カテゴリー別アーカイブ: 時計〜その他のブランド

小さなオーケストリオン!?愛知時計14日巻きウエストミンスター。(1970’s)

Pocket

愛知時計14日巻ウエストミンスター

 先日、連休前、久しぶりにチャイムの音を聴いてみたくなったからと、メンテナンスでお預かりした愛知時計14日巻、ウエストミンスター。記念品のよ贈答品だったようで裏蓋に連名の文字入れがあり、昭和47年とありました。これから機械式の置時計がトランジスター、そしてクォーツへと変わり始める時期、機械式の最終段階機種です。今では見ることがほとんどないこの独特のスタイルですが、私が、小学生の頃お店で良く見た記憶があります。

愛知時計ウエストミンスター裏チャイム部

 裏蓋を開けると下の方にチャイム部、長いリン棒が4本セットされています、独特の飛行機の翼のようなこの時計のスタイルは、このリン棒を収納して共鳴させる箱の役割になっています。なので、大きさの割にチャイムや数打ちの音が大きく響くんですね。ボディが木製ということで、ある意味、楽器のようで、時間の経過と共に木が乾き音も変わっていき、どんどん良く鳴るんだと思います。

 現在のチャイム付きのクロックは、高級機種になっても、電子音がスピーカーから流れる音なんです。澄んだ綺麗な音で、ボリュームも付き、それはそれで便利ですが、実際にリン棒を鳴らして箱を鳴らすサウンドは別物です。機械が実際にリン棒を叩く様子を見て、ギタリストのパット・メセニーが2010年に試みたオーケストリオンプロジェクトを思い出しました。機械式のチャイム付き時計は、小さなオーケストリオンのようです。一番下に、この時計のチャイムとパット・メセニーのオケーストリオンの動画を貼っておきました。ご興味があれば御覧ください。

愛知時計ウエストミンスター機械部

 チャイムは定番のウエストミンスター、15分、30分、45分、正時と15分毎に鳴ります。15分は1小節、30分は2小節、40分に3小節、正時にチャイムのフル演奏後、数打ちをします。しかも夜間自動停止装置がついていてPM11:00からAM6時まではチャイムは演奏せずに正時に数打ちのみをします。
この複雑な鳴り方をコントロールするのが文字盤の下にある面白い形のカムたちです。機械を取り出すと見ることが出来ます。(上の写真)

愛知時計ウエストミンスターチャイムの4つのカム」

機械の一番下にあるウエストミンスターチャイムのメロディーをつくるカム。

愛知時計ウエストミンスター緩急針

機械式腕時計のムーブメントと同じ緩急針がついていました。機械式の置時計もこの頃には、ここまで来ていたんですね。

12時のチャイムと数打ちです。

 

スピーカーからではなく、実際に楽器を鳴らすというサウンドにこだわったユニークなパットメセニーのプロジェクト、愛知時計はたった4つの音のみで、こちらは壮大なスケールでの演奏で、音楽的には違うかもしれませんが、何か、似たような香りを感じた次第です。

Pocket

1964年製 ブローバー アキュートロン1964スペースビュー。

Pocket

ブローバ アキュートロン1964スペースビュー手持ち

 機械式時計が全盛期であった1960年代、電池で動き、デザインもぶっ飛んでいたエポックメイキングな時計がありました。ブローバ社のアキュートロンスペースビューです。生産終了後もコレクターズアイテムとしてマニアに人気のモデルです。

 画像のスペースビューは、1995年にブローバの工場で保管されていた1964年製造のアキュートロン スペースビューが国内に入荷したうちの1本。未使用品です。入荷以来、保管してたまに作動させてコンディションチェックしていました。

「1960年に誕生した音叉運動による電気時計アキュートロン…」
 1950年代初頭スイスの物理学者でニューシャンテル時計研究所のマックス・ヘルツがブローバ社から電気式時計の開発の依頼を受け、1953年に高速振動の音叉運動で時間制御・運針動力を持つクロックの開発に成功、開発を続け1960年に小型化に成功して腕時計ACCUTRON/アキュートロンを発表。アキュートロンは、1秒間に10振動が限界だった時代に1秒間に360振動を持ち高精度を達成しました。当時、電池で動く時計は電磁テンプ式のものもありましたが、精度面では、アキュートロンにはかなわなかったようです。とは言え、1969年に発表されたクォーツ式が出回り始めるとアキュートロンは市場から姿を消しました。

アキュートロンの中でも文字盤を持たず、ムーブメントをシースルーにしたスペースビューは、その個性的すぎるデザインから生産終了後も、コレクターズアイテム的な存在です。

時計の素材や作りはまさに60年代(あたりまえですが)シースルーにしたアイディアと風防のプリントなど、今見てもクールです。当時は近未来的だった部品も今見ると遠い懐かしさを感じさせる、失われたもの..哀愁させ感じます。

当時は水銀ボタン電池を使用していましたが、現在は現行のボタン電池に専用のアダプタ(プラスチックのわっか)をはめ込んで使用することが出来ます。リューズがないこの時計の時間調整方と電池交換は下の動画の後半にあります。

ブローバーアキュートロン1964 スペースビュー(オリジナルBOX,取説付き)はこちら

Pocket

サントノーレ ルーテシア 日本限定モデル 発売記念キャンペーン。

Pocket


サントノーレ キャンペーン

期間中、サントノーレ ルーテシア チェリーブロッサム エディション(日本限定100本)定価¥98,000+税 ご成約の方に、純正ストラップ、ホワイト、パープル、オレンジの中から、お好みのカラー1本をプレゼント
(2018年3月31日まで)

