モダンかつ、エレガントに「JAPAN」を表現した世界限定モデル。

シチズンメカニカル限定 PC1003-66L
シチズン メカニカル限定PC1003-66L
シチズンのメカニカル限定シリーズのボーイズサイズ34mmです。
昨日紹介させていただいたレディースモデル同様、テーマは「夜桜」ということダイヤルには桜のモチーフがあしらわれ、ダイヤル インデックスにはスワロスキー®クリスタルがセッティングされています。なんといってもこのモデルはダイヤル開口部からテンプの動きが見えるオープンハート仕様がポイントですね。

機械式時計の魅力をオープンハートでアピールして、桜のモチーフが日本製をアピールするエレガントで存在感あふれる世界限定モデルです。定価¥57,000+税も魅力です。(国産ならでは^^.)

シチズンメカニカル限定モデル
美しいダークブルーダイヤルとピンクゴールドカラーのコントラストがお洒落です。

光の加減でサンレイダークブルーダイヤルに浮かび上がる桜のモチーフ、オープンハートは動画でどうぞ。

メイドインジャパンならではの、ディテールに拘った作りとコストパフォーマンスが魅力

シチズン 機械式自動巻モデル PD7162-55L(世界限定2,000本)
先日、ちょっと気になるシチズンの機械式時計としてご紹介した限定モデルが入荷しました。
シチズン PD7162-55L

機械式自動巻、サファイアクリスタル、10気圧防水といったスペックだけでも高いコストパフォーマンスを感じさせますが、「夜桜」というテーマを、ダイヤルの装飾やカラーで表現して時計にストーリーを持たせているところが魅力的です。定価¥58,000+税。
CITEZEN PD7162-55L
桜の花びらが、光の加減で浮かび上がる演出、7時位置の日本の伝統工芸を彷彿させる花びら型のインデックスが、オリジナリティを感じ、ダイヤルのMADE IN JAPANの文字と良く似合っています。

シチズン PD7162-55L レディースサイズモデル

「ちょっとコツがいる曜日早送り」
搭載キャリバー6651は曜日と日付き、いわゆるディディト モデルで、曜日は漢字と英語の2種類が選べます。
曜日の早送り調整は、リューズを「一段引いて」針を回して進めますが、午前0時で曜日をジャンプさせて午前4時30分まで進めます。そここから午後9時までバックさせる反復操作で曜日を進めながら合わせたい曜日を選びます。英語と漢字は交互に出ます(SUN→日→MON→月→火→TUE……….)SUNを選べば、翌日は英語のMONを表示していきます。

日付の早送り調整は、リューズを一段引きの状態からもう一段引く(二段引き)と一日進みます。この出し入れ動作で早送りすることが出来ます。(針の表示が午後9時から午前4時30分の間にある時は、修正を避けてください。)

曜日と日付が調整できたら、最後に、リューズを「一段引いて」時間を合わせます。
文章で表現すると ややこしい感じですが、実際に操作してなれれば、そう難しくありません。
装着 PD7162-55L

PD7162-55L 限定ボックス
ネイビーブルーのクロコストラップ&折りたたみバックル付きです。限定ボックスでギフトにもおすすです。

美しい南洋パールのピアス。ホワイトとブラック。

日本で養殖されているパールは、アコヤ貝によるもの、一方タヒチなど南洋真珠と呼ばれるものは黒蝶貝、白蝶貝によるパールです。母貝の違い、環境の違いで生まれてくるパールは色味やサイズなどそれぞれの特徴を持ちます。今回は、南洋パールの白蝶パールと黒蝶パールを使ったピアスです。
南洋パールの持つサイズ感、独特の色味を活かした美しいピアスです。

南洋白蝶パールとクリスタルミラーボールのコラボから生まれた美しい光のコントラスト。
南洋パールピアスホワイト
南洋白蝶パール9mmを使ったアメリカンタイプのピアスです。スワロスキー製のクリスタルを使用したミラーボールがパールの上で輝くエレガントなピアスです。
南洋白蝶真珠ピアス装着
チェーン部のシリコンキャッチで下がり具合(長さ)を調整出来ます。
K18WG南洋白蝶パールピアス
ミラーボールと9mmの南洋パールの間に小さいミラーボールがあります。これは、輝きの演出の他に、南洋パールとミラーボールの間にほんの少し隙間を空けることでパールの真円さを美しく見せる役割も果たしています。このピアスは、女性によるデザインですが、女性らしいきめ細かな配慮ですね。

