修理レポート」カテゴリーアーカイブ

ベンチュラの電池交換とネジ穴の”みてくれ”のようなもの。

Pocket

ベンチュラのメンズサイズモデルの電池交換です。

3つのネジで裏蓋が留められています。裏蓋の形状が三角なので3つなんですね。この3つのネジを外せば、裏蓋が外れます。時計の裏蓋の固定方式には、何種類かありそれによって、使用する工具が異なります。今回のようなネジの場合は、もちろんドライバーですね。ネジが固着していなければ簡単です。

ベンチュラの裏蓋を留めるネジの大きさは、時計の部品サイズとしては、中〜大きめです。なので今回は1.6mmサイズのドライバーを使いました。
 ちなみに、ネジにはマイナスとプラスがありますが、時計に使用されるネジは、ほぼマイナスです。

ちょっと脱線します。ネジの頭マイナスとプラスを意識するようになったきっかけ。

その1

随分前になりますが、初めてGショックの裏蓋を開ける時、大きめのプラスネジだったので、合うドラバーが手元になかったことを覚えています。もちろん今もGショックの裏蓋ははプラスネジで留っていますが、これは時計業界に伝統のマイナスネジをあえて使わないことで、今までの時計の既成概念を打ち砕いてやろうという気持ちから当時の開発者があえてプラスネジを使ったんだと思います。ただ、これは自分のロマンチック寄りの憶測で、意外とこのサイズだと工業製品ではプラスが普通だったから…かもしれません。真相はわかりません。

その2

以前、アンティーク時計愛好家で、インテリアにも造詣が深い方が、お気に入りのアンティークのドアを部屋に取り付けるけど、マイナスネジが無く困ってます、どこか販売してるところ知りませんか?と聞かれたことがありました。最初は意味がわからなかったのですが、よくよくお聞きするとプラスネジはマイナスより歴史が浅いので、そのドアと蝶板の年代からしてそれを留めるネジは、マイナスでないと時代の統合性がとれないということのようだったようです。この時から、ネジの機能以外の何かみてくれの大事さのようなものを気にするようになりました。
 時計に使われているネジ、特にシースルーバックから見えるムーブメントに使用されているものは、サイズ的にとても小さいものになりそれが理由でマイナスなのかもしれませんが、もしそこにプラスネジが見えたら自分は違和感を感じます。時計のブレスの調整コマがネジで留っている場合、見えるネジの頭は、そこそこのサイズでもマイナスですね。

ちなみに、上の写真は、自分が気に入っているメガネなんすでが、この時々締めるプラスネジが自分的には、唯一残念なところで、ここがマイナスだったらなぁと思いつつも愛用しています。

閑話休題、使用電池は395・SR927SW。

裏蓋を開けるといきなり電池(RENAT395)が見えています。実は、同じクォーツのベンチュラは製造年代によってムーブメント、それをを固定している白い樹脂の形状が異なります。ものによっては、樹脂のパーツを固定しているネジがありそれを外さないと電池が外れないものもあります。なのでご自分で電池交換をやられる方は、この通りでない可能性もありますのでご了承のほど。今回の個体は、電池が簡単に外れるタイプでした。

交換が完了すれば、圧が均等にかかるよう左手で裏蓋をしっかり抑えて、3つのネジを少しづつ順番に何回かにわけ締めて完了です。

以上、意外と簡単なベンチュラの電池交換とネジ穴の”みてくれ”のとりとめのない話でした。

Pocket

メーカー修理出来上がりに付属する修理明細的なものなど…..

Pocket

メーカーアフターサービス、輸入元のアフターサービスいわゆるメーカー修理を依頼した場合、料金はもちろん、オーバーホール(分解掃除)の料金に含まれているサービスの範囲たとえば交換部品代を含むのか別途請求か、ケースポリッシュを含む料金なのか、ポリッシュはオプションなのか、国内正規品保証書があると会員割引価格があるのか、同ブランドなら正規も並行もすべて同じか、修理後の保証期間とかメーカーによって様々です。今回の話題は、交換済み部品の返却をするところとしないところ、付属する「修理明細書」、「作業書」的なものについてです。

たとえば、ノモスのメーカー修理(栃木県の群馬精密という会社が担当しています。)を依頼すると出来上がり時に写真のように、作業明細書に交換した部品名と破損した部品が返却されてきます。(このお客様は、交換が多かった方ですね^^;)
 メーカー修理ではなく、時計専門の修理屋さんにお願いする場合も多々あります。
(修理屋さんに依頼するかメーカー修理に依頼するか…そのメリット、デメリットについてはまた別の機会ということでここでは省きます。)
で、修理屋さんは、基本返却が常識となっています。

