時計エピソード」タグアーカイブ

「ダイ・ハード/ラスト・ディ」もう一つの劇中使用モデル。

Pocket

lastday-xpat.jpg
自動巻きクロノグラフキャリバーETA7750を改良してパワーリザーブ60時間としたCAL;H21を搭載したハミルトン X-パトロール。ムーブメントもさることならが、無反射コーティングサファイアクリスタル、10気圧防水、タービンモチーフのシースルバック、インナーベゼルに度量衡換算機能といったスペクを備えて高いコストパフォーマンスを発揮するモデル。入荷モデルは、「ダイ・ハード/ラスト・ディ」で劇中、ジョン・マクレーンの息子ジャック使用モデルということで、A GOOD DAY TO DIE HARD トランプが付いてます。  SOLD
xpatrol.jpg

Pocket

時計の傷……メーターが教えてくれた、A Valuable dent(カーズ2より)

Pocket

突然ですが、カーズ2はご覧になりましたか?レッカー車のメーターが、ボディーの凹みの修理をすすられますが、この凹みには親友との思い出があるから、このままににしておくよ、これは貴重なんだ…..というくだりがあります。メーターは、親友がつけたキズを価値ある思い出として大事にしています。真の友情をうまく表現していると思いました。
cars2.jpg
昨日、リングをクリーニングいしましょうと、お客様にお声をかけると「もう30年以上もつけてますから」っと外されたリング、それをよく見ると全体に傷が入り、うっすらと彫りの模様が見えました。もともとは全体に模様がエングレーブされていたリングのようです。以前なら、親切のつもりで、ここまで彫りが薄くなったら、さっとポリッシュして綺麗にしましょうか?というところですが、容易にポリッシュをおすすめする気になれませんでした。メーターのセリフのせいでしょうか。

自分の時計にも、思い出の旅行でついたキズがあります。
valuable_dent2.jpg

Pocket

スタイリストさんの目にかなった時計。

Pocket

masterchrono_bl.jpg
搭載ムーブメント、ジャガー・ルクルト製751A/1は、28,800振動、自動巻き、39石、パワーリザーブ65時間。クロノグラフスタートボタンを押した瞬間に滑りだすクロノ秒針の動き出しは、垂直クラッチ方式を実感する瞬間です。リセットの瞬間と合わせてこのタッチが、クロノグラフファンにはたまらない魅力です。ブラックダイヤルのクロノグラフどことなくミリタリー感があります。

「販売日誌」〜2015年8月
東京在住の方から、メールをいただきHPでご覧いただて、すぐにでも現物を見に行きたいところですが、いかんせん福井は遠いので、すぐには…ということでした。丁度、某アフターサービスの職人さんが近々退社するということで、お世話になったといこともあり、ご挨拶に上京を考えてたのでその旨お伝えしたところ、そういうことならと、ご指定の場所(銀座でした)に時計をお持ちするお約束をしました。時計の方はお気にいり頂き無事お取引が完了しました。
実は、この方のご職業が、スタイリストさんで、これがきっかで、ブログを拝見するようになったのですが、こうしたら、おしゃれになるというより自分のような(若くない)ものがファッションで失敗しないコツを教えていただけるのでとても参考になってます。そう失敗はしたくないのです。たとえば、休日のカジュアル路線の時は、カジュアルすぎないように気をつける、ガラものは難しいから避けたほうが無難、何かキレイ系をひとつ盛り込む、ホワイトジーンズを活用する(これは出来てないです)など….。
この方のファッションに対するセンス、買い物に対する考え方を拝見するうちに、このモデルにたどり着いた理由が分かった感じです。

