C 店頭編」カテゴリーアーカイブ

販売後も心に残る時計たち〜ルイエラール・アランシルベスタイン

Pocket

ルイ・エラールのプロジェクト第一弾。

 2019年の10月頃、取り扱っていたブランドのルイエラールの担当営業者から、ルイエラールが新たなプロジェクトが始まります……という連絡がありました。それは、今までに実績のある時計クリエーター、デザイナーたちとのコラボレーション企画で、そしてその第一弾が、アランシルベスタインだというのです。過去にもそういう話がなかったわけではないので、実際のところ、今回もぬか喜びになるのではないかと思ったりもしましたが、どうやら今回は本当らしい。そんな時、久ぶりに以前アランシルベスタインをご購入いただいたお客様からお電話を頂きました。「あれって、どうなんですかねぇ?動画見たら結構いい感じに思えて、なんかコレクションしたくなりました….。」とおっしゃられました。その時点で、恥ずかしながら自分は、その動画の存在を知らなかったので
「動画ですか?」
「ルイエラールのサイトにブラックダイヤルのモデルの動画でてますよ」
確かに、その動画は、ルイエラールのサイトにありました。その動画にはアラン本人も出ていて、時計もダイヤルのロゴこそルイエラールではありますが、時計の顔はアランシルベスタインそのものでした。

交錯する情報…コロナの始まり

もともと生産数が、少なかったこともあり、ご予約販売という形になりましたが、白い文字盤は、なんとか2019年内に予約分が入荷、遅れていた黒文字盤も年を開けにはと聞いていましたがコロナウイルスの影響もあり輸入元からの情報も曖昧、途絶えてしまう状態、お客様との約束が果たせるか不安になっていました。ほぼ無理かもと諦めかけていましたが、この8月に無事黒文字盤も入荷しお待ちいただいたお客様に納品できました。

日本でアラン・シルベスタインといえば….モントレソルマーレ(旧 太洋商会)

アランシルベスタインが自分のブランドとして時計を世に出したのは1987年、たった3本のモデルからです。当時、日本でも全く無名だったアランシルベスタインを日本に紹介したのは、モントレソルマーレ(旧 太洋商会)の山崎社長でした。それからアランシルベスタインからの供給が止まるまで、最後までこの会社がアランシルベスタインの代理店を担当されました。アランシルベスタインというブランドは、販売している自分が、時計を作ったアランシルベスタイン、それを輸入した代理店、そしてご購入いただいたお客様との間に絆のようなものを感じる時計でした。そんな時計は他にはなかったし今後もないと思います。これはきっとアランシルベスタインと山崎社長とのパートナーシップから生まれていたのだと思います。歴代の担当セールスの方々もユニークな人が多く、今も懐かしく思っています。自分が時計屋としてのささやかな歴史を振り返った時このアランシルベスタインというブランドを取り扱えた経験は自分にとって宝物です。また代理店のモントレソルマーレ(当時の社名:大洋商会)さんには感謝しています。

 今回のモデル、ルイエラール レギュレター アランシルベスタインは、アランがデザインしたとはいえ、ルイエラールの時計なので、アランシルベスタインの思い出が多いモントレソルマーレさんからの供給でないのはちょっぴり残念な気もします。
このプロジェクトに関するご質問お問い合わせはこちら

動画作りました。

今回のご紹介しているルイエラール レギュレター アランシルベスタインの動画です。お楽しみいただければ幸いです。

Pocket

当たると嬉しい、PayPayジャンボ キャンペーンのお知らせ。

Pocket

期間:2020.8.3(月)▶8.31(月)

paypayジャンボ

店頭でPayPayで決済されると、付与上限10万円相当/期間まで当選可能な抽選になります。

1等1000% ▶決済金額の10倍 ( 7,200本)
2等 100% ▶決済金額の全額( 26,100本)
3等  5% ▶決済金額の5% (2,869,300本)
というキャンペーンです。

こういうのは、お支払い時に、お客様といっしょにドキドキしますね。
PayPayジャンボに当選するとこんな画面表示になります。(イメージです)

で、このステッカーを店頭POPに貼る段取りです。当たって欲しい!

Pocket

越前市・コロナに負けない地域応援商品券。

Pocket

越前市民対象

越前市 コロナに負けない地域応援商品券

20%のプレミアムが付いた「越前市コロナに負けない地域応援商品券」、ウォッチのオーバーホール代金など、今週ぐらいからポツリ、ポツリとお使いいただています。
私も購入しましたが、期間が11月1日までですから、使い忘れないようにしたいです。

Pocket

クォーツモデル 電池交換 ハミルトンジャズマスター

Pocket

 ハミルトン ジャズマスター メンズモデルの電池交換です。裏蓋は5つのネジで留まっています。裏蓋がネジで留まっている時計は、汗などで濡れたままお使いになっているとこのネジ及びネジ穴が錆びついて修理が必要になる場合があります。今回は大丈夫でした。

裏蓋を開けるとこんな感じ。

ムーブメントはこんなに小さい。初めて見た時は、ちょっとびっくりしましたが、レディースにも使われるサイズですね。電池は、ムーブメント上の丸い黒い部分に入ります。電池はRENATA379、国産の品番SR521になります。

このモデルは、電池交換の際、ムーブメントを固定している樹脂のパーツは外さなくても大丈夫ですが、簡単に外れるので…外すとこんな感じです。文字盤の裏側。リューズからムーブメントまでの距離があるのでマキシンが長いです。
このムーブメントを使う場合、文字盤中央の長短針からスモールセコンドまでの距離は決まっているので、ケースサイズ(文字盤)が大きくなっても、スモセコの位置は変わらないわけです。下が搭載キャリバーETA980.163。

Pocket

 金の価格….