返却するところの理由はシンプルで、破損していても所有権はお客様のものだからです。

現在、メーカー修理の場合、交換した部品が返却されないところのほうが多いようです。

返却しない理由

外資系のアフターサービスが増えてからこの傾向になったように思うのですが、彼らが返却しない理由は「知的財産権侵害の防止」だそうです。いわゆるコピー商品製造の防止。これは非常に同意します。ロゴの入った部品だったりとかだと、ブランドイメージを守る上で返却したくない理由はよく理解できます。でも破損した部品を一般のユーザーに一個返却したところで、まして破損した歯車とかからコピー商品が作られる可能性って何%ぐらいあるのだろう?それなら、もっと他にそっち側の都合のいい理由があるのでは?とつい思ったりもしてしまいます。

メーカーによって修理作業明細書色々

修理が出来上がると修理内容を記載した作業明細書、修理伝票がついています。その書き方も様々ですが、破損部品を返却するところは上の写真のように交換した内装部品名を一行ごとに書いて画像には切れていますがそれぞれの部品に対して各々の値段が書かれています。一方で返却がないところは、「内装部品交換-¥000-」のようにひとくくりにしてあるところが多いです。

交換部品がわかると、故障の原因がよりわかって、正すべき使い方の悪い習慣に気付かされて結果オーバーホールのサイクルを長くすることに役立つかもしれません。
経験のある時計修理職人さんなら捜査官がプロファイリングするみたいに、時計を見てその人の使い方を結構予想出来たりするようです。修理屋さんとかですとお見積りの段階で「この方は、こういう使い方だったんじゃないでしょうかね….」なんてアドバイスを受けることがあります。

ともあれ一番重要なのはもちろん….

重要なのは、愛用の時計がメンテナンスによって良いコンディションに復帰することメンテナンスの技術です。これが最優先で、作業書の有無、書き方や部品の返却の有無は別にどっちでも良いことかもしれません。ただ、アフターサービスと名乗る以上、自分たちの製品を愛用してくれているお客様ファーストで、適正な価格設定でお客様が日常気持ちよく時計を愛用できる満足できるサービスであってほしいと思うところです。

Pocket

ノモス メーカー分解掃除料金改定(値上げ)のお知らせです。

Pocket


ノモスの分解掃除料金が2018年5月21日より値上げになります。

新価格は、2018年5月21日アフターサービス受付より適応になりますので、弊店にご依頼の際、旧価格でのご案内は2018年5月17日までの弊店到着分とさせていただきます。ご了承ください。

表示の価格は、正規保証書添付の会員価格(税抜)です。

手巻モデル

3針         ¥23,100→(新)¥25,200-
ディト付き     ¥231,00→(新)¥26,600-
パワーリザーブ ¥30,1000→(新)¥33,600-
自動巻
3針      ¥28,000→(新)¥31,500-
ディト付き   ¥28,000→(新)¥33,600-
GMT及び
ワールドタイマー ¥38,500→(新)¥42,000-

※必要な換部品がある場合は、分解掃除料金に部品代が加算されます。

そろそろ、分解掃除をお考えの方は、お早めにどうぞ。

修理に関するお質問、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

Pocket


液漏れ注意報。〜定期的な交換がおすすめ。

Pocket


ボタン電池の液漏れ

店頭で、腕時計(クォーツ)の電池交換の際に、裏蓋を開けて、電池を取り出すと、電池から液漏れしている場合があります。写真がまさにその状態で、さらにこの状態が続くと、白い粉状の物体が、カビのように増殖します。
 上の写真も少し白いものがありますが、この液体・白い粉状の物体が、機械内部に入っていくと、時計は新たしい電池を入れても作動しなくなります。そうなってしまうとメーカー修理、古い時計の場合、メーカーでも修理不能になりかねません。

クォーツムーブメント

 上の写真は、電池を取り出した直後のものです。中央付近の黒い丸い部分が電池がセットされる場所ですが、白い粉状が見えます。また写真では見にくいですが。水滴のようなものが汗をかいたように付着していました。

 幸い、まだ機械内部には、回っていなかったようで、液体と粉を丁寧に取り除き、新しい電池を入れて作動が確認できました(ホッ)。液漏れは、初期段階だったようです。この段階であれば、電池交換の料金です。

経験上、液漏れの症状が出ている時計の共通点は、電池が切れてから何年も、放置してあったものがほとんどです。

また、また、経験上で恐縮ですが、なんとなく電池の品質も関係があるようです。ただ、多くの場合、使用期限を大きくオーバーしての結果なので、メーカーを特定して責めることはできませんが、逆に、確率の低さでいうと、圧倒的に国産メーカーのものが私の中では信頼性が高いです。
もちろんスイス製の時計にも国産の電池は、使用できます。

マクセル金コーティング

というわけで、店頭では、日本製のマクセル 金コーティング電池を使用しています。金コーティングで接触抵抗を低減 し、水銀・鉛ゼロ使用を実現 、耐漏液性能向上した電池です。

