この秋発売予定のルイエラールの各178本の限定モデル。

Pocket

アランシルベスタイン ルイエラール限定モデル

 動向が気になっていたファンの方も多いのではないでしょうか、アランシルベスタインが、ルイエラールのエクセレンスレギュレターをデザインしたモデルが登場します!手巻き、レギュレターというキャンパスは、アランシルベスタインがデザインを描くうえで、絶好の場だったかもしれません。センターの大きな分針は、アランシルベスタインの往年の人気モデル、ピクトを彷彿します。スモールセコンド(秒針)は、おなじみのウネウネ針、9時位置のパワーザーブインジゲーターの小さい針も可愛いですね。世界限定数が各178本と少なく国内入荷数も限られているので、予約完売が予想されます。ご興味ある方はお問い合わせください。

ケース径40mm/ ムーブメント機械式手巻きETA7001ベース/風防サファイアクリスタル(両面無反射コーティング)/5気圧防水/ステンレススチール(NS62はブラックPVD)パワーリザーブインジゲーター付きレギュレター
(左)LE54230AS61BVA08  ¥385,000+税
(右)LE54230NS62BVA09 ¥395,000+税 
 各178本の世界限定  2019年秋(11月末発売予定

お問い合わせはこちら

スイス生まれの時計デザイナーEric Giroud(エリックジロー)が’デザインしたエクセレンスレギュレター自動巻きモデルが3種類、各178本づつ発売されます。エリックジローは、バシュロンコンスタンタン、MB&F,ハリーウインストン……で、多くの人気モデルを手掛けています。時計メーカーは、時計を世に出す時にそのデザインをデザイナーに委ねます。なので、違ったブランドの時計でも、デザイナーが同じだったりすることもありますね。彼のHPに自身が手掛けデザインの一部が紹介されています。興味深いです。→こちら

ケース径42mm/ ムーブメント機械式自動巻きSW200+デュボワデプラス社製モジュール/風防サファイアクリスタル(両面無反射コーティング)/5気圧防水/ステンレススチール(NN22はブラックPVD)ディト、パワーリザーブインジゲーター付きレギュレター
左)LE86236AA21BVD21 ¥365,000+税
中)LE86236AA25BDC55 ¥365,000+税
右)LE86236AA22BDCN51 ¥385,000+税
各178本の世界限定 2019年11月末発売予定

お問い合わせはこちら
Pocket

手巻きムーブメントが搭載されたハミルトン ボルトン メカ。Hamilton Boulton Mechanical H13519711

Pocket

ハミルトン ボルトンメカ H13519711

 ボルトンの歴史は1940年に遡るようです。もともとハミルトンのはアメリカ発祥のメーカー(現在はスイス製)なので、アメリカンクラッシックというカテゴリーがあり、そのルーツ的なモデルが、ラインナップされています。ボルトンもその1つ。他には、アードモアとか、今は、独立したカテゴリーのベンチュラなんかもそうだったですし、パイピングロック(現在は廃盤)なんかもありましたね。その歴史の中で、歴代モデルたちは、復活、時には限定モデルだっり、コレクターを楽しませてくれました。

  今回のボルトンは、最近のハミルトンではおなじみの、パワーリザーブ80時間の手巻き式キャリバー H-50が搭載されています。モデル名はボルトン・メカ、またケースサイズが34,5mm x 38mmと既存のボルトンのメンズよりも大きくなっています。ちなみに現在の3つのボルトンです。

3サイズのハミルトン ボルトン。
ハミルトン アメリカンシリーズのBOULTON ボルトン
H13519711着装例

 ボルトンメカ H13519711は、クォーツモデルのスモールセコンドに対して、センターセコンドになっています。搭載ムーブH-50の関係でこうなっているんでしょうが、結果的にセンターセコンドのほうが、このサイズには、バランスが良かったと思います。また針色がブルー(写真では分かりづらいですが、)で白文字盤とのコントラストが上品な仕上がりを見せています。機械式ならではの秒針の動きもこちらのビックセコンドのほうが楽しめますね。
ハミルトン ボルトンメカ H13519711

秒針の動きは、動画で…

Pocket

ダイヤルの質感を高めたカーキパイロットパイオニアクロノクォーツ。

Pocket

ハミルトンカーキアビエーション パイロットパイオニアクロノクォーツ

 クォーツクロノキャリバーG10.211を搭載する1970年代のパイロットウオッチモチーフのカーキパイロットパイオニアのニューバージョンです。
左)H76522931 NATO グレーテキスタイルストララップ仕様
中)H76522131 ステンレススチールブレス仕様
右)H76522531 NATOブラウンカーフストラップ仕様
の3つのバリエーションがあります。ベルト幅は22mm。ブレスからストラップ、ストラップからブレスと交換可能です。

