ハミルトン」カテゴリーアーカイブ

シンプルな中に個性を見せるジャズマスターオートクロノグレーダイヤル、H32586181。

Pocket

Hamilton Jazzmaster Auto Chrono H32586181着装H−21(標準パワーリザーブ60時間)を搭載する縦目のクロノグラフの定番ライン、ジャズマスターオートクロノのニューダイヤル H32586181です。
ハミルトン ジャズマスター オートクロノ グレー H32586181 ブレス
ニューバージョンは、よりシンプルになって洗練された感があります。やんちゃくささが抜けて大人っぽくなった感じです。
ブレスレットも美しいヘアライン仕上げ(ピカピカしない)が施されていてビジネスシーンにも重宝しそうですね。
ハミルトンジャズマスターオートクロノH32586181 ブレスレット
ハミルトン ジャズマスターオートクロノH32586181 ダイヤルのアップ インダイヤルが同色になったことでおとなしめな印象ですが、そこには凹凸をつけて、のっぺり感はありません。全体のサンレイ仕上げとのコントラストで光線によって時にはシック、時にはエレガントな様々な表情を見せてくれるグレーダイヤルです。
ハミルトン ジャズマスターオートクロノH32586181 ブラウンバックレザーストラップモデルはデフォルトでグレーのストラップを合わせていますが、もちろん同色はありですが、あえてグレーダイヤルにブラウン系を合わせるのもオシャレですね。

ハミルトン ジャズマスターオートクロノ
グレー/ブレス H32586181
詳細はこちら

Pocket

洗練されたベンチュラオート…オープンハート、H24515581。

Pocket

ハミルトン ベンチュラオープンハート

 ベンチュラの自動巻きムーブメント搭載モデルのNEWアイテム、ベンチュラオープンハートです。ベンチュラの自動巻きモデルは、既にブラウンとシルバーのバリエーションを持つダイヤルに大きめの開口部を持つベンチュラオート、今年発売された三角のダイヤルに丸い文字盤を持つベンチュラオート(これもエレガントで格好いいですね)がありますが、ブラックダイヤルは意外と初なのです。搭載キャリバーはパワーリザーブ80時間のH-10。

ベンチュラ オート H24515732 着装

しかも、オープンハート。12時位置の三角の開口部の形と大きさが絶妙で時間を読むのに邪魔しない位置にあり、機械式の心臓部もちゃんと見せてくれます。一説によるとこの開口部は、ギターピックがモチーフなんだとか…憎いですね。ベンチュラってプレスリーのイメージもあるからか、その時計の持つストーリーになんとなく歌心感じさせてくれる時計です。一連のベンチュラの動画を作るときは、いつも以上に時計のイメージとBGMの雰囲気を気にしています..というか楽しませてもらってます。今回もギターピックが開口部のモチーフになっているということやこの時計の持つストーリーを想像したりして動画を作りました。よかったら見てください。

ハミルトン ベンチュラオープンハートH24515732

ハミルトン ベンチュラオープンハート H24515732 自動巻き H-10(パワーリーザーブ80時間) サファイアクリスタル 5気圧防水 詳細はこちら

Pocket

絶妙のカラーコントラスト。アースカラーPVDのカーキフィールドメカ。

Pocket

ハミルトン カーキフィールド メカ h69449861

 手巻きキャリバーで80時間のパワーリザーブを持つH-50を搭載するカーキフィールドメカニカルには新しいNATOタイプのカウレザー仕様が追加されましたが、ケースにアースカラーのPVDを施したモデルもあります。H69449861は、ダークグリーンのダイヤルとアースカラーのPVDケースそしてグリーンカウレザーストラップ、この3つのカラーが絶妙にカラーコーディネートされてなんとも言えない雰囲気を出しています。

 

ハミルトン カーキフィールド メカ h69449861 装着2ケースサイズは径38mmケースです。ケース厚は9.5mmです。この数値はドーム型の風防の中央を測定しているので、実際には、装着すると数値より薄く感じますね。軽くて装着感良好です。手巻きキャリバーのメリットです。

ハミルトン カーキフィールド メカ h69449861 レザージャケットと

NATOタイプのグリーンカウレザーストラップもナチュラルな仕上がりで雰囲気たっぷり、オシャレです。落ち着いたアースカラーコーデに溶け込むカーキフィールドメカです。

ハミルトン カーキフィールド メカニカル H69449861詳細はこちら

Pocket

ありそうでなかった白文字盤カーキフィールドメカH69439511

Pocket

Hamilton khaki field mecha h69439511

 パワーリザーブ80時間の機械式手巻きムーブメント H-50を搭載するカーキフィールドメカの白文字盤です。カーキフィールドシリーズには今までも黒文字盤以外はいくつかカラーバリエーションがありましたが、今回 のようなピュアホワイトは、初めてのような気がします。ただ、歴史が長〜いシリーズ故、以前にもあったかもしれません。また過去に、いくつかのブランドとのコラボモデルも存在するので、そちらも含めると……です。H69439511は、今年から追加されたNATOタイプのブラウンレザーストラップ仕様で特に新鮮です。
カーキフィールド ブラウンレザーストラップ

カーキフィールド レザーストラップバックル
このレザーストラップの、ナチュラル な風合いがカーキフィールドの雰囲気にぴったりで、アウトドア感も残しつつ、綺麗めカジュアルファッションにもしっくりといった感じです。ハミルトン社もこのレザーには、こだわりがあるようで下記の内容が記されたタグがついています。

【日本語訳】 この商品のレザーストラップは、鞣し加工を加えた天然の皮革を使用しており、表面加工の方法が他のレザーストラップとは異なります。そのため、一本一本が独自の色味・風合いを持ち、個体差が生じます。 また、小さな傷や色むら等がある場合がございますが、素材の特性ですので、あらかじめご了承ください。 個体差があるため、レザーストラップの画像と実物の色味が若干異なって見える場合があります。
ハミルトンカーキフィールドメカH69439511着装

