カテゴリー別アーカイブ: ノモス

ノモス 純正ディプロインバックル16mm&18MM

ノモスの純正ディプロインバックル16mm,18mmがオプションパーツとして発売になりました。いわゆる折りたたみ式バックル、フォルディングバックルとも呼びます。以前、セーフティーバックルと呼んだ時代?メーカーもありました。自分的にはフォルディングバックルで統一していますので、HPもそのように表記しました。

ようは、レザーストラップが、固定されて、繋がった状態になり取り外しが楽になるものです。また装着時に、誤って時計を落とす確立が下がります。また、ピンバックルよりストラップの痛みが少なくなることもあるようです。

一言で、フォルディングバックルといっても、「2つ折りタイプ」、左右が開閉する「観音開きタイプ」があります。また、プッシュ式、プッシュ式でないものの(呼び名がわかりませんが、)があります。

今回のノモスの純正バックルは、2つ折タイプ、プッシュ式になります。このタイプは、装着、取り外しがワンタッチになります。
観音開きタイプと比べて、腕に当たる金具部分が長くなるので、手首サイズとベルトの長さの関係がシビアになります。装着した際に内側の金具の位置によって装着感に違和感がある時があります。その場合、ベルト自体を12時側(尾錠側)と6時側(剣先側)を入れ替えて時計に取り付けるという対処方法があります。

これが 開いた状態。メーカーの純正といっても、既存のものにレザー刻印でロゴを入れただけの物もありますが、これは、見た感じ、オリジナルのようです。ノモスらしくスタイリッシュな出来上がりです。

取り付けは、ピンバックを外し、フォルディングバックルの固定側を取り付けますが、ここは、ネジ式になっています。なので、取り付けには精密(-)ドライバーが必要です。

ネジは、いわゆる共ネジになっているので、基本的にドライバーは2本入ります。一方は固定、一報を回す。パートナーがいれば、お手伝いしてもらう方法もありですが、いない場合は、一人で行わなければなりません。ドライバーに台座がついている工具もあるようですが、(自分は持っていませんが)店頭では、作業台に固定したミニ万力にドライバーを固定して、やってます。

通販の際の取り付けに関しましては、お気軽にご相談ください。

取り付けるとこんな感じになります。いくつかのフォルディングバックルをお使いになった方は、お気づきかもしれませんが、時計を取り外す時、プッシュボタンを摘んで、向こう側に開く感じになります。最近の2ツ折れタイプの場合、手前に開くことが多いのですが、ノモスは逆のようです。どちらも慣れの部分もありますが、手前に引くほうが外しやすい(慣れちゃってる)かたは、先に違和感がある時の対処方法として書いたベルトの12時側(尾錠側)と6時側(剣先側)を入れ替えて時計に取り付けるという対処方法があります。

ノモス純正フォルディングバックル

ノモス メトロ38 MT1A4W2。

 ノモス メトロは、ベルリンにスタジを構えるデザイナーMARK BRAUN(マーク・ブラウン)のデザインによるシリーズ。既に、パワーリザーブ&ディト、ディトがラインアップされていましたが、今回は、最もシンプルな手巻3針モデルです。

ノモス メトロ38

 ノモスのキャリバーで最も多く使われてきた信頼と実績を誇るnomos αを搭載したメトロ38は、(定価¥320,000+税)です。ディト付きモデルが¥380,000(2017年11月現在)なので、ディト付きより定価で6万円お安い設定となってます。

メトロ針アップ

モダンとトラッドの融合を日常的デザインの中で昇華したメトロ

 これは、メトロシリーズに共通することですが、インデックスのブルーやスモセコのレッド、時間を読みやすいようにデザインされた特徴的な形状の針からは、洗練された都会のモダンな印象を受けます。

