映画の中の時計達」カテゴリーアーカイブ

電池交換ハミルトンX-01

Pocket

ハミルトンx-01
電池交換で里帰りしたハミルトンX-01.2006年に限定発売されたモデルです。あれからもう9年たちますか..
ハミルトンx-01
久々に手にしてやっぱり全てが規格外のような時計です。デカイバックル、バックルを留めるバネ棒!こんな長さのバネ棒見たことありません。
ハミルトンx-01
2つの裏蓋を開けるとムーブメントが4つ。画像は電池交換後、信頼性の高いマクセルゴールドコーティングを使用しています。止ってからしばらく放置されていたようで、ディフォルトで使用されているRENATAの電池は4つとも液漏れしていました。幸い重症でなかたようで、接点の洗浄と注油で4つのムーブメントは作動しました。交換がさらに遅くなっていたらやばかったです。
ハミルトンx-01
もとはと言えば、1966年、スタンリー・キューブリック監督がハミルトンに、映画「2001年宇宙の旅」のために依頼した撮影用の時計。40年後の2006年に実際に作動する時計として2001本世界限定発売されました。1966年には存在しなかったけど2006年には存在していた超小型クォーツブメントのお陰でなせる技です。下、横に並ぶの3個の時計は、別々の時間を表示しますが、その時間設定の方法が超ユニークで、裏蓋からバックル部に収納されている専用のピンを使います。裏蓋にはコレクターボタンのようなものは一切なく、専用ピンで裏蓋の所定の場所にピンを当てるだけで針が動き出します。未来感覚なデザインだけでなく、未来っぽいというか非現実的な要素をシステムにまで取り入れるなんて洒落てますね。
種を明かせば、調整に使用する専用ピンの先に磁気があり、3つ並んだそれぞれのムーブメント地板には磁気に反応する小さなプレートがあります。それが専用ピンを裏蓋に当てることでピン先の磁気が裏蓋を介して小さなプレートに伝わり反応して針が動くシステムです。でもどして?という疑問が残らないでもないですが、実際に針は動きます。防水性もクリアしたユニークな機構です。

Pocket

「インターステラ−」劇中使用モデル。ハミルトン「カーキパイロットディ・ディト」。

Pocket

inter_s
クリストファー・ノーランの監督のもと、ワーナー・ブラザースとパラマウント・ピクチャーズによる映画「インターステラー」劇中使用モデル入荷しました。
カーキ パイロット デイデイトH64615135

クリストファー・ノーラン監督と言えば、私は、バットマンビギンズ(2005),ダークナイト(2008)ダークナイト・ライジング(2012)の3部作が好きです。一節によると「007」シリーズのファンだとか、新作「インターステラー」も楽しみですね!(1月22日公開)
SOLD

Pocket

映画の中の時計たち「TCMオリエンテーリングPVD」

Pocket

tc7008pvd.jpg
イタリアでデザインされスイスで製作されるTCM。オリエンテーリングは国境なき探検家、冒険家をイメージしたモデル。内部回転ベゼルと太陽の位置により「北」を決定することが出来ます。このインナーベゼルがこのモデルのデザインのキモでもあります。このモデルが、映画ワールド・ウォーZの中で地球的規模の危機を救う元国連職員ジェリー・レイン(ブラッド・ピット)の腕にまかれて劇中に何度も登場します。
自動巻き、ケース径47mm,SSケース(PVD)、裏蓋チタン、5気圧防水、
wwz_blu-ray.jpg
マックス・ブルックスによるベストセラーの原作WORLD WAR Zを映画化したもので、私は、先日blu-rayで見ましたが、ブラッド・ピットの演技はもちろん素晴らしく、ストーリーの展開もテンポが良く、面白かったです。でも、こんな世の中はゴメンですね。監督は「007 慰めの報酬」などのマーク・フォスター。

劇中は、幾度となくチラリ、チラリと登場します。画像は、家族らを安全な米海軍艦にとどめておくため、ジェリーが、軍による作戦へやむを得ず参加することになり、奥さんと一時お別れするシーン。