Pocket

若気の至ということで…..お許しを。時計にあった二つのサイン。

Pocket

2011clock01.jpg
 昨日、ご年配のご夫婦が、写真の掛け時計をお持ちになれれて、ご主人様が、この時計の機械をいまの電池式のクォーツに変えることができますか?と言われた。
 お話をお伺いすると、年をとったから、踏み台にのってネジをかけるのが、おっくうになった。20年位前、修理をした時に、次回の修理の際は、機械を入れ替える方法もあると、私から聞いたことを思い出したからとのことでした。「….う〜20年前か..覚えていない…。言ったかもしれない^^;」
2011clock03.jpg
と心でつぶやきながら時計を見ると、ケースに色あせてはいるけど確かに中慶時計店の文字があるシール。祖父が販売したものか?がぜん、これはなんとかしなくては….、以前、そうは言ったかもしれませんが、これからもゼンマイを巻く手間はおかけしますが、なんとかこの機械を修理をさせて頂けませんかとお願いしました。
2011clock01.1.jpg
お二人が、お帰りになったあと、外装についた汚れをタオルで拭き取ると、なんと「祝 結婚 昭和三十二年三月八日」の文字。これが、ご夫婦そろってお持ちなったわけで、クォーツになったとしても外装をなんとか残したかったわけですね。また、そんな理由をぺらぺらお話になる世代ではないとお察しした時、若かったからと言え、簡単に、買い替え、機械交換をお勧めした自分が情けなくなりました。
2011clock04.jpg
幸い機械のほうは、洗浄して注油したら調子よく動いてくれました。ホッ。洗浄では、黒い砂粒のような金属の粉が、いっぱい流れでました。時間の垢落ですね。
2011clock05.jpg
 若気の至りとは言え、軽率だった自分に反省しつつ、申し訳なかったという気持ちを込めて木製ケースの裏面、表面に、自分のギターのお手入れ用に持っていたオレンジオイルを二種、塗らさせて頂きました。ケースの割れ防止にもなりますが、ゼンマイを巻くためにケースの上蓋を開いた時にする香りが、せめてものお詫びのしるしです。ゼンマイを巻く作業をいくらか楽しくしてくれるだろうという願いを込めて。機械オイルの香りとオレンジオイルの香りのミックスは、なんか癒される良い香りなんです。
2011clock07.jpg
今日の午後から、ケースに機械をセットして、ランニング中です。奥の接客ルームで、チックタックと奏でています。永遠に続く卓球のラリーの音にのようにも聞こえます。今まで50年以上、時を刻んで来た時計、これからもご夫婦とともに季節を刻み続けてくれるはずです。
 こんな顔の下にクォーツなんてありえない、そんなこと言い出す奴は何もわかっちゃいないと何処からか声が聞こえて来た気がします。

Pocket

販売後も心に残る時計たち:マスターホームタイム(2004〜2009)

Pocket

ms_hometime.jpg
マスターホームタイムは、2004年に発売されて生産終了の2009年まで、ベストセラーアイテムだったことは間違いありません。またデビュー当時は、同社の新たな展開を予感させるモデルでもありました。弊社のHPでもマスターホームタイムのクロコ仕様とブレス仕様は、定番でした。生産終了の案内を聞いて、ストックしたので、その後もHPには掲載することが出来ましたが、先日、最後のストックが嫁ぎ、今囘HPから姿を消すことになりこちらのコーナーでの登場になったわけです。

マスターホームタイムは薄くエレガントなマスターシリーズのイメージを、日常使いの現代的なイメージに変えたモデルだったと思います。シンプルなフェイスに実用的な機能をさらりと盛り込んだジャガールクルトらしさも持ちあわせていたモデルとしても心に残る時計です。シースルーバックから見えるムーブメントCal;975は、両もちのブリッジで見るからに頑丈そうで、このモデルで十分な精度を発揮して信頼を得て、現行ではレベルソスクアドラホームタイムに搭載されているCal977に継承されています。

Pocket

ハミルトン パルソマティック(ETA H1970)

Pocket

新作パルソマティックのSSブレス仕様が入荷しました。
自動巻きシステムで発電して蓄電して液晶表示するというユニークな新しいキャリバー(ETA H1970)を搭載しています。発電は、自動巻き時計と同じように、腕に装着した時の腕の動きによるローターの回転とリューズによる巻き上げで行います。フル充電で120日間のパワーリザーブ。実際の使用法としたら、パワーリザーブが12時間を切ると△のマークが点滅するので、それが出たらリューズを巻いて発電するといった感じになるでしょうか。
pulsomtic_ss.jpg
もともとが1970年に同社が発売したデジタルウオッチ「パルサー」の40周年記念というこで、パルサーのデザイン・テイストを継承しつつ、モダンにアレンジされており、結果程よく70年代しています。
デジタル時計と言えば、使えきれない機能が満載のものが普通になった昨今、このパルソマティックの機能はいたってシンプルで、時間表示の時と分、リューズの回転で日付け表示のみ。(時間表示は12時間と24時間は選択可能)これがいいですね。プッシュボタンとかはありません。
SOLD