一方、ラグの形状とかドーム型の風防(サファイアクリスタル)、厚みのないケースフォルムから受ける華奢な印象は、60年代ぽさを感じます。このモダンとトラディッショナルの2つが、日常的な控えめなデザインの中で共存している処が、メトロの魅力のようです。

それでいくと、最もシンプルな手巻キャリバーを持つこのメトロは、ひとつの完成型のような感じがします。

メトロ38着装

シンプルな中に、使っていくうちに新たな発見がありそうな時計です。

ノモス メトロ38 MT1A4W2

ノモス クラブキャンパス。

入荷が遅れていたノモス クラブキャンパスナイト シースルーバックが’入荷しました。

ケースサイズ36mmのクラブ36キャンパス、ケースサイズ38mmのクラブ38キャンパスには、ホワイトダイヤルとルテニュームメッキが施されたダークグレーダイヤルのキャンパス38ナイトがあります。

3アイテムをまとめたムービーです。

クラブ36キャンパス CL1A1W2CP
ノモス クラブ36キャンパス

ストラップは グレーのカーフ裏起毛のベロアストラップ。ノモス クラブ36キャンパス ダイヤル

アラビア数字とローマ数字のユニークなインデックス(バイリンガルダイヤルと呼ぶそうです。)は、スーパールミノバが施され拡大してみても綺麗に仕上がっています。盛った感じが良いですね。赤い縁取りも洒落てますね。

ノモス クラブ36キャンパス CL1A1W2CP

カジュアルで若々しくオシャレなモデル、10気圧防水、シースルーバックも嬉しいですね。
36mmサイズは、男女兼用サイズ。

クラブ 36キャンパス シースルーバック CL1A1W2CP詳細

クラブ38キャンパス シースルーバック CL1A1W238CP
クラブ38キャンパス

38mmサイズシルーバーダイヤルはダークグレーカーフベロアストラップでくっとシックですが、
グレーブルーのインデックスとネオンオレンジのスモセコで、地味にならなく洒落た感じに仕上がっています。

ノモス クラブ38キャンパス

夜間の視認性もスポーツモデル仕様。

クラブ 38キャンパス シースルーバック CLIAIOW238CP詳細

ノモス クラブ38キャンパスナイト

もうひとつのクラブ38キャンパスはダイヤルにルテニュームメッキを施したダークグレー。ネオンオレンジのスモセコが、いいアクセントになってます。

クラブ38キャンパスナイト着装

38mmサイズは、ラグ幅20MMで、無難なメンズサイス。

クラブ 38 キャンパス ナイト CLIAIBL238CP 詳細

クラブキャンパスシリーズは、10気圧防水、サファイアクリスタル・シースルーバック、ノモス製手巻キャリバーnomos αを搭載した、ノモスのなかでも最もコストパフォーマンスを発揮しているシリーズと言えると思います。

ノモス Ahoi の 新仕様ナイロンストラップ、20MM。

ノモス アホイストラップ

モスの200M防水モデル、Ahoi(アホイ)のナイロンストラップが新仕様になりました。

以前は、メッシュタイプでピンバックルのピンをメッシュの隙間に入れるものでしたが、新仕様は、メッシュではなくサラリとしたテキスタイルで裏面にロゴも入っています。テキスタイルストラップとしては、どちらかと言うとオーソドックスになった感じです。

 以前のメッシュタイプは、夏用という感じが強かったのかなぁというのが、この新仕様を見てからあらためて思いました。

ストラップのみパーツとしての販売も開始されました。

ノモスAhoiようストラップ-sn3bbr

ノモス Ahoiようナイロンストラップ 20-20MM 定価¥12,000+税
Ahoiがラグ幅20MMなので、20MMのみ発売です。
ノモスAhoi専用バックル

