W 時計関連その他」カテゴリーアーカイブ

19MMサイズ以外もオーダー承ります(ご予約品)

Pocket

アランシルベスタイン用カーフトリコロールストラップ

メーカーからの供給がなくなってから国内工房でお作りしてるタイプ アランシルベスタインカーフトリコストラップです。アランシルベスタインのラインアップでは、19mm幅がもっとも多いので(クロノC、クロノB、ベーシック、スマイルディ…….など)19mm幅を定番として作っていますが、他のサイズ幅でもオーダー可能です。出来上がりは、工房の込具合にもよりますが、1.5〜2ヶ月ぐらいです。写真は、ご注文頂いて出来上がった22mmサイズです。
手首サイズ等に合わせた長さの指定も可能です。お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
Pocket

ベンチュラの電池交換とネジ穴の”みてくれ”のようなもの。

Pocket

ベンチュラのメンズサイズモデルの電池交換です。

3つのネジで裏蓋が留められています。裏蓋の形状が三角なので3つなんですね。この3つのネジを外せば、裏蓋が外れます。時計の裏蓋の固定方式には、何種類かありそれによって、使用する工具が異なります。今回のようなネジの場合は、もちろんドライバーですね。ネジが固着していなければ簡単です。

ベンチュラの裏蓋を留めるネジの大きさは、時計の部品サイズとしては、中〜大きめです。なので今回は1.6mmサイズのドライバーを使いました。
 ちなみに、ネジにはマイナスとプラスがありますが、時計に使用されるネジは、ほぼマイナスです。

ちょっと脱線します。ネジの頭マイナスとプラスを意識するようになったきっかけ。

その1

随分前になりますが、初めてGショックの裏蓋を開ける時、大きめのプラスネジだったので、合うドラバーが手元になかったことを覚えています。もちろん今もGショックの裏蓋ははプラスネジで留っていますが、これは時計業界に伝統のマイナスネジをあえて使わないことで、今までの時計の既成概念を打ち砕いてやろうという気持ちから当時の開発者があえてプラスネジを使ったんだと思います。ただ、これは自分のロマンチック寄りの憶測で、意外とこのサイズだと工業製品ではプラスが普通だったから…かもしれません。真相はわかりません。

その2

以前、アンティーク時計愛好家で、インテリアにも造詣が深い方が、お気に入りのアンティークのドアを部屋に取り付けるけど、マイナスネジが無く困ってます、どこか販売してるところ知りませんか?と聞かれたことがありました。最初は意味がわからなかったのですが、よくよくお聞きするとプラスネジはマイナスより歴史が浅いので、そのドアと蝶板の年代からしてそれを留めるネジは、マイナスでないと時代の統合性がとれないということのようだったようです。この時から、ネジの機能以外の何かみてくれの大事さのようなものを気にするようになりました。
 時計に使われているネジ、特にシースルーバックから見えるムーブメントに使用されているものは、サイズ的にとても小さいものになりそれが理由でマイナスなのかもしれませんが、もしそこにプラスネジが見えたら自分は違和感を感じます。時計のブレスの調整コマがネジで留っている場合、見えるネジの頭は、そこそこのサイズでもマイナスですね。

ちなみに、上の写真は、自分が気に入っているメガネなんすでが、この時々締めるプラスネジが自分的には、唯一残念なところで、ここがマイナスだったらなぁと思いつつも愛用しています。

閑話休題、使用電池は395・SR927SW。

裏蓋を開けるといきなり電池(RENAT395)が見えています。実は、同じクォーツのベンチュラは製造年代によってムーブメント、それをを固定している白い樹脂の形状が異なります。ものによっては、樹脂のパーツを固定しているネジがありそれを外さないと電池が外れないものもあります。なのでご自分で電池交換をやられる方は、この通りでない可能性もありますのでご了承のほど。今回の個体は、電池が簡単に外れるタイプでした。