ピアスが耳元で揺れるたびにミラーボールのきらめきとオリエント効果と呼ばれる真珠特有の柔らかな光のコントラストが華やかさの中に上品な女性らしさを演出します。華やかなシーンに良く似合うアイテムです。
P2688 K18WG南洋白蝶パールピアス ¥70,000+税

使い方でとってもモダンな南洋黒蝶パールのピアス。
南洋黒蝶パールピアス
黒蝶真珠11mmのシンプルなピアス。小さいと地味になりがちなブラックパールですが、真円でこのサイズになるとなかなかの存在感と高級感。フォーマルからカジュアルまでモダンに合わせることができます。
P2688 南洋黒蝶パール11mm ピアス ¥30,000+税
南洋黒蝶パール11MMピアス

別売のK18WG 7mmアコヤパールキャッチを組み合わせることでこんな感じで使えます。
南洋黒蝶パールにアコヤパールキャッチ

7mmアコヤパールキャッチ
K18wG 7MMアコヤパールキャッチ ¥8,000+税

2Wayなアメリカンタイプのパールピアス。

k18パールピアス2-1k18パールピアス
18金製の美しい曲線のバーにパールをあしらったエレガントなピアスです。片方の先端部のパールは7mmで、キャッチ式になって、つけることでボリュームアプ、華やかさを演出することが出来ます。そのまま無しでも使用可能です。
K18パールピアス7mmパールキャッチ付き
2本の曲線のバーがチェーンで繋がっています。このタイプで金の純度を10金(純度42%)に落としてコストダウンを図ったもの製品もあるようですが、デザイン状肌に触れる部分(チェーン部)に通常のバータイプのものより少々の重さと摩擦がありますので、長い目で見てこちらのK18・18金(純度75%)が安心でおすすめです。
K18パールピアス7mmパールキャッチ付き
P2693 K18パール アメリカンタイプ ピアス (7mmパールキャッチ付き)¥25,000+税

シンプルでエレガントなアメリカンタイプのパールのピアス

定番のアメリカンタイプのパールピアスです。トップはアコヤ真珠7mm。移動が気になる方は、シリコン製のキャッチ(画像にはありませんが付属)をチェーン部に通しストッパーとしてお使いいただけます。落下防止にもなります。キャッチを使用せずルーズな感じをお楽しむかはお好みで。K18イエローゴールドとK18ホワイトゴールドの2タイプ。
チェーン部は5cm(先端の棒状部を含まず)
パールピアスアメリカン
このタイプのピアスは、トップのパールのサイズと品質が全てと言っても過言ではありません。巻の良い高品質のアコヤパールが雫のように揺れるシンプルで美しいピアスです。
K187mmアコヤパールピアス
P2684  K18イエローゴールド 7mmパールアメリカンタイプピアス¥16,800+税
K18WG7mmアコヤパールピアス
P2684  K18ホワイトゴールド 7mmパール アメリカンタイプイアス¥16,800+税

アコヤパールキャッチ7mm
別売の7mmパールのキャッチを使用するとさらにエレガントな使い方ができます。
本体が本真珠仕様なので、このパーツも高品質のアコヤパールのものがおすすめです。
金具部はK18イエローゴールドとK18ホワイトゴールドがあります。各¥8,000+税
7mmパールピアス
ボリュームがアップして華やかなシーンで映えますね。

IJT 28th国際宝飾展に行ってきました。

28thIJT
 昨日、1月23日〜26日まで東京ビックサイトで開催れているIJT 28th国際宝飾展に行ってきました。西日本は大雪のニュース、わが北陸も帰りを心配するくらい大雪でしたが、東京は快晴でした。
28th国際宝飾展
昨日は開催2日目、会場の雰囲気はいつもと変わらず国際色豊かで賑わってましたが、ブースによっては黒山のところもあれば、閑散のところもあるといった感じです。(黒山のところって、やっぱおばちゃんバイヤーが多いんですよね。)今回もお目当てのブースを(何度も)まわり、それなりに思惑通りの買い付けが出来たと思います。受注から製作に入るものもあり、入荷次第順次店頭に並べていきたいと思ってます。またこちらの方でも、少しづつご紹介させていただこうと思ってます。

