修理レポート」カテゴリーアーカイブ

OHで里帰り、スマイルディのファーストモデル。

Pocket

ro11_2003.jpg
オーバーホール依頼で里帰りしたアランシルベスタイン ロンド スマルディです。2003年2月にお買い上げいただいた時計です。久々の対面ですが、いい顔してますね。
現在では同じみのスマルディ(曜日を顔の表情で表す機能)は、2001年に角型のペイブ、この丸型のロンド、から始まりました。その後スマイルディは、クロノB,クロノB2、ピクトなどにもついて、今ではアランシルベスタインのおなじみ、定番機能にもなりました。
この時のロンドは、クラブのケースのようで、この翌年2002年にロンドは現在のラグの無いケースで発表されます。このタイプのロンドスマイルディは最初の500本のみだったようです。スマイルディが丸顔(現在はオーバル)なのもこの頃の特徴です。
ちなみに、同時に発売された角型ペイブは、発売直後に、ブレスの装着のためケースの形状が急遽変更され、2つの形のペイブが存在しているのは意外と知られていません。結果、変更前のペイブは、今ではコレクターアイテムになっているようです。当店では、ケース変更前のペイブは、確か3本販売しています。スマイルディのファーストモデル、2001ペイブとロンドは、レアアイテムになりました。
その時は、気にならなかったことが、時間がたってみると、妙に気になってしまう、そんなところも熱心なコレクターを持つこのブランドの魅力の一つでしょうか。

Pocket

若気の至ということで…..お許しを。時計にあった二つのサイン。

Pocket

2011clock01.jpg
 昨日、ご年配のご夫婦が、写真の掛け時計をお持ちになれれて、ご主人様が、この時計の機械をいまの電池式のクォーツに変えることができますか?と言われた。
 お話をお伺いすると、年をとったから、踏み台にのってネジをかけるのが、おっくうになった。20年位前、修理をした時に、次回の修理の際は、機械を入れ替える方法もあると、私から聞いたことを思い出したからとのことでした。「….う〜20年前か..覚えていない…。言ったかもしれない^^;」
2011clock03.jpg
と心でつぶやきながら時計を見ると、ケースに色あせてはいるけど確かに中慶時計店の文字があるシール。祖父が販売したものか?がぜん、これはなんとかしなくては….、以前、そうは言ったかもしれませんが、これからもゼンマイを巻く手間はおかけしますが、なんとかこの機械を修理をさせて頂けませんかとお願いしました。
2011clock01.1.jpg
お二人が、お帰りになったあと、外装についた汚れをタオルで拭き取ると、なんと「祝 結婚 昭和三十二年三月八日」の文字。これが、ご夫婦そろってお持ちなったわけで、クォーツになったとしても外装をなんとか残したかったわけですね。また、そんな理由をぺらぺらお話になる世代ではないとお察しした時、若かったからと言え、簡単に、買い替え、機械交換をお勧めした自分が情けなくなりました。
2011clock04.jpg
幸い機械のほうは、洗浄して注油したら調子よく動いてくれました。ホッ。洗浄では、黒い砂粒のような金属の粉が、いっぱい流れでました。時間の垢落ですね。
2011clock05.jpg
 若気の至りとは言え、軽率だった自分に反省しつつ、申し訳なかったという気持ちを込めて木製ケースの裏面、表面に、自分のギターのお手入れ用に持っていたオレンジオイルを二種、塗らさせて頂きました。ケースの割れ防止にもなりますが、ゼンマイを巻くためにケースの上蓋を開いた時にする香りが、せめてものお詫びのしるしです。ゼンマイを巻く作業をいくらか楽しくしてくれるだろうという願いを込めて。機械オイルの香りとオレンジオイルの香りのミックスは、なんか癒される良い香りなんです。
2011clock07.jpg
今日の午後から、ケースに機械をセットして、ランニング中です。奥の接客ルームで、チックタックと奏でています。永遠に続く卓球のラリーの音にのようにも聞こえます。今まで50年以上、時を刻んで来た時計、これからもご夫婦とともに季節を刻み続けてくれるはずです。
 こんな顔の下にクォーツなんてありえない、そんなこと言い出す奴は何もわかっちゃいないと何処からか声が聞こえて来た気がします。