 カーキフィールドメカは、ケース径38mm,ケース厚9.50mm。手巻きムーブメントのメリットである薄型を活かしたスタイル。視認性もより高いです。

カーキフィールドメカH69439511ダイヤルアップ

この白文字盤の更にお気入りポイントは、インデックスと針の夜光塗料の色です。カーキシリーズはもともと比較的青みを抑えた色が使われていますが、白文字盤になると特にこの夜光塗料とのコントラストが美しく魅力的に感じます。

 Hamilton Khaki Field Mechanical H69439511
ハミルトン カーキフィールドメカニカル H69439511 について

Pocket

パンダダイヤル!NEW ベンチュラ クロノ クォーツ H24432751

Pocket

ハミルトン ベンチュラ クロノ H24432751

ハミルトン ベンチュラ クロノのニューモデル H24432751が入荷しました。ホワイトダイヤルにブラックのインダイヤル、ブラック スムースレザーのカーフストラップがスタイリッシュな印象です。

ベンチュラ クロノ H24432751 着装

エレガントにスポーティさも持ち合わせたクロノグラフ。スーツにも似合いそうです。  ムーブメントはクォーツで、リューズ1段引きで、時針(短針)が独立して動き、海外時間に時間調整する時、カレンダーを早送り調整する時に使用します。

ハミルトン ベンチュラクロノ ブラックカーフ H24432751

ハミルトン ベンチュラクロノとストラト 2 ベンチュラってロックのイメージがありますね。パンダダイヤルの白黒のコントラストストラトが、ストラトのピックガードとボリュームノブのコントラストを彷彿させたので、こんな写真を撮ってみました。(ボリュームノブは写ってませんが^^;)ハミルトン ベンチュラクロノとストラト 2

Pocket

レザーストラップで守備範囲を広げたハミルトンカーキフィールド メカニカル38MM。

Pocket

ハミルトン カーキフィールドメカニカル H69439531

 ハミルトンの伝統的なシリーズカーキフィールドシリーズ、中でも機械式手巻きのキャリバーを持つカーキフィールドメカニカルは、そのオリジナルの流れを最も汲むモデルです。近年ディト無しのよりシンプルなモデルが追加され、その魅力がさらに高まり人気が上昇した感じですが、今年はさらにニューバージョンが5アイテム追加されます。
新キャリバーH-50、手巻きでパワーリザーブ80時間搭載も魅力ですね。
その中の、ブラックダイヤル、ブラウンカーフストラップ仕様のH69439531が入荷しました。

ハミルトン カーキフィールド メカニカル H69439531 横

 既存モデルのテキスタイル同様NATOタイプです。

ハミルトン カーキフィールドメカニカル H69439531

ストラップが変わると印象が変わります。もちろんストラップのみの発売もあるので、従来のテキスタイルストラップやキャンパスストラップでカーキフィールドをご愛用の方も、純正ストラップのみをお求めになれば、このティストを楽しむことが出来ます。ちなみにラグ幅は20MMに対応です。

カーキフィールドメカニカル カーフレザーストラップ

 

白シャツに似合う時計……ベーシックでキレイめ。

シンプルなカーキフィールドとナチュラルなブラウンの組み合わせが、白シャツ、デニムとかの、キレイめ感のあるカジュアルなコーデに似合いそうです。デニムと白シャツとカーキフィールド

ハミルトン カーキフィールド メカニカルH69439531詳細はこちら

Pocket

何故か懐かしいベンチュラオートのニューカマー

Pocket


ハミルトン ベンチュラオート H24515521

 ベンチュラは1957年に世界初の電池時計としてデビューした時計です。機械式時計が当たり前だった時代に、この革新的ななデザインと電池で動く腕時計が、世界の時計ファンに与えたインパクトは相当なものだったはずです。それからハミルトン社はアメリカからスイスに移り、ベンチュラのムーブメントも電池式でもより精度を高めたクォーツに変わったり、90年代頃からの機械式時計復活以降では自動巻きムーブメント搭載のベンチュラオートが追加されたりしてベンチュラというモデルの歴史が続いています。

ベンチュラオートH24515521 ダイヤルアップ

新たにベンチュラオートのラインアップに加わったH24515521です。お馴染みのベンチュラの三角ケースに丸いダイヤルを埋め込んだ斬新なデザイン、埋め込まれた丸いダイヤルは外周付近目盛りの辺りがカーブしているアンティークウォッチやクラッシックな雰囲気を再現したモデルにみられるいわゆるボンベイスタイルになっています。カーブしたサファイアクリスタルの風防ともマッチしています。初対面なのに何故か懐かしさを感じます。

 ダイヤルカラーが、黄色みを帯びたベージュが渋すぎず、暖かみがあり、いいバランスを保っています。シックで大人の雰囲気がただようベンチュラに仕上がっています。

ハミルトンベンチュラオートH24515581 ケースバック

ブラウンカーフのストラップには、ホールディングバックルが付いています。ケースバックは、デザインされたシースルーバック仕様、搭載ムーブメントはパワーリザーブ80時間のH-10。


ハミルトン ベンチュラオート H24515521

実はシンメトリックにもなる!?ベンチュラのケースデザイン。
ハミルトン ベンチュラオート H24515521

”アイコニックなアンシンメトリックなケース”と紹介されるベンチュラですが、リューズを上(下でも良いんですが)にしてみると、シンメトリックなデザインになります。12時をリューズ位置と見れば上の画像で、10時7分になります。こんな使い方、している人はいない..かなぁ。

お問い合わせはこちら

Pocket