Pocket

6月から高値を記録していた金の価格ですが、本日、¥6,870/gというみたことない数字に….
金1グラムの値段です。ちなみ余談ですが、ネックレスとかリングとかの製品の多くは、K18(18金)が使われ、
K18は75%が金なので✕0.75が18金製の製品の原材料費になります。

比較のために今が、たまたま7月なので過去の7月の平均価格を調べてみました。
2000年からの推移をみると今の価格がとんでもないことがわかります。
でもあんまり、何故かニュースで取り上げられてないんですよね。

(過去20年間の推移 参考まで)
2019年7月の平均 4,950
2018年7月の平均 4,484
2017年7月の平均 4,515
2016年7月の平均 4,509
2015年7月の平均 4,539
2014年7月の平均 4,332
2013年7月の平均 4,167
2012年7月の平均 4,089
2011年7月の平均 4,037
2010年7月の平均 3,414
2009年7月の平均 2,873
2008年7月の平均 3,250
2007年7月の平均 2,627
2006年7月の平均 2,374
2005年7月の平均 1,569
2004年7月の平均 1,448
2003年7月の平均 1,387
2002年7月の平均 1,242
2001年7月の平均 1,117
2000年7月の平均 1,026

これがピークなのか、まだ上昇するのかそれは誰にもわかりません^^;

Pocket

今風インテリアにもマッチするロングセラークロック、SEIKO KS474M

Pocket

先日、インテリア関係のサイトを見ていたら、インテリアにも、ゆったりとしたトレンドがグラディエーション的に流れていて、今は、ボタニカルアウトドアディテールリッチ感ペールトーンカラーなんかインテリアのトレンドキーワードなんだとか。
これらのキーワードを手がかりに、インテリアの雰囲気を確かめているうちに、こんな空間にはどんなクロックが合うのだろうと時計屋なりに考えたところ、このクロックが浮かびました。

SEIKO KS474M
SEIKO KS474M ¥20,000+税

1970年代からムーブメントは時代とともに変わっているものの、材質、デザインはそのままに作り続けられているセイコーの掛け時計KS474Mです。
インテリアクロックとかではなく、「防塵」クロックとしてカタログに登場する機能重視のアイテムです。お風呂とかで使用できるほどの防水性はありませんが、湿気にも強い構造なので、湯気の立つ厨房なんかにもおすすめです。現在では、ボディが金属製というのも珍しくまた未だに電波時計になっていないのもこの素材のせいかもしれません。

KS474Mを掛けたイメージ

木を使ったインテリアは、自分も大好きですが、一部に異なる素材を取り入れるのが今風だとか、カントリー調の木製インテリアで囲まれた空間のアクセントにも重宝しそうです。

9時位置のネジつまみを緩めるとケースが開口するという唯一無二な構造も魅力。

3時位置の蝶番?で裏蓋とケースはつながっているので、壁にかけた状態で電池交換、時間調整が可能です。

この蝶番はデザインの一部になっています。

裏蓋に幅広のゴムが付いていて、これが壁にぴったりと吸い付く感じで時計を固定してくれます。この安心感が好きです。

店頭では、このお気入り掛け時計は切らさないよういつも展示しています。

KS474M
221x232x92mm 800g
クォーツ(連続秒針)
¥20,000+税

Pocket

ユーザー様から送られてきた歌心溢れる1枚の写真。

Pocket

ハミルトン ベンチュラオートBYユーザー

先日、ハミルトンベンチュラオート H24515521をお買い上げいただいたお客様から写真が送られて来ました。こうやって、ユーザー様からお買い上げいただいた時計の写真を見せていただくのは時計屋として嬉しい限りです。言葉はいらないって感じですね。きっとお気に入りいただけたんだと思いつつ、きっと気分も良好なんだろうなぁと、見ているだけでこちらの気分が良くなります。
 
 ある写真家が良い写真には、たくさんの情報がつまっていると語っていました。
見た人皆が共感できる情報だったり、ある人にだけ伝わる情報だったり、自分だけが分かる情報かもしれない、たくさんの情報がつまっている1枚の写真って魅力があります。

 自分が、時計の写真を撮る時は、商品撮影になります。できるだけその時計の持つ魅力や状態を正確に伝えるべきだと試行錯誤しますが、ユーザー様から送られてくる写真からはいつも、お気入りを撮ったお気に入りの1枚感ていうのが ひしひしと伝わってきます。
 
 このベンチュラの写真にもその感が十分伝わってきましたし、おまけに自分には、まだ気づいていなかったベンチュラの魅力も教えてもらった気がしました。そんな訳で、この素敵な写真を是非、ブログにと掲載の許可をいただいた次第です。これから撮影する時計の写真や動画に、ヒントと影響を与えてくれた感じがしたお写真でした。


Pocket