投稿者「chukei1928」のアーカイブ

シチズン mont-bellモンベル コラボレーションモデル

Pocket

Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”をコンセプトに持つ人気アウトドアブランドmont-bellモンベルとのコラボレーション。

シチズン モンベルコラボレーションモデル3型

すっかりシリーズ化した感のあるモンベルとのコラボレーションシリーズ。今回もmont-bellモンベルのブランドコンセプトに見合った、シンプルながら機能的で、軽くて丈夫、アウトドアでカッコよく、頼りになるそんなモデルです。このシリーズは、生産数限定モデルとなっています。
ソーラーパワーウオッチ,デュラテクトDLC(左・中)、デュラテクトMRK、20気圧防水、グローバル電波機能、ケースサイズ42.2mm。

シチズン モンベルmont-bell プロマスターランド CB0177-31E
CITIZEN PROMADSTER LAND mont-bell CB0177-31E ¥77,000+

中でも、タウンユースを意識したレザーストラップとシリコーンストラップをセットにしたCB0177-31Eをピックアップしました。シチズンが誇る金属加工技術から生まれたスーパーチタニューム デュラテクトDLC グローバル電波機能、もちろんソーラーパワーで電池交換不要。(パワーセーブ時 2年間作動)、20気圧防水。軽くて丈夫な時計です。

シチズン モンベルコラボCB0177-31E シリコンラバー
付属のシリコンラバーを装着
ストラップ交換の解説あり

素材にスーパーチタニューム デュラテクトMRK+DLCを採用することで、この機能(20気圧防水)で約56g(レザーストラップ装着時)というの軽量化を実現。

デュラテクトMRK+DLCは高級時計に使用されるステンレスSUS316L(ビッカーズ硬度200Hv)の硬さの約5倍以上の硬さを持ちます。

CITIZENの開発室で実験的にステンレスと同じ条件で一定の力でプレートにすりキズをつけたもの。

シチズン mont-bellモンベルコラボレーションモデル→

2021年4月福井県大野市に自然に囲まれた環境のなかにモンベルショップがオープン!

Pocket

福井初のmont-bellモンベル ショップができるらしい。

Pocket

”mont-bell”のロゴがダイヤルにあるだけでもうれしいシチズンのプロマスター モンベルコラボレーション限定生産シリーズがあります。

モンベルは、アウトドアファンには絶大な人気を誇る日本発のアウトドアトップブランド。
そんなみんな大好きなmont-bellモンベルは、残念ながら福井県にいまだショップがないのです。でも…….嬉しいニュースが入ってきました。

モンベルが福井県内に初出店へ 大野の道の駅に21年度

2021年4月22日(予定)道の駅「越前おおの 荒島の郷」がオープン。道の駅ではお約束の農林産物や特産品、「食」はもちろん、日本最大級 屋外宿泊施設 「RVパークキャンプ場」、そしてなんとモンベルショップが併設されるらしい。アウトレットやオンラインショップのモンベルも便利で良いけど、自然に囲まれた場所のモンベルショップって良くないですか。場所はざっくり、大野市から九頭竜湖に向かう途中(上記のHPでご確認ください)九頭竜ダム〜九頭竜湖から岐阜県白鳥村に抜けるドライブコースは大好きです。道の駅ファンとしてもほんと楽しみです。

モンベルの「包括連携協定」をむすんでいた大野市

「mont-bellモンベルと福井県大野市は、2016年10月にモンベル・フレンドエリア登録を行い、百名山荒島岳の登山や六呂師高原でのスノーシューイベント(モンベル・アウトドア・チャレンジ)をはじめ、大野市の自然を活かした連携事業を既に始めています」っと
こんなニュースを聞いたとき(もう4年もたったのか….)、当時は、大野市やるじゃんと福井県民として誇りに思ったのものです。そしてついいに……

Pocket

「Go To トラベル」の「地域共通クーポン」使えます。

Pocket

GOTOトラベル 地域クーポン取扱POP

 本日、10月1日より配布される、国土交通省の「Go To トラベル」の「地域共通クーポン」使えます。スターターキッドは、一昨日到着しました。
GOTOトラベルのオマケみたいなものかと思ってましたが、こちらも結構お得ですね。