この展示会は国内最大級の規模で、各メーカーのブースを見て回るだけでも、トレンドや適正価格など効率よく把握することが出来る良い機会だと思っています。また海外から出店してるブースでは、 普段目にすることはない超高額なもの、巨大なもの、超レアものが展示されたりして目の保養をさせてくれます。

展示ブースの前を一旦は通り過ぎたのですが、「おゃ?」となんか気になって戻って良く見てみたら、これでした。オーラを放ってたんでしょうかねぇ。撮影しても良い?と聞いたらインド人が笑顔でOKしてくれました。トラピッチェエメラルドのイヤリングです。

トラピッチェエメラルド

トラピッチェ エメラルドは、6方向、放射状に模様が現れるエメラルドで、全体のエメラルドの1%しかないとも言われています。自分の中では、どちらかと言うと美しさからのジュエリーとしての需要より希少性でコレクターズアイテムとしてイメージが強い宝石でした。以前、宝石の鑑別書を作る仕事をしていた時は、今より結構いろんな石を見る機会に恵まれていましたが、その時でも仕事としてこれを、見た(鑑別した)ことはありませんでした。ただその会社がサンプルとしてコレクションしていたのでルース(裸石)の状態のトラピッチェエメラルドを社長に「こんなの見たことある?」って一度だけ見せてもらったことがありました。その経験があったので、今回目に止まった次第です。
会場で見たのは、ジュエリーとして出来上がったもので、しかもイヤリング。よく同じサイズで色味が(写真は光線の加減で明暗がでていますが)そろったものだと思いました。撮影をOKしてくれたインド人はとても自慢げでした。

もう一つ、展示会場のある一角に、ジュエリーというより、「石〜パワーストーン」のエリアがあります。自分は勝手にカオスエリアと読んでますが..中国のブースだったと思いますが、「隕石特価」と書かれていました。こちらも撮影の許可をもらいました。
メテオストーン
これは、「カンポ・デル・シエロ」だそうです。2個並んでいました。どちらも10kg以上ありました。所々に穴があり金属的な黒光り、担当の人が、「持ち上げてみて」というので、つい石の感覚で持ち上げようとしたら、持ち上がりませんでした。まさにこの世のものと思えぬ塊でした。こんなの空から落ちてきたら…..^^;
広い会場で、歩き疲れますが、やっぱり興味深い催しです。

36,000VPHにみるエル・プリメロの魅力とは。

マニュファクチュール、ゼニスの代表ムーブメントと言えば、エル・プリメロ。1969年に世界初一体化した自動巻クロノグラフムーブメントとして発表されたエル・プリメロ(エスペラント語で第一の意味)は、1時間に36,000回の振動(10分の1秒を刻む)、パワーリザーブ50時間以上を備え、ディト表示も持ちながら厚さ6.5mmという今でも凄いスペックでした。クォーツショックで一時期の中断はあったものの再開後今も生産されているエル・プリメロは、長い年月の間に幾度となる改良を重ね完成度を高めています。そして現在エル・プリメロが搭載されている最もベーシックなシリーズは、その名もズバリ「36,000VPH」。
ゼニス エルプリメロ36000vph
03.2080.400/01.M2040

9時位置の永久秒針、3時位置のクロノグラフ分カウンター、6時位置のクロノグラフ時カウンターこの位置関係(三角関係!)のバランスがクロノグラフの「顔」の基本を決めることになりますが、このバランスの美しさもエル・プリメロの魅力のひとつです。36,000VpHのインダイヤルのデザインは、それを強調するというかのようなデザインに仕上がっています。

エルプリメロ36000vph
03.2080.400/21.C496

クロノグラフを制御するシステムには、カム式とコラムホイール式がありますが、エル・プリメロは。もちろんコラムホイール式で、押してわかるその確かな操作感も魅力です。シースルーバックなので、START,STOP,RISETでのダイナミックな動きも堪能できます。下記動画をご参照ください。

ゼニス エル・プリメロ36,000VpH

ゼニス クロノマスター グレーダイヤル。03.2040.4061/23.M2040

ゼニス クロノマスターシリーズに加わったグレーダイヤル、ブレス仕様 03.2040.4061/23.M2040です。クロノマスターシリーズ各モデルにブレス仕様も加わりました。

