W&J アフターサービス」カテゴリーアーカイブ

エコドライブ快適にお使いになるために…..正しいお付き合い方。

Pocket

ソーラセルをダイヤルに配置して、光発電した電気を二次電池に蓄えてクォーツムーブメントを作動させるシチズンのエコ・ドライブ。便利なシステムですが、お付き合い方を間違えると突然「止まっちゃった」、「時間が合わなくなった」(電波修正機能付き)という症状になります。その原因の殆どは、充電不足によるものです。

時計が止まってしまったら一体どのくらいの時間光に当てる?

晴れた日の太陽光が一番。

 不足の事態発生で、止まってしまったり、受信しなくなっちゃったら、充電不足の可能性が高いので、とりあえずダイヤルを光にあてて充電してみましょう。下記が停止から通常に動き出すまでのお目安時間です。
屋外(晴天) 50〜70分(充電完了までは約1.7〜3時間)
屋内照明 192〜220時間

もちろんキャリバーや、光量条件ににもよるのでお目安としてご参照ください。ただ言えるのは晴れた日の太陽光線が断然効率が良いです。というか止まってしまったら屋内照明はちょっと現実的じゃない。また白熱灯やハロゲンランプ等に文字盤を近づけて充電すると一見効率がよさそうですが、高温による故障の原因になりかねないので、これは避けるべきです。
電波時計の場合
電波受信機能がついている場合、充電が十分になると、受信可能になります。お急ぎの場合は強制受信モードで受信するか、お急ぎでなければ、窓際に置いておけば翌朝には時間があっているはずです。

ソーラー時計は、電池交換不要?…メンテナンスフリーではない。

 光量が少なく発電できない時でも時計を作動させるために充電用の2次電池を使っているので、この電池にに寿命がくれば、光をあてても作動しなくなります。その場合この電池を交換しなければなりません。メーカーさんが電池交換不要と言いきっているのは、その時には、ムーブメント自体のメンテナンスが必要になっているので、そのメンテは単に「電池交換」とは呼ばないということだそうです。^^; メンテナンスフリーではないということです。十分に太陽光をあてても作動しなくなったらメーカーのメンテナンスが必要です。

まとめ

突然止まらないように
○時計を使わない時は、時計を引き出しやケースにしまわない。
○2〜3週間に一度は、お天気の良い日に、窓際とか、屋外で太陽に向けて光を当てる。
○発熱する電球下、夏期の車のダッシュボードなど高温(約60℃以上)になりやすい光源は避ける。
あまり読まれることがない取説↓ご参照ください。

CITTEZEN 取説より
Pocket

アランシルベスタイン K.M.T1988の電池交換。

Pocket

アランシルベスタインK.M.T1988電池交換します。

アランシルベスタインは1987年にデビューした腕時計のクリエーターです。現在は時計を作っていませんが、2011年頃まで毎年、時計好きのツボを押さえたアイデアと独創的なデザインでユニークな時計を限定発売して多くの時計ファンを魅了しました。彼の作品は殆どが機械式ですが、初期の頃にクォーツムーブメントのモデルを何アイテムか発売しています。
 先日、電池交換でお預かりしたK.M.Tはそのひとつで、デビューの翌年1988年に500個作られたモデルです。
 後にブランドのアイデンティティとして確立される黄色いウネウネ秒針、3色の針、三角のリューズ…などが、既にこのモデルにも見られます。

アランシルベスタインK.M.T1988
見やすいGMT機能

久しぶりにダイヤルを良く見てみると、分刻みの丸いドッド、5分おきの小さい赤いドッドが可愛いですね。洒落ているだけではなく、24時間計をナイトアンドディダイヤル(ブラックとホワイト)、通常の時間をその外周にして、GMT機能時計として実用性が高く、見やすいデザインになっています。

K.M.Tのケースバックは機械の見えないグラスバック。

裏側を見てみると、ケースバックは、グラスバックですが、ムーブメントとの間にもう一枚裏蓋があリます。2重の裏蓋になっているのです。中間の裏蓋がなければシースルーバックでムーブメントが見えますが、クォーツなので皮肉をこめて見えても意味ないよというユーモア?というのは考えすぎでしょうか(笑)金属の裏蓋は、ピカピカにポリッシュされていて、しかもガラスで保護されているので傷がつくことはなく、ちょっとした手鏡に使うことも出来ます。

K.M.Tのムーブメント

2つの裏蓋を開けてようやくムーブメント (ETA555-412)に到達。

裏蓋にFrench Case

裏蓋の裏には小さくFrench Caseとありました。そういえば2000年頃?からコストダウンのためにケースをmade in chinaにしたメーカーも多くなったようですが、彼は最後まで、それを拒否していたようです。
アランシルベスタインは現在、自分のブランドとしての活動はしていないようですが、彼の過去の仕事を愛したファンの方々の中には、ブランドの復活を望んでいる方も少なくないようです。ただ、妥協した安易なコラボレーション的な復活ならきっと受け入れないでしょうね。

