W 時計情報:ブランド別」カテゴリーアーカイブ

エクセレンス レギュレター オート ブルー byエリックジロー

Pocket

ルイ・エラール エクセレンス レギュレター オート by エリックジロー着装
ルイ・エラール エクセレンス レギュレター オート ブルーダイヤル LE86236AA (世界限定178本)

ルイ・エラールのレギュレターは、手巻きからスタートしてその後、デュボアデプラ社のレギュレターモジュールを搭載した自動巻きモデルが追加されました。その自動巻きレギュレターをスイス時計業界の第一人者とも言えるEric Giroud(エリックジロー)がダイヤルデザインを施した限定モデルです。

エリックジローのデザインしたレギュレターは、見る角度で表情を変える3本のバラの花のように、3本の針が表情を変えながら流れる時間を知らせてくれる時計

ルイ・エラール エクセレンス レギュレター オート by エリックジロLE86236AA25BDC

 レギュレター自動巻きの既存モデルはどちらかと言うと、これでもかという感じでコテコテ(笑)だったんですが、このbyエリックジローは、その正反対路線というか、ミニマリスト(輸入元の紹介資料によると)すっきり洗練された印象です。
絶妙のバランスの3つの針作りが作り出す表情が、時間を見るのを楽しくさせてくれるそんな時計です。これも無駄を省いたシンプルなデザインが、3つの針を際立たせる見せ方か故の結果、同じキャリバーでもデザインでこんなに印象が変わるんですね。

LE86236NN25BDC555 起動巻きレギュレター ブルーダイヤル 42mm 詳細はこちら

ブルーは、控えめというか派手ではなく落ち着いた感じかといって暗すぎないそんな青文字盤です。見る角度や光の反射で変わる表情は動画でどうぞ。

Pocket

NEW ルイエラール エクセレンス レギュレターパワーリザーブ ギョシェダイヤル。

Pocket

必要なものだけを美しく配置したシンプルなデザイン。

ルイ・エラールのブランドアイコンモデル、エクセレンス レギュレター パワーリザーブインジゲーターにギョシェダイヤルが追加されました。エクセレンスレギュレターには、機械式手巻きモデルと機械式自動巻きがあります。手巻きは40mmサイズ、自動巻きは42mmサイズとなっています。今回のLE54230AA41BDC02は手巻きなので40mmサイズです。

ルイエラール エクセレンス レギュレター LE54230AA41BDC02

ギョシェパターンがクラシカルエレガンス感を更に高めた仕上がりになりました。

 このギョシェダイヤルのLE54230AA41BDC02の定価 は30万円+税(2019年12月現在)で、以前からのプレーンダイヤルの定価 と比べてお安い価格設定になっていて、ひと手間加えてお安いとは、お買い得感がありますね。搭載キャリバー、スペック等に変わりはなく、国内での戦略価格設定のような感じです。

ルイエラール エクセレンス レギュレターPR LE54230AA41BDC02 正面

レギュレターは時計の基本形

 今更ですが12時位置が「時」、センター針が「分」、6時位置が「秒」この3つが直線状に配置された端正なフェイス、そして9時位置にパワーリザーブインジゲーター、この針はゼンマイの残量を表示してくれるので、ゼンマイを巻くタイミングを知らせてくれる便利な機能ですが、ゼンマイを巻き上げる時にも、そろそろいっぱいかなぁとか針がゆっくり下に動くのを見ながら巻き上げるのもいいものです。ETA(プゾー)7001をベースにレギュレター機能、パワーリザーブインジゲーターモジュールを追加したキャリバー。

ルイ・エラール エクセレンス レギュレター パワーリザーブ
LE54230AA41BDC02

Pocket

カーフトリコローリーカウチック(19)が出来上がりました。年内最終分。

Pocket

アランシルベスタインようカーフトリコストラップ

アランシルベスタインように、国内工房でハンドメイドで製作されるカーフトリコロールストラップ19mmです。

アランシルベスタインようカーフトリコロール

ステッチカラーもオリジナるをお手本に、ブルーのカーフにはブルー、レッドカーフにはレッド、イエローカーフにはホワイトの仕様です。

ピクトに装着した例
ピクトに装着した例です。

出来上がり待ちでお預かりしていたピクトにさっそく装着しました。ピッタリ、よく似合いますね。

19mmサイズは、クロノB、クロノC、ル・レベイユ、ベーシック、ロンド、ペイブ、ピクト…..ラグ幅19mmモデル(カタログ等では20mmと表示されてましたが実測すると19mm)に装着できます。アランシルベスタインのコレクションには他に17mm、22mmもありますが、こちらのサイズは受注品になリます。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