Pocket


ダイヤモンドリングのデザインを変える。

Pocket


ダイヤモンドリングリフォーム
ジュエリーのデザインリフォーム、イメージチェンジはご予算に合わせて幾つかの方法がありますが、ダイヤモンドリングの場合、基本的にランド(丸型)カットであることで、ダイヤモンドのサイズに合わせた空枠が既製品として用意されています。なので比較的かんたんにイメージ通りのリフォームが可能です。とは言っても、ダイヤモンドのサイズと枠のバランス、ダイヤのプロポーションとの相性もあり枠選びには経験が必要です。また同じ枠でも石留めの技術によっても仕上がりの綺麗さ、ダイヤの輝きは違ってきます。
店頭では、ダイヤモンドグレーダーの経験を持つGIA G.Gが、お客様のご希望をお伺いしながら、ベストなデザインをご提案、お見積させて頂きます。またお預かりしたダイヤが出来上がり後も間違いがないか、お預かり時に弊社で記録するプロット(個体の内包物の種類、位置を記録したもの)との比較、蛍光性、プロポーションチェック等で同一の確認を行っています。デザインが古い、つけにくいなどの理由で、お使いにならないのはもったいない話です。お役御免の古い枠(プラチナ、K18)は下取りが可能です。
お気軽にご相談ください。

Pocket


電池交換ハミルトンX-01

Pocket


ハミルトンx-01
電池交換で里帰りしたハミルトンX-01.2006年に限定発売されたモデルです。あれからもう9年たちますか..
ハミルトンx-01
久々に手にしてやっぱり全てが規格外のような時計です。デカイバックル、バックルを留めるバネ棒!こんな長さのバネ棒見たことありません。
ハミルトンx-01
2つの裏蓋を開けるとムーブメントが4つ。画像は電池交換後、信頼性の高いマクセルゴールドコーティングを使用しています。止ってからしばらく放置されていたようで、ディフォルトで使用されているRENATAの電池は4つとも液漏れしていました。幸い重症でなかたようで、接点の洗浄と注油で4つのムーブメントは作動しました。交換がさらに遅くなっていたらやばかったです。
ハミルトンx-01
もとはと言えば、1966年、スタンリー・キューブリック監督がハミルトンに、映画「2001年宇宙の旅」のために依頼した撮影用の時計。40年後の2006年に実際に作動する時計として2001本世界限定発売されました。1966年には存在しなかったけど2006年には存在していた超小型クォーツブメントのお陰でなせる技です。下、横に並ぶの3個の時計は、別々の時間を表示しますが、その時間設定の方法が超ユニークで、裏蓋からバックル部に収納されている専用のピンを使います。裏蓋にはコレクターボタンのようなものは一切なく、専用ピンで裏蓋の所定の場所にピンを当てるだけで針が動き出します。未来感覚なデザインだけでなく、未来っぽいというか非現実的な要素をシステムにまで取り入れるなんて洒落てますね。
種を明かせば、調整に使用する専用ピンの先に磁気があり、3つ並んだそれぞれのムーブメント地板には磁気に反応する小さなプレートがあります。それが専用ピンを裏蓋に当てることでピン先の磁気が裏蓋を介して小さなプレートに伝わり反応して針が動くシステムです。でもどして?という疑問が残らないでもないですが、実際に針は動きます。防水性もクリアしたユニークな機構です。

Pocket


セイコー鉄道時計 SECOND・SETTING・DIAFLEX(1960’s)

Pocket


 先日、修理でお預かりしたセイコーの手巻き式・鉄道時計です。
誤って落下した際に、テンシンが折れてしまったようです。
secondsetting_01.jpg
 この時計が活躍していたのは1960年代〜70年頃、クォーツ式に変わるまで日本の鉄道で重要な役割を使果たしていた時計です。鉄道の発達と時計の発達・普及には密接な関係があった時代です。船や飛行機、列車といった乗り物と時計の関係は興味深いものがあります。
 この時計のオーナーは、中年の女性の方で、コレクションとかではなく、普段、携帯してご愛用になられていて、愛着も有り、これじゃないとだめなので、どうしても修理したいとのことでした。
 信頼している修理工房に依頼したところ、オリジナルのテンシンを見つけてくれて、めでたく修理が完了しました。
secondsetting_02.jpg
 大きなテンワ、巻き上げ式のヒゲが時を刻む姿は、機械式の迫力を感じます。
 この時計には、鉄道時計らしい機能がついています。SECOND SETTINGというもので、時間調整の際にリューズを引くとスモールセコンドは、そのまま動き、0秒で自動で止まるハック機構です。普通、ハック機構がある時計の秒針を合わせる場合、タイミングよく0秒に秒針が来た時にリューズを引くわけですが、タイミングを逃すとまた次のタイミングまで待たなければなりません。当時、時刻合わせが日課だったはずの鉄道員さんにとって、きっとなくてはならない機能だったと思われます。

Pocket