ゼニス クロノマスター 03.2040.4061/23.M2040

03.2040.4061/23.M2040

マニュファクチュール、ゼニスが誇る、自動巻クロノグラフムーンブメント、エルプリメロの心臓部がダイヤル開口部から見えるクロノマスター。36000VoH・10ビートを視覚的に楽しむことができる美しいモデルです。(下に動画があります。)
ゼニス クロノマスターフェイスアップ
6時位置のクロノ12時間積算計のブルーと上品なコントラストを見せるグレーダイヤル。赤いクロノ秒針も良い感じでアクセントになっています。合わせやすい感じです。
クロノマスター 装着ケースサイズは42mm。
ゼニス クロノマスター バックから見るエルプリメロ
シースルーバックからのエルプリメロ。キャリバー4061。

ゼニス エルプリメロ クロノマスター 03.2040.4061/23.M2040

36,000VpH・10ビートで時を刻むエルプリメロの心臓部は動画でどうぞう

ちょっと気になるCITIZENの機械式自動巻、世界限定モデル。

日本では、シチズンといえば、機械式というよりエコドライブ、光発電によるクォーツ時計のイメージが強いですが、昨年、スイスの時計メーカー、フレデリック・コンスタントを買収、既にブロバー、アーノルド&サン、ラ・ジュペレー社はシチズンの傘下になっています。特にセリタ社のムーブメントをベースに独自のモジュールを開発して有名ブランドに供給しているラ・ジュペレー社の買収は業界を驚かせました。
そんなスイスへの進出、ワールドワイドな展開への意気込みが感じられるシチズンから、リーゾナブルなプライスも魅力な世界限定モデルが発売されます。

NP1012-05X

シチズン NP1012-05X 世界限定

NP1012-05x ¥46,000+税
世界限定2,700本

7時位置にムーブメンとの心臓部・テンプ部が見えるオープンハート仕様、5時位置にスモールセコンド、9時位置に24時間針。ブラウンダイヤル。
ケースサイズ:径39.6mm 厚11.2mm
ケース素材:ステンレススチール ピンクゴールドメッキ、シースルーバック仕様
ムーブメント:機械式自動巻、キャリバー4197(S110068)21石
防水性:10気圧
風防:サファイアクリスタル
ストラップ:カーフストラップ、三ツ折タイプバックル
NP1012-05X ¥46,000+税 2017年 2月9日 発売予定

PC1003-66L

シチズン機械式PC1003-66L

PC1003-66L ¥57,000+税
世界限定2,000本(ワニ革ストラップ付き)

ピンクゴールドカラーとダークブルーダイヤルのコントラストが美しいボーイズサイズモデル。7時位置にムーブメンとの心臓部・テンプ部が見えるオープンハート仕様、夜桜をイメージしたダークブルーのダイヤルにクリスタル(スワロスキー製)13PCSがインデックスにセッテイング。交換用のレザー(ワニ革)が付属。
ケースサイズ:径34mm 厚11.1mm
ケース素材:ステンレススチール ピンクゴールドメッキ、シースルーバック仕様
ムーブメント:機械式自動巻、キャリバー8229(S105161)21石
防水性:10気圧
風防:サファイアクリスタル
ストラップ:ステンレススティールブレス仕様、替えようストラップ(ワニ革)、三ツ折タイプバックル付属
PC1003-66L ¥57,000+税 

PD7162-55L

シチズン機械式PD7162-55L

PD7162-55L ¥58,000+税
世界限定2,000本(ワニ革ストラップ付き)

ピンクゴールドカラーとダークブルーダイヤルのコントラストが美しいレディースサイズモデル。夜桜をイメージしたダークブルーのダイヤルにクリスタル(スワロスキー製)10PCSをインデックスにセッテングされています。交換用のレザー(ワニ革)が付属。
ケースサイズ:径27mm 厚11.3mm
ケース素材:ステンレススチール ピンクゴールドメッキ、シースルーバック仕様
ムーブメント:機械式自動巻、キャリバー6651(S105196)21石
防水性:10気圧
風防:サファイアクリスタル
ストラップ:ステンレススティールブレス仕様、替えようストラップ(ワニ革)、三ツ折タイプバックル付属
PD7162-55L ¥58,000+税 

シチズン世界限定機械式自動巻モデルのお問い合わせはこちら

2017年初荷は、ノモス タンジェント35でした。

ノモス タンジェント35 TN1AIW2
昨日から店頭はオープンしていますが、まだちょっとお休みモードから転換出来ていないようです。そんな朝に、早速入荷したのは、定番アイテム ノモス タンジェント35。