裏面は、汗に強いカウチックラバー仕様です。オリジナルのバックルをお持ちの方は、そちらがお使いになれますので「バックルなし」をお求めください。バックルをお持ちでない方は、HPに、プレーンなピンバックルとフォルディングバックルのセットもご用意しています。
ご注文はHPの
TYPEアランシルベスタイン カーフトリコ ストラップコーナから。

Pocket

この秋発売予定のルイエラールの各178本の限定モデル。

Pocket

アランシルベスタイン ルイエラール限定モデル

 動向が気になっていたファンの方も多いのではないでしょうか、アランシルベスタインが、ルイエラールのエクセレンスレギュレターをデザインしたモデルが登場します!手巻き、レギュレターというキャンパスは、アランシルベスタインがデザインを描くうえで、絶好の場だったかもしれません。センターの大きな分針は、アランシルベスタインの往年の人気モデル、ピクトを彷彿します。スモールセコンド(秒針)は、おなじみのウネウネ針、9時位置のパワーザーブインジゲーターの小さい針も可愛いですね。

ケース径40mm/ ムーブメント機械式手巻きETA7001ベース/風防サファイアクリスタル(両面無反射コーティング)/5気圧防水/ステンレススチール(NS62はブラックPVD)パワーリザーブインジゲーター付きレギュレター
ルイエラール エクセレンス by アランシルベスタイン
(左)LE54230AS61BVA08  ¥385,000+税
(右)LE54230NS62BVA09 ¥395,000+税 
 各178本の世界限定  SOLD OUT

スイス生まれの時計デザイナーEric Giroud(エリックジロー)が’デザインしたエクセレンスレギュレター自動巻きモデルが3種類、各178本づつ発売されます。エリックジローは、バシュロンコンスタンタン、MB&F,ハリーウインストン……で、多くの人気モデルを手掛けています。時計メーカーは、時計を世に出す時にそのデザインをデザイナーに委ねます。なので、違ったブランドの時計でも、デザイナーが同じだったりすることもありますね。彼のHPに自身が手掛けデザインの一部が紹介されています。興味深いです。→こちら

ケース径42mm/ ムーブメント機械式自動巻きSW200+デュボワデプラス社製モジュール/風防サファイアクリスタル(両面無反射コーティング)/5気圧防水/ステンレススチール(NN22はブラックPVD)ディト、パワーリザーブインジゲーター付きレギュレター
左)LE86236AA21BVD21 ¥365,000+税
中)LE86236AA25BDC55 ¥365,000+税
右)LE86236AA22BDCN51 ¥385,000+税
各178本の世界限定 2019年11月末発売予定

ルイエラール エクセレンス by Eric Giroud エリックジロー

Pocket

手巻きムーブメントが搭載されたハミルトン ボルトン メカ。Hamilton Boulton Mechanical H13519711

Pocket

ハミルトン ボルトンメカ H13519711

 ボルトンの歴史は1940年に遡るようです。もともとハミルトンのはアメリカ発祥のメーカー(現在はスイス製)なので、アメリカンクラッシックというカテゴリーがあり、そのルーツ的なモデルが、ラインナップされています。ボルトンもその1つ。他には、アードモアとか、今は、独立したカテゴリーのベンチュラなんかもそうだったですし、パイピングロック(現在は廃盤)なんかもありましたね。その歴史の中で、歴代モデルたちは、復活、時には限定モデルだっり、コレクターを楽しませてくれました。

  今回のボルトンは、最近のハミルトンではおなじみの、パワーリザーブ80時間の手巻き式キャリバー H-50が搭載されています。モデル名はボルトン・メカ、またケースサイズが34,5mm x 38mmと既存のボルトンのメンズよりも大きくなっています。ちなみに現在の3つのボルトンです。

