ハミルトン」カテゴリーアーカイブ

ベンチュラの電池交換とネジ穴の”みてくれ”のようなもの。

Pocket

ベンチュラのメンズサイズモデルの電池交換です。

3つのネジで裏蓋が留められています。裏蓋の形状が三角なので3つなんですね。この3つのネジを外せば、裏蓋が外れます。時計の裏蓋の固定方式には、何種類かありそれによって、使用する工具が異なります。今回のようなネジの場合は、もちろんドライバーですね。ネジが固着していなければ簡単です。

ベンチュラの裏蓋を留めるネジの大きさは、時計の部品サイズとしては、中〜大きめです。なので今回は1.6mmサイズのドライバーを使いました。
 ちなみに、ネジにはマイナスとプラスがありますが、時計に使用されるネジは、ほぼマイナスです。

ちょっと脱線します。ネジの頭マイナスとプラスを意識するようになったきっかけ。

その1

随分前になりますが、初めてGショックの裏蓋を開ける時、大きめのプラスネジだったので、合うドラバーが手元になかったことを覚えています。もちろん今もGショックの裏蓋ははプラスネジで留っていますが、これは時計業界に伝統のマイナスネジをあえて使わないことで、今までの時計の既成概念を打ち砕いてやろうという気持ちから当時の開発者があえてプラスネジを使ったんだと思います。ただ、これは自分のロマンチック寄りの憶測で、意外とこのサイズだと工業製品ではプラスが普通だったから…かもしれません。真相はわかりません。

その2

以前、アンティーク時計愛好家で、インテリアにも造詣が深い方が、お気に入りのアンティークのドアを部屋に取り付けるけど、マイナスネジが無く困ってます、どこか販売してるところ知りませんか?と聞かれたことがありました。最初は意味がわからなかったのですが、よくよくお聞きするとプラスネジはマイナスより歴史が浅いので、そのドアと蝶板の年代からしてそれを留めるネジは、マイナスでないと時代の統合性がとれないということのようだったようです。この時から、ネジの機能以外の何かみてくれの大事さのようなものを気にするようになりました。
 時計に使われているネジ、特にシースルーバックから見えるムーブメントに使用されているものは、サイズ的にとても小さいものになりそれが理由でマイナスなのかもしれませんが、もしそこにプラスネジが見えたら自分は違和感を感じます。時計のブレスの調整コマがネジで留っている場合、見えるネジの頭は、そこそこのサイズでもマイナスですね。

ちなみに、上の写真は、自分が気に入っているメガネなんすでが、この時々締めるプラスネジが自分的には、唯一残念なところで、ここがマイナスだったらなぁと思いつつも愛用しています。

閑話休題、使用電池は395・SR927SW。

裏蓋を開けるといきなり電池(RENAT395)が見えています。実は、同じクォーツのベンチュラは製造年代によってムーブメント、それをを固定している白い樹脂の形状が異なります。ものによっては、樹脂のパーツを固定しているネジがありそれを外さないと電池が外れないものもあります。なのでご自分で電池交換をやられる方は、この通りでない可能性もありますのでご了承のほど。今回の個体は、電池が簡単に外れるタイプでした。

交換が完了すれば、圧が均等にかかるよう左手で裏蓋をしっかり抑えて、3つのネジを少しづつ順番に何回かにわけ締めて完了です。

以上、意外と簡単なベンチュラの電池交換とネジ穴の”みてくれ”のとりとめのない話でした。

Pocket

交換ストラップ付き、2wayでお楽しみ下さい。

Pocket

ハミルトン カーキ アビエーション パイロット パイオニア メカ グレー/ブラウンカーフ H76419531と純正ナイロン
ハミルトン カーキ アビエーション パイロット パイオニア メカ グレー/ブラウンカーフ H76419531

ハミルトン カーキ アビエーション パイロット パイオニア メカ グレー/ブラウンカーフ H76419531ご成約の方に純正NATOタイプ ナイロンストラップをもれなくプレゼント。
ストラップは、NATOタイプ、リボンタイプなので簡単に付け替えが出来ます。
レザーとナイロンでぐっと雰囲気が変わリます。季節やファッションで付け替えてお楽しみ下さい。
SOLD OUT