交換が完了すれば、圧が均等にかかるよう左手で裏蓋をしっかり抑えて、3つのネジを少しづつ順番に何回かにわけ締めて完了です。

以上、意外と簡単なベンチュラの電池交換とネジ穴の”みてくれ”のとりとめのない話でした。

Pocket

アランシルベスタインK.M.T(1988)の電池交換とベルト交換。

Pocket

アランシルベスタインのK.M.Tの電池交換とベルト交換のご依頼を承りました。

K.M.T1988

お預かりしたK.M.Tは、なんとオリジナルのストラップが付いていました。ピンバックルもオリジナルでした。K.M.Tは、シルバーのケースですが、ブラックのピンバックルが付いています。普通は、ケースカラーにバックルの色を合わせることが多いですが、この頃のアランのモデルは、ケースの色に関係なくブラックのストラップにはブラックのピンバックル、ブラウンのストラップにはシルバーのピンバックルになっていました。ちなみにアランシルベスタインは1987年の1作目から、既にブラックPVDケースのモデルが存在していました。ブラックPVDがちょっとしたブームになったのはその何年も後だったですね。

 こうやって見てみるとSSケースにブラックのストラップの時、ブラックのバックルもありかなぁと思います。

K.M.T1988 ロゴが刻印されたオリジナルストラップ

2パターンあったロゴ。

K.M.Tは、アランシルベスタイン デビュー2年目の1988のモデル。この頃(1987〜1989)の各モデルのダイヤルをみると、活字体のロゴと筆記体のロゴ両方が使い分けされています。これも1990年頃には馴染みの深い筆記体に統一されたようです。このK.M.Tを見てみるとダイヤルには活字体、ストラップには筆記体と両方があり、今となっては興味深いですね。デビュー2年目でブランドアイディンティティ構築の過渡期を思わせます。このロゴ入りストラップは今は、入手困難なので、こちらはコレクションにしてストラップを交換して時計を使用するというオーナー様の考えはうなずけます。

まずは電池交換から

K.M.T2重の裏蓋

以前のブログでも別の個体のK.M.Tの電池交換の記事を書きましたが、裏蓋は2重になっています。今回も耐漏液性、機器動作が安定性が高いといわれる金コーティング電池を使用しました。

K.M.T1988フェイス

24時間針ようのダイヤルは6時から18時の上半分が白、18時から6時の下半分をブラックとナイト&ディの色分けは、後々もお約束になりました。針の色や形三角のリューズシンプルな直線と曲線だけで構成されたケース、棒状のラグこれらのコンビネーションがアランシルベスタインというブランドを確立した要因の一つだと思います。

ストラップ交換。

カーブドさせたバネ棒で装着

 K.M.Tのケースには、ベルトのあたる部分のくぼみがなくバネ棒をカーブドさせて装着していました。取替にあたり新たにカーブドさせたバネ棒でトリコロールカラーのストラップを装着します。
後に、ケースのベルトの当たる部分にくぼみをつける変更があり、ストレートなバネ棒でも装着できるようになりました。

くぼみのあるケースはストレートなバネ棒で装着。
クロノC(1994)のケースにあるくぼみ

上画像は、1994年クロノCですが、このようにケースにくぼみのあるモデルは、ストレートなバネ棒で装着出来ます。
 デザイン上ベストなラグの長さを追求、ケースとベルトの隙間を嫌った結果の試行錯誤だったと思われます。

こんな感じになりました。

K.M.TにTypeアラン カーフストラップを装着。

K.M.Tが発売された1988年には、まだカーフトリコローリーストラップは存在していませんでしたが、装着してみると良く似合っていると思いました。オナー様も気に入っていただけたようでした。

アランシルベスタイン用カーフトリコロールストラップ Typeアラン

Pocket

馴染み感最高!アメリカ「HORWEEN(ホーウィン)社」のカーフレザーを使用したストラップ。

Pocket

howeenレザーのストラップ

 ノモスの純正のシェルコードバンでおなじみのアメリカのタンナー(革メーカー)「HORWEEN(ホーウィン)社」のカーフレザーを両面に使用したストラップです。
特徴は、なんといっても腕に巻いた時の馴染み感です。

