カテゴリー別アーカイブ: The instrument.

商品のメンテナンスや商品説明、クォリティーチェックなど、また当ブログやホームページ作成のために使用しているカメラ等の紹介。

100円のマクロレンズを使ってみました。

Pocket

DSC08541
100円ショップで売られているマクロレンズが結構良いと聞いたので、早速買いに走って試してみました。

DSC08542
クリップ式になっていて簡単に、ザックリレンズに装着ます。写真にはありませんがレンズキャップも付いてました。

IMG_1434
被写体には結構近づきます。
IMG_1446
カメラは極力、ブレないように注意、タイマーも有効かも。
IMG_1453
IMG_1438

IMG_1458
左が、レンズなしですが、このくらいの倍率です。お買い物ついでに見つけたら買っておいても良いかもですよ。携帯してると、思わぬ傑作が生まれるかもです。展示会とか外出先なんか機会があれば使ってみようと思います。なんといっても手軽です。

Pocket

抜けなっくなったリング、最終手段。

Pocket

ring_cutter_03ring_cutter_02
毎日装着しているリングが、初めの頃は、頑張れは抜ける状態が、気がついたらどうやっても抜けなくなってしまった。その状態で、店頭に来られる方が、おられます。抜けなくなってしまった原因には、重いものを持ったり、自転車やバイクでの急ブレーき、車のスライドドアに挟まったなどのリングの変形があります。また体調の変化によるむくみ。抜き方にも多少コツがあり、経験上、それなりに心得ていますので、店頭でなんとか抜ける場合が多いです。ただこれは無理という場合もあります。その時は、リングカッターでリングを切断します。

ring_cutter_01
リングカッターは、こんな感じでセットして円形の歯を回して切ります。数秒です。ほとんどの方は、もっと早く来ればよかったとおっしゃいます。ring_cutter_04
リングカッターで切るとこんな切断面になりその後の修理、復帰に何かと有利です。
ring_cutter_05

先日持ち込まれたリング、ご家庭でペンチで切っちゃったようです。窮屈な状態でペンチでカットすると指を切ってしまう場合もありとても危険です。またリングの切り口が潰れてしまって、修理代がかさみます。絶対にやらないほうがいいです。緊急事態になる前に、ちょっとやばいかなという場合はお早めに、ご相談ください。

Pocket

店頭ハロゲン電球のLED化

Pocket

led_gu4.jpg
去年ぐらいから、少しづつ店頭のハロゲン電球をLED電球に交換しています。店頭のハロゲンの器具は口金がE11サイズが多く、このサイズのものは比較的種類も増え、明るさ、色、本体形状、価格も理想的なものを選ぶことが出来るようになりました。先日ローボルト・12Vの器具ようの電球を一部LEDに変えました。
  写真の器具は、口金サイズGU4という電球用です。コンパクトでケース内部にセットする器具です。さすがにこの規格にあうLED電球はないと思っていましたが、先日GU4サイズのLED電球を見つけました。さっそく購入して、先程交換しました。明るさも十分で、しかもブラックのボディがクールで気に入りました。ケース内部で熱が押さえられるのが良いです。消費電力、耐久性、紫外線が出ない為、被照射物の変退色の心配がない、一説によると虫も来ないとか…と良いとこづくしのLED電球です。

Pocket

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

Pocket

60mm.jpg
HPようの時計の撮影で最も使っていたNikkor18-55mmが11月末に壊れてしまった。使い慣れていたので修理も考えましたが、なんとなく以前から気になっていたnikonのマクロ60mmに買い換えました。で、入手して色々試してみると結構守備範囲が広く、重宝しそうな予感。オートフォーカスも今までのものより早くてスムーズでストレスがなく、寄ったときはそのままマニュアルにもなるM/Aが便利そうです。でこの Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDを使って店頭で、先ほど撮影しました。
 これからの、時計やジュエリーの撮影は、このレンズを使うつもりです。

 60mm_01.jpg

60mm_02.jpg
枯れてしまたが、最近芽が出てきた。嬉しいパキラ。真上から
60mm_03.jpg
ジュリーケースのディスプレー、FrancFrancで見つけた見にボトル。
60mm_04.jpg
エルプリメロのパーツを贅沢にアクリルにちりばめたディスプレー。
60mm_06.jpg
店頭にあるウエルカムボード..といってもカードは名刺サイズです。
60mm_09.jpg
ダイヤにレザードリルで穴を開けて、セッテイングされたピアス。揺れが止まってから。
60mm_08.jpg
取りあえず、早速使って見たかったもので、これからこのレンズを使って、商品の撮影をします。

Pocket

望遠マクロSP AF180mmF/3.5

Pocket

spaf180mmf3.5.jpg
少し前にカメラをデジタル一眼レフに変えて、慣れるまで時間がかかりましたが、今は何とか使ってます。セットで付属したレンズで通常の撮影は十分でしたが、クローズアップの画像とかで少し物足りなさを感じたので、せっかくの一眼レフだし、ここは交換レンズ!と思い、カメラ屋の店員のすすめもあり、タムロンの180mm望遠マクロを購入。しかし、ズームレンズに慣れた自分は、使いにく、時計のムーブメントやダイヤルのアップには、ボケが強すぎてそれと三脚を使わないポリシーの自分には手ぶれとの戦いで、失敗の連続。外でのポートレートや花のクローズアップには説明書通り、独特のボケ感で威力を発揮しますが、HPようの写真にはなかなか使えるものが撮れませんでした。それが最近、使っているうちに徐々に慣れてきて、今は一番のお気に入りレンズです。失敗は相変わらず多いですが、質感を表現するには有効かと感じています。オールマイティーなレンズも便利ですが、こういうときは、これじゃないというレンズのほうが集めたくなりますね。時計に似てるかもです。

2016年7月24日追記
このころは時計の撮影に三脚を使ってなかったんですね。自分のことですが、「今は一番のお気に入りレンズです。」とありますが、このレンズは現在では殆ど使っていません。最近、動画を良くとるので、こんど動画で使ってみようかと思います。採用となりますでしょうか。

Pocket

コンディションチェックの強い味方、WT-2000!

Pocket

wt2000.jpg
店頭に設置している歩度測定器、10秒間(任意に設定可)機械式時計の振動を測定して、搭載されている電波時計クォーツが瞬時に歩度を表示します。歩度の他にテンプの振り角、かたぶりも数値でわかるので、新入荷の時計や修理お預かりの際、出来上がりはこれでチェックしています。オーバーホールに出すタイミングの目安にも使ってます。機械式だけではなく年差のクォーツも測定できます。

Pocket

拡大検査〜ジェムスコープ

Pocket

もともとダイヤモンドのカットをお客様にお見せするために導入したもので、一眼レフカメラのレンズにCCDカメラをつけたもの。拡大した画像をモニターを見ながら説明ができるのが便利なところ。最近はムーブメントを拡大して見てもらったりしています。画像はエルプリメロのピラーホィールを写しているところ。ジェムスコープ_image
もともと小さい宝石を拡大して見るためのものなのでかなり拡大できます。ムーブメントを見ていると信じられない世界が堪能できます。店頭にありあますのでご来店の際は、お試しあれ。

Pocket