ケース:ステンレススチール(PGP)、ケース径35MM, ベゼル:エクレア仕上げ
文字盤:マザー・オブ・パールM.O.P, 1 ポイントダイヤ
ストラップ:チェリーブロッサムカラーレザーストラップ(アビエ式)
日本限定100本  

この商品に関するお問い合わせ

Pocket

持ち運びに便利、2本収納ケース、トラベラー2。

Pocket

トラベルケース2 2色

旅行、出張の際に、腕時計を携帯するのに便利なウォッチ専用ケースです。
カラーバリエーションは、ダークブラウン(左)とブラック(右)の2色です。
各¥4,500+税

ウオッチケース トラベラー2

本体サイズ:177×83×57(mm)
時計収納部:長さ/143・深さ/15・円部直径/56(mm)

シンセティックレザー(合成レザー)で、取り扱いやすく、ステッチがデザインのアクセントになっています。

トラベルケース2内径

内径が56mmあるので大型も余裕で収納します。大は小を兼ねるですね。クッション材もたっぷり使われています。

トラベルケース2 実装

2本収納時はこんな感じです。

詳細・ご注文はこちら

Pocket

SEIKO KS474M 防塵掛け時計 機能から生まれたインテリア性。

Pocket

セイコークロックKS474MセイコークロックKS474M 下から

 

セイコーのクロック、KS474Mです。壁から飛び出した感じ、カラーのコントラスト大好きなクロックです。8年前にこのブログでバスクロックとしてご紹介した時もロングセラーですとお伝えしましたが、今も現行中です。おそらくセイコーで一番のロングセラーではないでしょうか。

機能から生まれたデザインがとなんともお洒落な時計だと思っています。

国産のクロックは、電波受信、センサーによって暗いときに秒針停止、温湿度計がついてインフルエンザ、熱中症の警告機能なんかついているものまで、まさにガラパゴス的な進化を続けていますが、このKS474Mはそういったものはなにもついていません。しいていえば、防塵、秒針が流れるように動くコチコチしない連続秒針(スイープセコンド、)。

セイコークロックKS474M ロックネジ セイコークロックKS474M 開閉式裏蓋

9時位置にあるネジを回してロックを解除すると、パカッと開きます。この気密性が防塵時計ということです。頑丈な蝶番も3時位置でデザインのひとつになってます。

セイコークロックKS474M ケースバックセイコークロックKS474M サイズ
ケースバックの幅広のラバーが、壁に密着して、振動から、本体が揺れるのを防いでいます。
もちろん、防塵が必要で、振動がある環境においてこの時計の性能が発揮できるわけですが、ロングセラーを続けている理由は、この時計のインテリア性だと思います。

SEIKO KS474 M ¥20,000+税(2017年現在)
金属枠 クォーツ(スイープ) 221x232x92mm  930g

余談ですが、
アラジン ブルーフレーム グリーン 
私が、愛用している、アラジンブルーフレーム。学生時代から2台目の個体です。このストーブも、機能はもとよりインテリア性があるからこそ今も多くの人に愛用されているのではないかと思います。KS474Mとこのストーブのコンビネーションは、とっても気に入ってます。なぜか色味も良く似ています。

Pocket

フェミニンなダブル ストラップモデル、サントノレー カリスマ ミニ ツイスト。

Pocket

サントノーレ
フランス パリのサントノーレ通りに本店となるブティックを持つ、サントノーレのカリスマシリーズの新作カリスマ ミニ ツイストです。

サントノーレ カリスマ ミニ ツイスト 定価 ¥45,000+税

サントノーレツイスト

カリスマは、26㎜の小振りなラウンドケースとストラップを繋ぐ2本のアーチが生み出す女性らしく繊細なラインにダブルストラップラウンド(二重巻き)を組み合わせることでフェミンさとアクセサリー感覚をプラス。

ストラップは、アビエタイプで、工具無しで簡単に取り外し可能です。
サントノーレ アビエタイプ

ラグ幅は12mmで、通常のストラップも装着可能です。気分やファッションに合わせて自由にお楽しみいただけます。

サントノーレ ストラップ

商品に関するお問い合わせ

Pocket

ジャパニーズ カーラーコーディネイト「かさね色」をモチーフにした時計。Riki かさね色

Pocket

セイコーウォッチ アルバから発売されている日本の伝統色〜かさね色シーリーズです。

ジャパニーズデザインのパイオニアと呼ばれる「 渡辺力 」デザインの時計をベースにレザーストラップの裏と表で「かさね色」を表現しています。

(左)AKPT008  桜 (桜)      定価 ¥10,500+税
(中)AKPT010 氷重(こおりかさね   定価 ¥10,500+税
(右)AKPT009 鴨頭草(つきくさ)   定価 ¥10,500+税

ケースサイズ ケース径26mm/厚7.6mm  17g

「かさね色」とは、
平安時代のカラーコディネートのひとつで、着物の裏と表の生地に配した色のコントラスト。その色は自然界の色を手本としていました。そのコーディネートにはそれぞれにネーミングされていてたとえば、裏が白、表が赤を「桜」、裏に縹色(はなだいろ)表に淡い縹色で鴨頭草(つきくさ・つゆくさ)など…。なんとも粋で遊び心も感じられて、お洒落ですね。

日本の伝統色〜かさね色シーリーズは、レザーストラップで「かさね色」を表現しています。

時計は、この古風な色合いと渡辺力のデザインがマッチしたモダンでもありクラッシカルでもあるなんとも愛らしい時計に仕上がっています。

桜AKPT008

AKPT008 桜 定価 ¥10,500+税

AKPT010氷重

AKPT010 氷重(こおりかさね   定価 ¥10,500+税

AkPT009 つきくさ

AKPT009 鴨頭草(つきくさ)   定価 ¥10,500+税

着装イメージギャラリー

オーダーフォームへ

Pocket