K.M.Tの電池交換

液漏れに強く、低温性能に優れたゴールドコーティング電池を入れて動き出したK.M.T。次の交換まで頑張ってください。よろしくね。

Pocket

キャリバーH-10になったベーシックアイテムH70455133 38MM

Pocket

H-10搭載のH70455133 ハミルトンカーキフィールドオート
ハミルトン カーキフィールドオート 38mm H70455133(h-10) 定価 ¥71,000+税

ハミルトンの自動巻き3針モデルには、ディト表示付きモデルがH-10、ディディト表示付きモデルがH-30と標準パワーリザーブ80時間のキャリバーが搭載されていますが、それ以前に発売されている現行モデルも、このロングパワーリザーブの新キャリバーに移行されています。今回入荷したカーキフィールドH70455133もH-10に変わっています。H70455133は、もともとサファイアクリスタル、10気圧防水、ブレス仕様と実用的なスペックを兼ねそなえコストパフォーマンスの高いモデルとして定評のあるカーキフィールドのベーシックなモデルですが、さらに80時間のパワーリザーブというスペックを加え、しかも価格はそのままということで実用性とコストパフォーマンスが更にアップした感じです。

H-10が搭載されても品番は変わっていないので、H70455133には、入荷時期によって2種類のキャリバーが存在することになることになります。これを区別するには、100%ゼンマイを巻いて、3日目に作動しているか、2日目で止まっているかでわかりますが(笑)
シースルーバックのローターデザイン が異なっているので、ケースバックを確認するとわかります。

H-10搭載のローター

これって実用に特化した凄い進化だったんじゃないか?

H-10は、同じケースに搭載できているのでETA2824とサイズは同じ、H-10はETA2824がベースなのかと推測で来ます。(どちらも25石です)ETA2824は28,800振動いわゆる8ビート、H−10は21,600振動で6ビートです。振動数を落とすことでパワ−リザーブを稼いでいると予想されますが、それだけで倍近くのパワーリザーブが得られるとも思えません。他に例えばパーツの素材とかいくつかの技術が盛り込まれた結果のようです。すごいのは、価格が変わっていないということですね。
 ちなみにH-10キャリバーは、市場に出てもう何年か経っていますが、6ビートになって精度が悪くなったという話は聞かないですし、(6ビートと知らずに使用されている方も多いのではないか)発売当初から、新キャリバーということで、入荷したモデルを、全巻にしてパワーリザーブと精度も見ていましたが、どれも安定した精度を出していました。振動数を落として、精度が安定するのはそれに越したことはないというか、個人的には条件が同じであれば、オーバーホールのタイミングも長くなるのではないかという期待までしてしまいます。
 H-10などに見られるハミルトンのロングパワーリザーブキャリバーは、すべての機械式モデルに搭載され、価格も上げていない(今のところ)ロングパワーリザーブを実現しロービートで安定した精度を出すという、これって結構な機械式時計の進化ではないかと思た次第です。

パワーリザーブが長くなると何がいいのか?

たとえば、週末金曜に時計を外して月曜の朝装着するといった使用方法の場合、通常の42時間前後のパワーリザーブなら月曜の朝には時計は止まっているので、リューズで何回かゼンマイを巻き上げ時間を合わせてリスタートして装着するわけですが、80時間のパワーリザーがあれば、月曜の朝にそのまま余裕で装着できるわけです。もちろん金曜夜、時計を外した時点で、十分にゼンマイが巻き上げられていればです。
また自動巻きの場合ゼンマイから供給されるトルクが一定であればより精度が安定しますが、通常止まりがけの状態(パワーリザーブインジゲーターがついているモデルにはよくレッドゾーンが設けられていますが)はトルクが不安定で精度が安定しません。ゼンマイが50%〜100%の状態での使用が理想です。パワーリザーブが長いと安定する範囲が長くなり、レッドゾーンで使用の確率が減ります。
 一言でいうと、無意識で安定ゾーンでの使用時間が増えることになり、「この時計、自動巻きのくせに外しておいても止まんないし、なんか時間も良く合うよなぁ…なんでやろ」ってことになるなる...はずです。

こんな実験をしてみました。

H−10搭載のカーキフィールドオートH70455133で、止まった状態から10回リューズで巻き上げた時、さらに10回巻き上げ、さらに10回、さらに10回と4つの状態で歩度を測定してみました。
歩度測定器は、セット(今回はフェイスアップにみ)した時計の10秒間のコクオンを検知して日差に換算して表示します。腕に装着すると姿勢差も加わり実装の時との条件は異なりますが、ひとつの目安になるかと思いやってみました。40回はほぼ100%のはずです。セットしたから約1分経過後から、10回づつデーターを取りました。下の表が結果です。

WT-2000で測定風景
測定メモ
10回→20回→30回→40回
+11.133+6.271+3.476-1.148
+17.734+4.3675-0.992-0.361
+7.161+8.195+2.336-0.918
+6.292+7.580+4.788+0.143
+6.181+4.790+4.018-0.465
+8.602+5.728+3.766-0.488
+8.697+6.621+3.785+0.633
+4.540+5.880+1.539-0.290
+4.097+4.680+2.836-0.473
+9.358+5.469+1.688+0.701