地域クーポンの使い方はこちら

Pocket

シチズン AC2200-55Eをもっとおしゃれに。

Pocket

CITIZEN AC2200-55Eのベルトを変えてみた。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換

今年シチズンから発売された視覚障害者対応時計AC2200-55E、これメーカーもしばらく欠品中でした。担当者さんの話では、予想以外の受注があり生産が追いついていませんとのことでした。待つこと約3ヶ月、ようやく入荷しました。入荷してフリー分がでたら自分でも買おうと思っていました。デフォルトのメッシュタイプの金属ブレスも良く似合ってますが、自分なりにおすすめ交換ストラップをチョイスしてみました。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換モレラート、他

今回のチョイスは、この3点、モレラートのアベーテ(¥3,300)のゴールドブラウンとグレー、カシスのナトーLX(¥4,400)のグレー。シチズンACC2200は、ラグ幅18mmで、既存のストラップも種類が豊富です。風防部が開閉するのでつけ元が、一見特殊に見えますが、通常の厚みであれば普通に装着可能です。ちなみにモレラートアベーテは厚さ3.5mm。ナトーXLは厚さ2.5mm.

まずは、ナトーXLのグレー。アラビア数字のライトグリーンがアクセントになってます。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換 ナトータイプグレー
CASSIC NATO LX GREY(¥4,400)

ACC2200-55Eはリボンタイプのストラップも装着可能です。カシスのナトーLXは、厚さ2.5mm、ポリアミド素材をを使用して通常のナトータイプよりしなやかでツヤがあり高級感があるので、ナトータイプのベルトでミリタリー感を少し押さえ気味にカジュアル〜スポーツ感を演出できるアイテムです。カラーも豊富ですが、自分はグレーの一択でした。

ブラウンとグレーのレザーストラップでシックに。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換 モレーラート レザーストラップ ブラウン
MORELLATO ABETE GOLD BROWN(¥3,300)を合わせてみました。

モレラートのアベーテはイタリアの大学のもとで共同開発された合成皮革を使用したストラップです。(※革のなめしに使用する薬剤の工業排水が環境汚染の原因の一つなることがあるようです。)アレルギーが出にくいという人にやしいメリットも持ち合わせたストラップです。言われないと合成皮革とわからないマットな質感、適度が厚みがよく似合いました。アベーテは4種類のカラーがありますが、ゴールドブラウンとグレーを合わせてみました。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換 モレラート アベーテ グレー
MORELLATO ABETE GOLD GREY(¥3,300)を合わせてみました。

本来、視覚障害者対応時計ですが、シチズンのコンセプトが視覚障害者と健常者という区別なく、誰もが利用できる時計ということもあり、個人的にもおしゃなモデルに仕上がっていると思います。
発売時のシチズンのオフィシャルイメージはこんなでした。

シチズンAC2200-55E

Pocket

CITIZENの取説がすべて電子化になります。

Pocket

時計をお買い上げいただくと保証書とい取り扱い説明書が付属するのが通例ですが、CITIZENはすべての商品(特注品を除く)に対してBOOKタイプ(印刷した)取説は付属しなくなります。(2020年10月1日より)

取説の場所

今後は、ネット上でシチズンサポートページ「説明書を見る」にアクセスして対象モデルの取説を開いてご参照ください。とのことです。
 こういったサポートは、各メーカー既に機能していて機種番号等から該当するモデルの取説を見ることができて、目の前にネットが繋がったPCがあったりまたスマホがあれば、とても便利で、自分もよく利用します。

シチズンからの案内書には、SDGsの取り組みの一環で、廃棄物やCO2排出量の削減、紙資源の削減につながるので…..ということです。ちなみにSDGsって恥ずかしながら自分は知らなかったのですが、ご興味ある方はこちらを

そもそも取説は必要?