ハミルトンカーキパイロットパイオニアクロノクォーツ

 クラシカルな斜体のロゴ、インデックスと針にビンテージ感のあるオレンジ色の夜光塗料、アビエーションスタイルのアラビックナンバー、ブラックダイヤルは梨地仕上げで質感を高めています。

ハミルトンカーキパイロットパイオニアクロノクォーツ着装

ケースサイズは41mm,、リュースガードをなだらかに処理したアシンメトリックな独特のケース形状は。前モデルと同じです。6時位置が、永久秒針(時計の秒針)、9・10時位置のスモールセコンドがクロノ30分計です。

 クォーツクロノのムーブメントは、キャリバーにやり方はいろいろですが、クロノ針の0位置を任意で調整することが出来ます。よく電池交換で時計をお預かりすると0位置がぞれていることがあります。リューズを引いた状態で誤ってクロノのいづれかのボタンを押したか、何かの誤動作の可能性がありますが、ほとんどの場合簡単に調整可能です。この機能を利用して、カウントダウンに使ったりもできます。(ちょっと遊べますね。)この点が機械式クロノとだいぶ違うところですね。ちなみにこのハミルトン パイロット パイオニア クロノクォーツに搭載されているCal;G10.211は、リューズを一段引いた状態でリセットボタンを押すことで、クロノ秒針の0位置が調整で来ます。動画の後半でやり方を紹介しています。ご興味のある方は、御覧ください。

Pocket

マニアックにディテールに拘ったハミルトンカーキパイロットパイオニア メカ。

Pocket

左:NATOグレーナイロンストラップ仕様 H76419931 右:NATOブラウンレザーストラップ仕様 H76419531

今年の新作の中で特に気になっていたモデルが入荷しました。機械式手巻きキャリバーH-50パワーリザーブ80時間を搭載する、英国空軍の復刻モデル カーキパイロットパイオニア メカです。
NATOストラップ仕様で、グレーのナイロン(H76419931)、ブラウンカーフレザー(H76419531)の2パターン、ヘッド、時計部は同じです。ナイロンかレザーお好みが分かれるところかもしれませんが、ストラップはパーツとして発売されるので、後々どちらでも楽しむことが可能です。

カーキパイロットパイオニアメカH76419931

ケースサイズ36×33 mmちょっと小振りな感じが、ここに復刻の拘りを感じさせます。同じ手巻きキャリバー搭載のカーキフィールドメカのNATOストラップは幅20mmに対してこちらは18mmとなっています。H76419931はグレーダイヤルにグレーナイロンストラップ、フライトジャケットなんかバッチリな感じですが、普通にカジュアルに合わせてもお洒落なアイテムですね。

ハミルトン カーキパイロットパイオニアメカH76419531

ダイヤルは、細かな凸凹がある感じ(何仕上げっていうんでしょうか?)重厚というかヴィンテージ感があります。経年劣化感を演出したオレンジの夜光塗料もいい感じです。H76419531はブラウンNATOレザーストラップ仕様、こちらのコントラストも良いですね。

 機械式手巻きでこのサイズ感、全然チャラくない渋い復刻モデルです。
カーキパイロットパイオニアメカニカル詳細はこちら

Pocket

裏面カウチックラバー仕様になりました。カーフトリコストラップ。

Pocket

アランシルベスタインにマッチするストラップ、カウチックラバー仕様、水滴。

オリジナルが廃盤になったので弊社で製作しているカーフトリコローリーストラップ です。20MM(19)サイズが出来上がりました。今回は耐久性を考慮して裏面に汗、水に強い裏面カウチックラバー仕様にしました。
オリジナルバックルをお持ちの方は、オリジナルバックル(貴重です)が使えます。ピンバックル、フォルディングバックル2種類とのセットもご用意しています。(※セットのバックルは、オリジナルではありません。代用になります。)

アランシルベスタインカーフトリコローリーストラップ

今回も無事綺麗に出来上がりました。
詳細、ご注文はこちらから

20MM(19)サイズ、クロノB(バウハウス)、クロノC、ロンド、ベーシック、ペイブ、ル・レベイユ……ラグ幅20(19)mmサイズに装着可能です。22MMサイズ、17MMサイズはオーダー品になります。また手首サイズに合わせたロングサイズ、ショートサイズもお作りできます。お気軽にご相談ください。

アランシルベスタイン用カーフトリコローリーストラップ
カーフトリコストラップお問い合わせはこちら
Pocket

個性あふれる世界限定モデル、ベンチュラスケルトン。H24595331

Pocket

ハミルトン ベンチュラ スケルトン 限定モデル H24595331

ハミルトン ベンチュラスケルトン世界限定999本。Hamilton Ventura Skeleton H24595331
ケース素材 :ステンレススチール ブラックPVD
風防 :サファイアクリスタル
ムーブメント :自動巻きCaliber :H-10-S パワーリザーブ80時間
ケースサイズ :42,5mm x 44,6mm
防水性 :5気圧防水