巻き上げが少ない(10回)は、やや不安定ですが、この状態で使われるケースは少ないかと思われます。これは機械式に共通して言えますが、この状態で使わにようにしなければ、より良い精度が期待されます。30回以上、特に40回はかなりいい結果で、少々驚きました。腕につけた場合は、条件が異なります、このデーターが全てではありませんし、個体差もありますので、ご参考までに、ご了承のほど。

Pocket

アランシルベスタインようカーフトリコローリー出来上がりました。

Pocket


アランシルベスタインようカーフトリコローリー
オリジナルが廃盤になってから、オリジナルをお手本に別作しているアランシルベスタインようカーフトリコローリーです。定期的にオーダーして製作しています。幅19mmレギュラーサイズが出来上がりました。19mmはクロノC,クロノB(バウハウス)、ル・レベイユ、ベーシック、ロンド,ピクト、クラブなど…..ラグ幅19MMのモデルにぴったり装着可能です。

マリーンGの17MM幅、ボリドー、ボリドークロノ、マリン20などの22MM幅も、ご注文承ります。また手首サイズに合わせて、ショートサイズ、ロングサイズも、1本から承ります。
お気軽にご相談くださいませ。
お問い合わせ

アランシルベスタインようカーフトリコローリー
クロノバウハスのカタログ写真をバックに。

ベーシックに装着

ベーシックに装着した画像です。
 
ご注文はこちらから

Typeアランーカーフトリコローリー

Pocket


ノモス メーカー分解掃除料金改定(値上げ)のお知らせです。

Pocket


ノモスの分解掃除料金が2018年5月21日より値上げになります。

新価格は、2018年5月21日アフターサービス受付より適応になりますので、弊店にご依頼の際、旧価格でのご案内は2018年5月17日までの弊店到着分とさせていただきます。ご了承ください。

表示の価格は、正規保証書添付の会員価格(税抜)です。

手巻モデル

3針         ¥23,100→(新)¥25,200-
ディト付き     ¥231,00→(新)¥26,600-
パワーリザーブ ¥30,1000→(新)¥33,600-
自動巻
3針      ¥28,000→(新)¥31,500-
ディト付き   ¥28,000→(新)¥33,600-
GMT及び
ワールドタイマー ¥38,500→(新)¥42,000-

※必要な換部品がある場合は、分解掃除料金に部品代が加算されます。

そろそろ、分解掃除をお考えの方は、お早めにどうぞ。

修理に関するお質問、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

Pocket


液漏れ注意報。〜定期的な交換がおすすめ。

Pocket


ボタン電池の液漏れ

店頭で、腕時計(クォーツ)の電池交換の際に、裏蓋を開けて、電池を取り出すと、電池から液漏れしている場合があります。写真がまさにその状態で、さらにこの状態が続くと、白い粉状の物体が、カビのように増殖します。
 上の写真も少し白いものがありますが、この液体・白い粉状の物体が、機械内部に入っていくと、時計は新たしい電池を入れても作動しなくなります。そうなってしまうとメーカー修理、古い時計の場合、メーカーでも修理不能になりかねません。

クォーツムーブメント

 上の写真は、電池を取り出した直後のものです。中央付近の黒い丸い部分が電池がセットされる場所ですが、白い粉状が見えます。また写真では見にくいですが。水滴のようなものが汗をかいたように付着していました。

 幸い、まだ機械内部には、回っていなかったようで、液体と粉を丁寧に取り除き、新しい電池を入れて作動が確認できました(ホッ)。液漏れは、初期段階だったようです。この段階であれば、電池交換の料金です。

経験上、液漏れの症状が出ている時計の共通点は、電池が切れてから何年も、放置してあったものがほとんどです。

また、また、経験上で恐縮ですが、なんとなく電池の品質も関係があるようです。ただ、多くの場合、使用期限を大きくオーバーしての結果なので、メーカーを特定して責めることはできませんが、逆に、確率の低さでいうと、圧倒的に国産メーカーのものが私の中では信頼性が高いです。
もちろんスイス製の時計にも国産の電池は、使用できます。

マクセル金コーティング

というわけで、店頭では、日本製のマクセル 金コーティング電池を使用しています。金コーティングで接触抵抗を低減 し、水銀・鉛ゼロ使用を実現 、耐漏液性能向上した電池です。

Pocket


ハミルトン ベンチュラ フレックス(蛇腹)の調整方法。

Pocket


ベンチュラブレス調整方法

ベンチュラのフレックス(蛇腹)ブレスは、ご購入の歳お好みのサイズに調整させていただきますが、(通販の場合は、手首サイズ実寸をお知らせください)構造、要領を獲ればご自分でも比較的簡単に出来す。メーカ付属の取説に記載もないので、解説の動画を作成しましたので、ご興味のある方は、ご参照いただければ幸いです。

ハミルトン ベンチュラ フレックスブレス H24411232

Pocket