 通常、何もしなくてもごく基本的な使い方がわかっていれば普通に使えることがほとんどなので、読まなくても大丈夫かもしれませんが、多機能な機種の場合特に、せっかくの機能や性能を十分発揮したい方は、チェックしたほうがいいと思います。シンプルなエコドライブであっても、機種によって性能が違ったりするので使用上の注意点はご理解していたほうがいいかと思います。

Pocket

販売後も心に残る時計たち〜ルイエラール・アランシルベスタイン

Pocket

ルイ・エラールのプロジェクト第一弾。

 2019年の10月頃、取り扱っていたブランドのルイエラールの担当営業者から、ルイエラールが新たなプロジェクトが始まります……という連絡がありました。それは、今までに実績のある時計クリエーター、デザイナーたちとのコラボレーション企画で、そしてその第一弾が、アランシルベスタインだというのです。過去にもそういう話がなかったわけではないので、実際のところ、今回もぬか喜びになるのではないかと思ったりもしましたが、どうやら今回は本当らしい。そんな時、久ぶりに以前アランシルベスタインをご購入いただいたお客様からお電話を頂きました。「あれって、どうなんですかねぇ?動画見たら結構いい感じに思えて、なんかコレクションしたくなりました….。」とおっしゃられました。その時点で、恥ずかしながら自分は、その動画の存在を知らなかったので
「動画ですか?」
「ルイエラールのサイトにブラックダイヤルのモデルの動画でてますよ」
確かに、その動画は、ルイエラールのサイトにありました。その動画にはアラン本人も出ていて、時計もダイヤルのロゴこそルイエラールではありますが、時計の顔はアランシルベスタインそのものでした。

交錯する情報…コロナの始まり

もともと生産数が、少なかったこともあり、ご予約販売という形になりましたが、白い文字盤は、なんとか2019年内に予約分が入荷、遅れていた黒文字盤も年を開けにはと聞いていましたがコロナウイルスの影響もあり輸入元からの情報も曖昧、途絶えてしまう状態、お客様との約束が果たせるか不安になっていました。ほぼ無理かもと諦めかけていましたが、この8月に無事黒文字盤も入荷しお待ちいただいたお客様に納品できました。

日本でアラン・シルベスタインといえば….モントレソルマーレ(旧 太洋商会)

アランシルベスタインが自分のブランドとして時計を世に出したのは1987年、たった3本のモデルからです。当時、日本でも全く無名だったアランシルベスタインを日本に紹介したのは、モントレソルマーレ(旧 太洋商会)の山崎社長でした。それからアランシルベスタインからの供給が止まるまで、最後までこの会社がアランシルベスタインの代理店を担当されました。アランシルベスタインというブランドは、販売している自分が、時計を作ったアランシルベスタイン、それを輸入した代理店、そしてご購入いただいたお客様との間に絆のようなものを感じる時計でした。そんな時計は他にはなかったし今後もないと思います。これはきっとアランシルベスタインと山崎社長とのパートナーシップから生まれていたのだと思います。歴代の担当セールスの方々もユニークな人が多く、今も懐かしく思っています。自分が時計屋としてのささやかな歴史を振り返った時このアランシルベスタインというブランドを取り扱えた経験は自分にとって宝物です。また代理店のモントレソルマーレ(当時の社名:大洋商会)さんには感謝しています。

 今回のモデル、ルイエラール レギュレター アランシルベスタインは、アランがデザインしたとはいえ、ルイエラールの時計なので、アランシルベスタインの思い出が多いモントレソルマーレさんからの供給でないのはちょっぴり残念な気もします。
このプロジェクトに関するご質問お問い合わせはこちら

動画作りました。

今回のご紹介しているルイエラール レギュレター アランシルベスタインの動画です。お楽しみいただければ幸いです。

Pocket

MEISTER (SWISS MADE)マイスター・キャンペーン 開催中!

Pocket

マイスター ブライダルリング キャンペーン

期間中、マイスター・ブライダルリングをペアでご成約の方にMEISTERオリジナル シャンパングラスをペアでプレゼント! 2020年8月31日まで

スイスにて熟練の技術の鍛造加工から生まれるハイエンドなマイスターリング。その滑らかな装着感、洗練されたデザインを是非店頭でお確かめください。

MEISTER マイスターリング

Pocket