見慣れた顔にホッとしますが、ケースバックをみるとなんかいつもと違う感じが….
刻印がすっきり、シンプルになっているようです。
ということで、HPのZOOM画像も更新しました。
ノモス タンジェント35ケースバック

ノモス タンジェント35 TNIAIW2

ハミルトン ジャズマスターFace2Face Ⅱ (ご予約品)

ハミルトン ジャズマスター フェイス2フェイス

今年、最後の入荷はハミルトンの世界限定モデル Facr2FaceⅡ(お客様ご注文分)でした。当初の入荷予定は2016年12月。予定通りといえばそうなんですが、ギリギリ過ぎですね。今日は仕事納めなんですが…。
新作発表会で、プロトタイプを手にしていましたが、実際に入荷したFace2FaceⅡをじっくり見てみると、オーバルの曲面サファイアクリスタル(無反射コーティング)、反転構造の精度などかなり作り込んだ感があります。反転させて自動巻ローター部を表にした時、ローターの中心にあるクロノ秒針が左まわりに動いているのは独創的というか不思議な感じ、今まで見たことがありません。
ハミルトン Face2FaceⅡ H32866781
それだけだと遊び心とか、ユニークということで片づけられそうですが、こちらのサイドをよく見るとタキメーター、パルスメーター、テレメーターの3つの目盛があります。実際にそれぞれで平均時速、心拍数、距離の測定に使用する機会はないかもしれませんが、クロノグラフの歴史を紐解いてみるとクロノグラフにはこれらの**メーターは、どれかひとつをダイヤルに刻まむこで、そのクロノグラフのアイデンティティーを決定づけるものでもあります。たとえばモータースポーツをイメージしたモデルならタキメーター、クラシカルなドクターウォッチをイメージしたならパルスメーター、ミリタリー、戦闘機パイロットをイメージしたならテレメーターのようにです。Face2FaceⅡが、両面に秒針を持ち、片面にクロノ秒針のみを配置することで、この3つ全てを使えるようにしたことがこの時計のコンセプトに大きな意味を持たせる事になっているようです。
反転するFace2Face

プッシュボタンの位置は、そのままで時計部のみが反転しているのは不思議な感じですね。
刻印は、普段は見えませんが、反転させた時にでてきます。シリアルNO***/1999は画像の反対側(下側)にありました。

ハミルトン ジャズマスターFace2FaceⅡ

今度は、グルノーブルをハミルトン カーキフィールドに…。

ハミルトンにグルノーブル

 

先日こちらのブログでノモスに合わせてご紹介したレザーストラップ グルノーブルです。

店頭で、ご愛用のハミルトン カーキ フィールドに合わせるストラップをお探しの方がお見えになりました。カーキフィールドはキャンパスストラップが定番ですが、お客様のご要望もあり今回は”革”でということで、グルノーブルをおすすめしたところとてもお気に入りいただけました。お客様のカーキフィールドは、カーキグリーンダイヤル。グルノーブルのダークグリーンをあわせたところ、なかなか良い感じのイメージチェンジになりました。お客様も結構ご満足いただけたようで良かったです。

そう言えば

今年、新たにカーキフィールドのラインアップに加わった、「ブラウンダイヤル」と「ブルーダイヤル」、こちらも合わせてみようと試みました。こんな感じになりました。

ハミルトン カーキフィールドH68201193にレザー
ハミルトン カーキフィールド H68201193にグルノーブル20MMダークブラウン。
グルノーブルの持つナチュラルでビンテージ感のある質感が、カーキフィールドのブラウンダイヤルに良くマッチしました。

ハミルトンカーキフィールドにグルノーブル
ハミルトン カーキフィールド H68201143にグルノーブル20MMネイビーブルー。
カーキフィールドのマットなダークブルーとグルノーブルのビンテージ感がよくマッチしました。ステッチのアクセントで重くならない良い感じのカジュアル感がでました。デニムとの相性もバッチリです。

ノモスの時は、ノモスを少しカジュアル感を持たせることができましたが、今回のカーキフィールドでは、いつものカーキが少しエレガントよりになった感じです。グルノーブルは便利なアイテムです。
グルノーブルのラインアップはこちら