Pocket

「ダイ・ハード/ラスト・ディ」もう一つの劇中使用モデル。

Pocket

lastday-xpat.jpg
自動巻きクロノグラフキャリバーETA7750を改良してパワーリザーブ60時間としたCAL;H21を搭載したハミルトン X-パトロール。ムーブメントもさることならが、無反射コーティングサファイアクリスタル、10気圧防水、タービンモチーフのシースルバック、インナーベゼルに度量衡換算機能といったスペクを備えて高いコストパフォーマンスを発揮するモデル。入荷モデルは、「ダイ・ハード/ラスト・ディ」で劇中、ジョン・マクレーンの息子ジャック使用モデルということで、A GOOD DAY TO DIE HARD トランプが付いてます。  SOLD
xpatrol.jpg

Pocket

ハミルトン ジャズマスター・ビューマティック(日本限定キット)

Pocket

lastday.jpg
「ダイ・ハード/ラスト・ディ」の公開を記念して企画された、劇中使用モデルの日本限定キットです。
アメリカンクラシックシリーズのジャズマスター、ビューマティック44mmをベースにしたキットで、レザーストラップでエレガントに、ステンレスブレスでアクティブにと使い分けて楽しめます。ストラップ、ブレスの脱着時に便利なバネ棒外し工具もお付けしました(これはCHUKEIオリジナル企画です)
これを巻いて、ダイ・ハード/ラスト・ディを鑑賞すると、ジョン・マクレーンになった気分で、さらに映画に入り込めて楽しめそうですね。
lastday_02.jpg
コジャレた A GOOD DAY TO DIE HARDと書かれたトランプと、専用ボックスに入ったSSブレスがセットになっています。ブレスに装着して納品希望の方は、お申し付けください。
SOLD OUT

Pocket

ハミルトン ダイ・ハード/ラスト・ディ日本限定キット

Pocket

daiehard.jpg
2013年2月14日公開予定の「ダイ・ハード/ラスト・ディ」の公開記念して劇中登場するジャズマスー ビューマチックに交換用ブレスをセットした日本限定キッドが200本限定発売されます。劇中には、「カーキX-パトロール」も登場するようです。映画公開が楽しみですね。「ビューマチック日本限定キッド」
SOLD OUT

Pocket

映画の中の時計たち:「アパートメント」マックスとリュシアンの時計。

Pocket

appart.jpg
 パリを舞台に、男と女の出会い、すれ違い、恋の駆け引き?..そして別れ。を描いた、1996年制作の映画。決断力の無い男が巻き起こすエピソードと言ってしまえば、それまでですが(笑) いやいや、めちゃくちゃ面白かったです。2度見しました。
 主人公ヴァンサン・カッセル演じる「マックス」、その親友でパリで靴屋を経営するジャン=フィリップ・エコフェ演じる「リュシアン」。この二人の時計が、一瞬クローズアップされます。
 まず、リシュアン、7時にデートの約束があるにもかかわらづマックスに車を貸して、案の定、約束の時間を過ぎてもマックスは戻らない。リシュアンが、苛立ちながら時計を観るシーン。
appart_02rev.jpg
クローズアップされたレベルソは、いきなり裏蓋側。一瞬で、反転してダイヤル面が出ます。素早い反転は遅れているマックスへに苛立ちの演出なのかと思いきや、その後の電話のシーンで手元が写ったとき、裏蓋が上になっていたので、彼は通常裏蓋側にしている使い方のようです。こういう使い方もありですね。
 マックスは、商社マンとして成功したという設定、腕元に小振りな(1996年頃は、ヨーロッパでも時計はまだ小振りだったんですね。)ゴールドの時計が、何回もちらちら映っていましたが、こちらも一瞬クローズアップになります。ピアジェのポロでした。なるほどマックス、らしいか….。
appart_03polo.jpg
  各カット一つ一つが意味しんな映画なので、わざわざクローズアップされた二人の男が選んで愛用する時計が、それぞれが好きになった女性、結ばれる女性の伏線になっているのでは…と思うのは、多分私だけで、考えすぎであろうかと思いますが、気になるところではあります。
 あと、なんといってもこの映画の魅力は、アリスを演じるロマーヌ・ボーランジェ(ポスターでは左端で脇役ぽいですが)です。この人なしでは語れない映画です。今まで知らなかった女優さんですが、今回ファンになりました。

Pocket