別売の専用バックル¥4,000+税
バックルが定革の役目もするので、ストラップには遊革のみがついています。

ノモス Ahoiようナイロンストラップとバックル

ノモスAhoi

ノモス Ahoiナイロンストラップラグ部

ラグ部の折り返し部は、耐久性の為か、刺繍のように縫われていて、デザインのアクセントにもなっています。テキスタイルストラップですが、なにか上品な感じもします。

ラバーストラップのダイバーズを少しビジネスよりにしたり、逆にタンゴマットのようなモデルに少しカジュアル感を演出させたい時など、面白いアイテムだと思います。

ノモスAhoIノモスAhoiようナイロンストラップ

シンプルな時計にマッチするSSブレス18MM・19MM・20MM。

ノモスの輸入元、大沢商会のプロデュースによるステンレススチール(316L)ブレスレット。サイズ(対応ラグ幅)は18MM,19MM,20MMの3種類。
価格は、各サイズ¥38,000+税


9連タイプで、サテン仕上げとプリッシュ仕上げが美しい仕上がりです。

しっとりと腕に馴染む感じです。
タンジェントにブレス
タンジェント35に18MMのブレスを装着しました。

コマ外し、サイズ調整してからご納品も承ります。

Fortune Acc ステンレスブレス詳細〜ご注文はこちら

ノモス サンリングの使い方動画アップしました。

ノモスの時計は、時計を持つ喜び、時間を見る楽しさを与えてくれます。そのノモスがシンプルを追い求めた末に辿り着いたひとつの答えが、日時計。サンリングです。

発売以来ノモスのもうひとつの人気アイテムです。

サンリングを実際に使った動画をアップしました。

ノモス サンリング

ノモス新作情報。メトロ38 ,クラブキャンパス (シースルーバック)。

ノモス メトロ38

(左)メトロ38 MT1A4w2 定価 ¥300,000+税 (中)メトロ38アーバングレーMT1A4UG2 定価 ¥300,000+税 (右)ケースバック nomos α

ノモス メトロは、2014年にファーストモデル、パワーリザーブディト37mmが、DUWキャリバーで発売され、
次にメトロ38 ディトが発売されています。今年新たにノンディトモデル、メトロ38が2つのダイヤルバリエーションでラインアップに加わります。6月発売予定です。現行のメトロ38ディトの定価 ¥380,000に対して、新作メトロ38は、定価 ¥300,000となっています。
搭載キャリバーはnomos αです。

ノモス メトロ38

クラブキャンパス
ノモスのラインアップの中ではスポーツ カジュアルよりのライン、クラブシリーズに新たにキャンパスが加わります。クラブはケースバックがスクリューバック式で10気圧防水というスペックとノモス製キャリバーnomos α を搭載しながらもっともリーゾナブル価格のモデルです。

新作クラブキャンパスは、アラビア数字とローマ数字を組合せたダイヤルは、思わずユニークダイヤル!?と言ってしまいましたが、ノモスでは、バイリンガルダイヤルと呼ぶようです。当初スチールバックモデルのみの発売ということでしたが、急遽シースルーバックも発売されるという朗報が入りました。せっかくのnomos αなので、シースルーバックから綺麗さを楽しめたほうが良いという方も多いのではないでしょうか。 スチールバックとシースルーバックの価格差は、現在予価ではありますが¥10,000-です。入荷時期は今のところ未定でシースルーのほうが遅くなりそうですが、これなら待ってもお得かと思いますね。

ノモス キャンパス36
キャンパス36
・スチールバック:CL1A1W1CP 定価 ¥160,000+税
・シースルーバック:CLIA1W2CP 定価 ¥170,000+税

ノモスキャンパス38
キャンパス38
・スチールバック:CL1A1W138CP 定価 ¥170,000+税
・シースルーバック:CLIA1W238CP 定価 ¥180,000+税
ノモス キャンパス38
キャンパス38
・スチールバック:CL1A1BL138CP 定価 ¥170,000+税
・シースルーバック:CLIA1BL238CP 定価 ¥180,000+税

※クラブキャンパスの表示価格は、現在予価となっています。ご了承ください。