メリット1;最高の馴染み感の高級カーフがこの価格。

価格:¥5,500(税込)
幅:時計側18mm 尾錠側16mm
長さ:6時側115mm 12時側75mm
厚さ:3.8mm
装着モデル:ラグ幅18mmのモデル。

ほどよいしなやかさ、裏面にHORWEENのロゴがあります。
18mmをノモスのタンジェントに装着してみました。

howeenレザーのストラップ 時計に装着

メリット2;手首サイズの許容範囲が広い(手首の細い方にもおすすめ)

プレーンなデインなので、シンプルフェイスによく似合います。装着例にノモスを使用したのは、HORWEEN(ホーウィン)社つながりもありますが、このストラップの18-16mmサイズは手首サイズの許容範囲がノモスの純正より広いことがあります。

ノモスの純正のレギュラーサイズより6時側が3mm短く、ピンバックルのピンが入る穴が多く空いています。ノモス純正ストラップでレギュラーサイズに穴あけ加工した方やSサイズを使用してる方でも大丈夫です。

メリット3;只今(1本から)送料無料キャンペーン中!
ご注文はこちら

18mm ホーウィンレザー使用カーフストラップ
◯(ブラック)税・送料込み¥5,500- ご注文
◯(ライトブラウン)税・送料込み¥5,500-ご注文

Pocket

アランシルベスタインにマストなストラップ。

Pocket

アランシルベスタインのモデルにマストなストラップカーフトリコローリです。すでにメーカーからの供給がストップしているので、ご愛用の方々のご要望もあり、国内ストラップ工房で定期的に製作しているアイティムです。しばらく欠品していましたが、出来上がりました。

アランシルベスタインようカーフトリコストラップ

このデザインのストラップがアランシルベスタインのコレクションで、最初にデフォルトで装着されたのは1995年レマニア5100を搭載したKRONO BAUHAUSでした。当時(初めて見た時)は、すごいインパクトがありました。その後1996年のHEBDO2、1997年にはLE PERPETUEL ANNNIVERSARY(素材はアリゲーター)、KRONO SAPHIR (同じくアリゲーター)とスペシャルなモデルにこのトリコロールカラーストラップが採用され、アランシルベスタインファンの方は一度は試したくなるストラップ、またKRONO BAUHAUSのロングヒットでシリーズが継続しとこともありアランシルベスタインにはマストなストラップになりました。

クロノCのラグ幅計測、19mmです。アランのデザインはやっぱりこのロゴで成立ですね。

定番で製作しているのは、ラグ幅19mmようでこのサイズがアランシルベスタインのコレクションでは一番多いサイズです。ボドニー、へブドー、サイクロープ、クロノマリン、クロノR,クロノB,クロノC,クラブ、ル・レベイユ、ロンド、ペイブ、ピクト、ベーシックなど….が、装着可能です。
19mm以外のサイズ、ショート、ロングサイズ等も別作で承れます。お気軽にご相談、お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

在庫状況のご確認、ご注文はこちら
https://www.chukei1928.co.jp/watch-brand/type-alain

Pocket

シチズン AC2200-55Eをもっとおしゃれに。

Pocket

CITIZEN AC2200-55Eのベルトを変えてみた。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換

今年シチズンから発売された視覚障害者対応時計AC2200-55E、これメーカーもしばらく欠品中でした。担当者さんの話では、予想以外の受注があり生産が追いついていませんとのことでした。待つこと約3ヶ月、ようやく入荷しました。入荷してフリー分がでたら自分でも買おうと思っていました。デフォルトのメッシュタイプの金属ブレスも良く似合ってますが、自分なりにおすすめ交換ストラップをチョイスしてみました。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換モレラート、他

今回のチョイスは、この3点、モレラートのアベーテ(¥3,300)のゴールドブラウンとグレー、カシスのナトーLX(¥4,400)のグレー。シチズンACC2200は、ラグ幅18mmで、既存のストラップも種類が豊富です。風防部が開閉するのでつけ元が、一見特殊に見えますが、通常の厚みであれば普通に装着可能です。ちなみにモレラートアベーテは厚さ3.5mm。ナトーXLは厚さ2.5mm.