Pocket

クォーツモデル 電池交換 ハミルトンジャズマスター

Pocket

 ハミルトン ジャズマスター メンズモデルの電池交換です。裏蓋は5つのネジで留まっています。裏蓋がネジで留まっている時計は、汗などで濡れたままお使いになっているとこのネジ及びネジ穴が錆びついて修理が必要になる場合があります。今回は大丈夫でした。

裏蓋を開けるとこんな感じ。

ムーブメントはこんなに小さい。初めて見た時は、ちょっとびっくりしましたが、レディースにも使われるサイズですね。電池は、ムーブメント上の丸い黒い部分に入ります。電池はRENATA379、国産の品番SR521になります。

このモデルは、電池交換の際、ムーブメントを固定している樹脂のパーツは外さなくても大丈夫ですが、簡単に外れるので…外すとこんな感じです。文字盤の裏側。リューズからムーブメントまでの距離があるのでマキシンが長いです。
このムーブメントを使う場合、文字盤中央の長短針からスモールセコンドまでの距離は決まっているので、ケースサイズ(文字盤)が大きくなっても、スモセコの位置は変わらないわけです。下が搭載キャリバーETA980.163。

Pocket

手巻きムーブメントが搭載されたハミルトン ボルトン メカ。Hamilton Boulton Mechanical H13519711

Pocket

ハミルトン ボルトンメカ H13519711

 ボルトンの歴史は1940年に遡るようです。もともとハミルトンのはアメリカ発祥のメーカー(現在はスイス製)なので、アメリカンクラッシックというカテゴリーがあり、そのルーツ的なモデルが、ラインナップされています。ボルトンもその1つ。他には、アードモアとか、今は、独立したカテゴリーのベンチュラなんかもそうだったですし、パイピングロック(現在は廃盤)なんかもありましたね。その歴史の中で、歴代モデルたちは、復活、時には限定モデルだっり、コレクターを楽しませてくれました。

  今回のボルトンは、最近のハミルトンではおなじみの、パワーリザーブ80時間の手巻き式キャリバー H-50が搭載されています。モデル名はボルトン・メカ、またケースサイズが34,5mm x 38mmと既存のボルトンのメンズよりも大きくなっています。ちなみに現在の3つのボルトンです。SOLD

3サイズのハミルトン ボルトン。
H13519711着装例

 ボルトンメカ H13519711は、クォーツモデルのスモールセコンドに対して、センターセコンドになっています。搭載ムーブH-50の関係でこうなっているんでしょうが、結果的にセンターセコンドのほうが、このサイズには、バランスが良かったと思います。また針色がブルー(写真では分かりづらいですが、)で白文字盤とのコントラストが上品な仕上がりを見せています。機械式ならではの秒針の動きもこちらのビックセコンドのほうが楽しめますね。

Pocket

マニアックにディテールに拘ったハミルトンカーキパイロットパイオニア メカ。

Pocket

左:NATOグレーナイロンストラップ仕様 H76419931 右:NATOブラウンレザーストラップ仕様 H76419531

今年の新作の中で特に気になっていたモデルが入荷しました。機械式手巻きキャリバーH-50パワーリザーブ80時間を搭載する、英国空軍の復刻モデル カーキパイロットパイオニア メカです。
NATOストラップ仕様で、グレーのナイロン(H76419931)、ブラウンカーフレザー(H76419531)の2パターン、ヘッド、時計部は同じです。ナイロンかレザーお好みが分かれるところかもしれませんが、ストラップはパーツとして発売されるので、後々どちらでも楽しむことが可能です。
SOLD

カーキパイロットパイオニアメカH76419931

ケースサイズ36×33 mmちょっと小振りな感じが、ここに復刻の拘りを感じさせます。同じ手巻きキャリバー搭載のカーキフィールドメカのNATOストラップは幅20mmに対してこちらは18mmとなっています。H76419931はグレーダイヤルにグレーナイロンストラップ、フライトジャケットなんかバッチリな感じですが、普通にカジュアルに合わせてもお洒落なアイテムですね。

ハミルトン カーキパイロットパイオニアメカH76419531

ダイヤルは、細かな凸凹がある感じ(何仕上げっていうんでしょうか?)重厚というかヴィンテージ感があります。経年劣化感を演出したオレンジの夜光塗料もいい感じです。H76419531はブラウンNATOレザーストラップ仕様、こちらのコントラストも良いですね。