3サイズのハミルトン ボルトン。
ハミルトン アメリカンシリーズのBOULTON ボルトン
H13519711着装例

 ボルトンメカ H13519711は、クォーツモデルのスモールセコンドに対して、センターセコンドになっています。搭載ムーブH-50の関係でこうなっているんでしょうが、結果的にセンターセコンドのほうが、このサイズには、バランスが良かったと思います。また針色がブルー(写真では分かりづらいですが、)で白文字盤とのコントラストが上品な仕上がりを見せています。機械式ならではの秒針の動きもこちらのビックセコンドのほうが楽しめますね。
ハミルトン ボルトンメカ H13519711

秒針の動きは、動画で…

Pocket

ダイヤルの質感を高めたカーキパイロットパイオニアクロノクォーツ。

Pocket

ハミルトンカーキアビエーション パイロットパイオニアクロノクォーツ

 クォーツクロノキャリバーG10.211を搭載する1970年代のパイロットウオッチモチーフのカーキパイロットパイオニアのニューバージョンです。
左)H76522931 NATO グレーテキスタイルストララップ仕様
中)H76522131 ステンレススチールブレス仕様
右)H76522531 NATOブラウンカーフストラップ仕様
の3つのバリエーションがあります。ベルト幅は22mm。ブレスからストラップ、ストラップからブレスと交換可能です。

ハミルトンカーキパイロットパイオニアクロノクォーツ

 クラシカルな斜体のロゴ、インデックスと針にビンテージ感のあるオレンジ色の夜光塗料、アビエーションスタイルのアラビックナンバー、ブラックダイヤルは梨地仕上げで質感を高めています。

ハミルトンカーキパイロットパイオニアクロノクォーツ着装

ケースサイズは41mm,、リュースガードをなだらかに処理したアシンメトリックな独特のケース形状は。前モデルと同じです。6時位置が、永久秒針(時計の秒針)、9・10時位置のスモールセコンドがクロノ30分計です。

 クォーツクロノのムーブメントは、キャリバーにやり方はいろいろですが、クロノ針の0位置を任意で調整することが出来ます。よく電池交換で時計をお預かりすると0位置がぞれていることがあります。リューズを引いた状態で誤ってクロノのいづれかのボタンを押したか、何かの誤動作の可能性がありますが、ほとんどの場合簡単に調整可能です。この機能を利用して、カウントダウンに使ったりもできます。(ちょっと遊べますね。)この点が機械式クロノとだいぶ違うところですね。ちなみにこのハミルトン パイロット パイオニア クロノクォーツに搭載されているCal;G10.211は、リューズを一段引いた状態でリセットボタンを押すことで、クロノ秒針の0位置が調整で来ます。動画の後半でやり方を紹介しています。ご興味のある方は、御覧ください。

Pocket

マニアックにディテールに拘ったハミルトンカーキパイロットパイオニア メカ。

Pocket

左:NATOグレーナイロンストラップ仕様 H76419931 右:NATOブラウンレザーストラップ仕様 H76419531

今年の新作の中で特に気になっていたモデルが入荷しました。機械式手巻きキャリバーH-50パワーリザーブ80時間を搭載する、英国空軍の復刻モデル カーキパイロットパイオニア メカです。
NATOストラップ仕様で、グレーのナイロン(H76419931)、ブラウンカーフレザー(H76419531)の2パターン、ヘッド、時計部は同じです。ナイロンかレザーお好みが分かれるところかもしれませんが、ストラップはパーツとして発売されるので、後々どちらでも楽しむことが可能です。

カーキパイロットパイオニアメカH76419931

ケースサイズ36×33 mmちょっと小振りな感じが、ここに復刻の拘りを感じさせます。同じ手巻きキャリバー搭載のカーキフィールドメカのNATOストラップは幅20mmに対してこちらは18mmとなっています。H76419931はグレーダイヤルにグレーナイロンストラップ、フライトジャケットなんかバッチリな感じですが、普通にカジュアルに合わせてもお洒落なアイテムですね。

ハミルトン カーキパイロットパイオニアメカH76419531

ダイヤルは、細かな凸凹がある感じ(何仕上げっていうんでしょうか?)重厚というかヴィンテージ感があります。経年劣化感を演出したオレンジの夜光塗料もいい感じです。H76419531はブラウンNATOレザーストラップ仕様、こちらのコントラストも良いですね。

 機械式手巻きでこのサイズ感、全然チャラくない渋い復刻モデルです。
カーキパイロットパイオニアメカニカル詳細はこちら

Pocket