まずは、ナトーXLのグレー。アラビア数字のライトグリーンがアクセントになってます。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換 ナトータイプグレー
CASSIC NATO LX GREY(¥4,400)

ACC2200-55Eはリボンタイプのストラップも装着可能です。カシスのナトーLXは、厚さ2.5mm、ポリアミド素材をを使用して通常のナトータイプよりしなやかでツヤがあり高級感があるので、ナトータイプのベルトでミリタリー感を少し押さえ気味にカジュアル〜スポーツ感を演出できるアイテムです。カラーも豊富ですが、自分はグレーの一択でした。

ブラウンとグレーのレザーストラップでシックに。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換 モレーラート レザーストラップ ブラウン
MORELLATO ABETE GOLD BROWN(¥3,300)を合わせてみました。

モレラートのアベーテはイタリアの大学のもとで共同開発された合成皮革を使用したストラップです。(※革のなめしに使用する薬剤の工業排水が環境汚染の原因の一つなることがあるようです。)アレルギーが出にくいという人にやしいメリットも持ち合わせたストラップです。言われないと合成皮革とわからないマットな質感、適度が厚みがよく似合いました。アベーテは4種類のカラーがありますが、ゴールドブラウンとグレーを合わせてみました。

シチズン視覚障害者対応時計アッ220-55Eのストラップ交換 モレラート アベーテ グレー
MORELLATO ABETE GOLD GREY(¥3,300)を合わせてみました。

本来、視覚障害者対応時計ですが、シチズンのコンセプトが視覚障害者と健常者という区別なく、誰もが利用できる時計ということもあり、個人的にもおしゃなモデルに仕上がっていると思います。
発売時のシチズンのオフィシャルイメージはこんなでした。

シチズンAC2200-55E

Pocket

カーフトリコストラップ「定番モデル」、が出来上がりました。

Pocket

アランシルベスタインように、製作しているカーフトリコローリストラップ、しばらく欠品していましたが出来上がってきました。

アランシルベスタインようカーフトリコロールカラーストラップ。

 定番で製作しているのは、クロノC、クロノB、ロンド、ペイブ、ベーシック、ピクト,クラブ、ル・レベイユ……などラグ幅20MM(カタログ上)として発売されていたモデル用です、これらは実測するとラグ幅は19mmなので19mmで製作しています。他のモデルで22mm、17mmもありますが、こちらは、オーダー品になります。お希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

12時側:75mm、6時側:115mmです。このレギュラーサイズの装着範囲は、手首周り14.5~18cmです。手首周りサイズ14cm以下の方、19cm以上の方はオーダ品になります。こちらもお気軽にお問い合わせください。

オリジナルのバックルをお持ちの方は、それをお使いいただけます。その場合ストラップのみバックルなしの Type-AS01(写真 下)です。当初は「ストラップのみ」だけを販売していましたが、装着できるバックルのご要望があったのでプレーンなタイプのピンバックルとフォルディングバックルのセットをご用意しました。ピンバックル(尾錠)付きでご希望の方はType-AS02(写真 中)、フォルディングバックル付きでご希望方はType-AS04(写真 上)をお選びいただけます。

アランシルベスタインようカーフトリコロールカラーストラップ、ステッチカラー。

ステッチは、オリジナルをお手本に6時側ブルーカーフにはブルー、12時側レッドカーフにはレッド、遊革イエローカーフにはホワイトにしています。実は、オリジナルである時期、すべてのステッチがホワイトの時がありました、オーダー品になりますが、ステッチカラーはご希望で変更可能です。なので、オールホワイトステッチもオーダー承ります。お気軽にお問い合わせください。

アランシルベスタインようカーフトリコロールカラーストラップ。裏カウチックラバー仕様

裏面の素材は、汗に強いカウチックラバーにしています。オリジナルには、これはなかったんですが、現在、耐久性を考慮してこちらを定番にしています。

お問い合わせはこちら
Pocket