 機械式手巻きでこのサイズ感、全然チャラくない渋い復刻モデルです。

Pocket

個性あふれる世界限定モデル、ベンチュラスケルトン。H24595331

Pocket

ハミルトン ベンチュラ スケルトン 限定モデル H24595331 SOLD

ハミルトン ベンチュラスケルトン世界限定999本。Hamilton Ventura Skeleton H24595331
ケース素材 :ステンレススチール ブラックPVD
風防 :サファイアクリスタル
ムーブメント :自動巻きCaliber :H-10-S パワーリザーブ80時間
ケースサイズ :42,5mm x 44,6mm
防水性 :5気圧防水

ハミルトンのアイコン的存在のベンチュラには、オリジナルケースサイズを継承するライン、こちらはメンズとレディースの2サイズがあります。いわゆるベンチュラですね。もう一方、エルヴィス80とネーミングされたベンチュラを現代的にアレンジしたシリーズがあります。今回の限定モデルは、後者エルヴィス80をベースとしたブラックPVD、スケルトン仕様のモデルです。ラバーベルトを合わせてモダンと言うか近未来的な感じもする精悍なモデルです。
ハミルトンのサイトでは、”映画『スパイダーマン:ホームカミング』に登場する、アイアンマンをモチーフにしたモデル。”とありました。

モダンな造形美とクラシカルな機械式ムーブメントの動きの調和が魅力的な限定品。

ハミルトン ベンチュラ スケルトン リミテッド・エディション H24595331

デザインされたインデックスは蜘蛛の巣のようにも見えますが、ハミルトンのサイトによると映画産業へのオマージュとしてフィルムをモチーフにしたデザインだとか……機械式自体クラシカルなものなので、このモダンなデザインにスケルトンという表現方法を取り入れるという発想自体ユニークなものです。実は、エルヴィス80にすでにダイヤルにスリットが入ったスケルトンモデルがありますが、そちらはどちらかというとモダンさによったスケルトンという感じで、ホワイトを基調にしたユニセックス感があるクールな仕上がりをみせていましたが、”スケルトン”という意味では今回の限定モデルのほうが、より一歩踏み込んだ感じがして、よりハイエンド、より完成された感じがします。

ハミルトン ベンチュラスケルトン世界限定999本。H24595331ケースバック。

ケースバックはケース形状に合わせた3角形の大きなグラスバックがベンチュラの形に拘った感じ、ムーブメントを見せるだけなら、丸い窓でも良いんでしょうが、それだとはちょっと寂しいですね。こちらのほうが限定モデルらしくて嬉しいですね。

自動巻きモデルですが、カーベックスタイプになっていて、ラバーストラップのフィット感もあり装着感は良好です。

Pocket

シンプルな中に個性を見せるジャズマスターオートクロノグレーダイヤル、H32586181。

Pocket

Hamilton Jazzmaster Auto Chrono H32586181着装H−21(標準パワーリザーブ60時間)を搭載する縦目のクロノグラフの定番ライン、ジャズマスターオートクロノのニューダイヤル H32586181です。
ハミルトン ジャズマスター オートクロノ グレー H32586181 ブレス
ニューバージョンは、よりシンプルになって洗練された感があります。やんちゃくささが抜けて大人っぽくなった感じです。
ブレスレットも美しいヘアライン仕上げ(ピカピカしない)が施されていてビジネスシーンにも重宝しそうですね。
ハミルトンジャズマスターオートクロノH32586181 ブレスレット
ハミルトン ジャズマスターオートクロノH32586181 ダイヤルのアップ インダイヤルが同色になったことでおとなしめな印象ですが、そこには凹凸をつけて、のっぺり感はありません。全体のサンレイ仕上げとのコントラストで光線によって時にはシック、時にはエレガントな様々な表情を見せてくれるグレーダイヤルです。
ハミルトン ジャズマスターオートクロノH32586181 ブラウンバックレザーストラップモデルはデフォルトでグレーのストラップを合わせていますが、もちろん同色はありですが、あえてグレーダイヤルにブラウン系を合わせるのもオシャレですね。

ハミルトン ジャズマスターオートクロノ
グレー/ブレス H32586181
詳細はこちら

Pocket