Pocket

JLCマスタークラスセミナーに参加してきました。

Pocket

会場はリシュモン・カスタマーサービス。到着するやいなやカスタマーサービスフロアーの見学、日頃オーバーホールや修理を依頼また純正ストラップ等の注文などが処理されているところです。かなり広いスペース、ワンフロアーに効率よく各部署が配置されていました。実は、このフロアーは、諸事情で撮影禁止でした。で残念ながら画像はありません。ちなみに、このスペースには生体認証(瞳)でロックされてるようなところなんで見学できただけでも良かったかと。
その中でも印象に残った点をいくつか…、まず別注だという巨大な洗浄機、ムーブメントが外されたケース、ブレスが自動でそれぞれ異なる液体がはいた4つの槽で、洗浄されていました。(引っ越しの時は、分解して、壁を壊して輸送したそう)。
コンプリートサービスでは、ケースポリッシュが施されますが、ポリッシュ担当者から実演(マスターコントロールのベゼル部でした)を交えてポイントを説明頂きました。ベゼルをポリッシュするのに仮のガラスをセットするんですね。個体を回転させたり、なかなかの技を見せて頂きました。ちなみにポリシュはジュエリーのクラフトマンが担当しているということです。オーバーホールというとムーブメントの分解・注油・組み立てを思いつき、ポリッシュ等はオマケのような感じで思われがちですが、コンプリートサービスにおいて、洗浄、ポリッシュに費やされていている労力、時間は、大きいようです。
この広いフロアーの一角に置き時計アトモスのサービス専用ルームが設けてありました。そこでは一人の専属のクラフトマンが作業中、サービスが完了したアトモスは専用に作られた台でランニングされてました。全国から、歴史物のアトモスを含みここへ戻ってくるという感じです。
でこのあと第二部、いよいよトレーニングルームへ
jlc_master_class00.jpg
そこには、クラフトマンようのディスクと工具が一人に一台用意されてました。今までに二つのブランドでメカニカルセミナーを体験したことはありますが、ここまで準備されていたことはありませんでした。
jlc_master_class1.jpg
で机の上には、キャリバー875。8日巻きツインバレル・パワーリザーブインジゲーター、グランドディトこんなの分解・組み立て…..無理^^;。
そこまで無茶はなく今回は、パワリザーブ部と輪列部のみと聞いて..少しホッ。いや~それでも、緊張しますね。
jlc_master_class2.jpg
しかし…こんな状態になっちゃって、元に戻りますか!?
jlc_master_class3.jpg
ここまできたら、普段撮れない撮影をしておかねばとブログ魂マックス。
jlc_master_class4.jpg
この底面の穴は、組み立て完了した時にクラフトマンがテンプのチェックするために開けられたクラフトマン用の窓。通常はこの形のOリング挟んでフタがネジ留めされます。ここから地板に刻印された機械番号も確認できます。メンテナンスが考慮されたつくりです。
で、組み立てです。
jlc_master_class07.jpg
なんとか地板をセットしてもとの形に。ちなみにテンプの部分はこのモデルは、特殊な部分があり、素人では破損の可能性大なのでそこは、ゼンマイを巻きあげてパワリザーブの部品が作動したのを確認できたひとから、先生にお願いしてテンプをセットしてもらうという流れ。でさっきのクラフトマンようの窓から見える風景です。
jlc_master_class5.jpg
終了後は、立派なディプロマを頂きました。技術習得というより体験といった感じだったのでこんなのいただいて良いのかなって感じなのですが、これはこれで嬉しいモンですね^^;。
最後に案内された、社員食堂の窓から見えた建設途中の東京スカイツリーがなんとなく疲れを癒してくれました。
jlc_master_class06.jpg

Pocket