商品詳細はこちら→https://www.chukei1928.co.jp/watch/13775

ハミルトンのアイコン的存在のベンチュラには、オリジナルケースサイズを継承するライン、こちらはメンズとレディースの2サイズがあります。いわゆるベンチュラですね。もう一方、エルヴィス80とネーミングされたベンチュラを現代的にアレンジしたシリーズがあります。今回の限定モデルは、後者エルヴィス80をベースとしたブラックPVD、スケルトン仕様のモデルです。ラバーベルトを合わせてモダンと言うか近未来的な感じもする精悍なモデルです。
ハミルトンのサイトでは、”映画『スパイダーマン:ホームカミング』に登場する、アイアンマンをモチーフにしたモデル。”とありました。

モダンな造形美とクラシカルな機械式ムーブメントの動きの調和が魅力的な限定品。

ハミルトン ベンチュラ スケルトン リミテッド・エディション H24595331

デザインされたインデックスは蜘蛛の巣のようにも見えますが、ハミルトンのサイトによると映画産業へのオマージュとしてフィルムをモチーフにしたデザインだとか……機械式自体クラシカルなものなので、このモダンなデザインにスケルトンという表現方法を取り入れるという発想自体ユニークなものです。実は、エルヴィス80にすでにダイヤルにスリットが入ったスケルトンモデルがありますが、そちらはどちらかというとモダンさによったスケルトンという感じで、ホワイトを基調にしたユニセックス感があるクールな仕上がりをみせていましたが、”スケルトン”という意味では今回の限定モデルのほうが、より一歩踏み込んだ感じがして、よりハイエンド、より完成された感じがします。

ハミルトン ベンチュラスケルトン世界限定999本。H24595331ケースバック。

ケースバックはケース形状に合わせた3角形の大きなグラスバックがベンチュラの形に拘った感じ、ムーブメントを見せるだけなら、丸い窓でも良いんでしょうが、それだとはちょっと寂しいですね。こちらのほうが限定モデルらしくて嬉しいですね。

自動巻きモデルですが、カーベックスタイプになっていて、ラバーストラップのフィット感もあり装着感は良好です。

個性あふれるモダンな美しい造形美とクラシカルな機械式ムーブメンとの動きの融合を動画で御覧ください。

お問い合わせはこちら
Pocket

アランシルベスタイン K.M.T1988の電池交換。

Pocket

アランシルベスタインK.M.T1988電池交換します。

アランシルベスタインは1987年にデビューした腕時計のクリエーターです。現在は時計を作っていませんが、2011年頃まで毎年、時計好きのツボを押さえたアイデアと独創的なデザインでユニークな時計を限定発売して多くの時計ファンを魅了しました。彼の作品は殆どが機械式ですが、初期の頃にクォーツムーブメントのモデルを何アイテムか発売しています。
 先日、電池交換でお預かりしたK.M.Tはそのひとつで、デビューの翌年1988年に500個作られたモデルです。
 後にブランドのアイデンティティとして確立される黄色いウネウネ秒針、3色の針、三角のリューズ…などが、既にこのモデルにも見られます。

アランシルベスタインK.M.T1988
見やすいGMT機能

久しぶりにダイヤルを良く見てみると、分刻みの丸いドッド、5分おきの小さい赤いドッドが可愛いですね。洒落ているだけではなく、24時間計をナイトアンドディダイヤル(ブラックとホワイト)、通常の時間をその外周にして、GMT機能時計として実用性が高く、見やすいデザインになっています。

K.M.Tのケースバックは機械の見えないグラスバック。

裏側を見てみると、ケースバックは、グラスバックですが、ムーブメントとの間にもう一枚裏蓋があリます。2重の裏蓋になっているのです。中間の裏蓋がなければシースルーバックでムーブメントが見えますが、クォーツなので皮肉をこめて見えても意味ないよというユーモア?というのは考えすぎでしょうか(笑)金属の裏蓋は、ピカピカにポリッシュされていて、しかもガラスで保護されているので傷がつくことはなく、ちょっとした手鏡に使うことも出来ます。

K.M.Tのムーブメント

2つの裏蓋を開けてようやくムーブメント (ETA555-412)に到達。

裏蓋にFrench Case

裏蓋の裏には小さくFrench Caseとありました。そういえば2000年頃?からコストダウンのためにケースをmade in chinaにしたメーカーも多くなったようですが、彼は最後まで、それを拒否していたようです。
アランシルベスタインは現在、自分のブランドとしての活動はしていないようですが、彼の過去の仕事を愛したファンの方々の中には、ブランドの復活を望んでいる方も少なくないようです。ただ、妥協した安易なコラボレーション的な復活ならきっと受け入れないでしょうね。

K.M.Tの電池交換

液漏れに強く、低温性能に優れたゴールドコーティング電池を入れて動き出したK.M.T。次の交換まで頑張ってください。よろしくね。

Pocket