Pocket

修理レポート:TUDORハイドロノート

Pocket

TUDORのアフターサービスは日本ロレックスが受け付けています。先日お預かりしたオーバーホールでお預かりしたTUDORハイドロノート89190(日本ロレックス依頼)が出来上がってきました。
tudor_card.jpg
※シリアルナンバーの箇所は画像処理で消しています。
国際サービス保証書が添付されていました。機能保証は、ロレックスは2年ですが、チュードルは1年です。
今回は、お預かり時にクリスタル交換が必至であったので、日本ロレックスに依頼しました。ケースの傷は深かったためか、全体にはポリッシュはされていません。ブレスは、ポリッシュしてありました。
チュードルの出来上がり予定は、見積の段階で未定(通常3ケ月)と言われます。交換パーツの有無の関係でしょうか。今回は、進行連絡9/3から、出来上がりが10/07でした。今回は、通常より早い方でした。

Pocket

からくり時計のメンテナンス。

Pocket

10年位前地元にある企業さんの社員食堂に取り付けた直径70CM
のからくり時計。最近からくりの開閉がスムーズにいかないということで外してきました。重さ約20kg,直径70cmというサイズ。一人でなんとか持てますが….。現在は製造されていませんが、当時は既製品、カタログに載っていました。家庭用と違って、また屋外用ということで既製品とは言え、特別な感じでした。
 メンテナンスは茨城県にあるリズム時計のアフタサービスに依頼します。荷造りが大変です。事前の問い合わせでは、担当者の方は、そんなに生産していない物で….ということでしたが、何個ぐらい生産したんでしょうか。karakuri.jpg
karakuri2.jpg
屋外用ということでケースの密閉性は高い、それを屋内に設置していたので非常に綺麗です。ただ10年もたつと可動部分のパーツに摩耗がみられるようです。各人形の動作、窓の開閉、サウンドよう、照明…それぞれの配線のコネクターを外すだけでも大変でした。

Pocket

ロレックス〜風防交換1603/0〜日本ロレックにて

Pocket

ロレックスの風防も現在のサファイアクリスタル以前は、プラスティック風防が他メーカー同様使用されていました。もちろんキズは付きやすいですが、ドーム型の丸みのある形状で、どこか暖かみを感じさせられて、オールドのロレックスの魅力の一つでもあります。定番ダイバーズ、同社のサブマリーナがプラ風防からサファイアガラスに仕様変更されたときに、プロのダイバーから海の中での全反射(キラキラ)の確率が高くなったので、読みづらくなったとうエピソードを宝石鑑別のセミナーで、屈折率と臨界角の説明の時に聞きました。時計のパーツとして優れていた部分もあるようです。この魅力あるパーツのプラ風防ですが、現在のメンテナンスとなるとどうでしょう。先日お預かりした1603/03オイスターディトジャスト(1970年代)を日本ロレックスにて風防交換しました。case関連技術料が¥5,000-、クリスタル交換¥3,500-(ここでは素材がサファイアクリスタルでもプラでも風防を称してクリスタルと呼ぶようです。)がクリスタル交換のみの場合の費用(2009年現在)、(注:現在のサファイアクリスタルの場合は費用は異なります。)
で交換後のパーツですが、当時の形状の物はすでになく、現在は写真のようなエッジの立った角張ったものになります。当時の物を使い込んだ丸みのある風防からいきなりこれに変わると結構違和感は感じますね。ただワレが入ったり深い傷がある場合は交換は必至です。たまに聞かれますが、もともとプラスチック風防が使われているオイスターにサファイアクリスタルをセットできるかですが、これは出来ません。
rorex_1603_0.jpg

Pocket

フランス優勝記念だったんだろう〜KB50

Pocket

kb50_01.jpg
1998年FIFAワールドカップ フランスこの大会を記念したクロノBをベースにしたモデル。正確にはフランス優勝記念モデルだったかもしれませんね。というのは1998年の春には発表されていなくて、突然発表されて入荷は大会が終了してだいぶたった頃だったように記憶します。フランス代表の優勝に感激してフランス人のアランシルベスタインが製作を思いついたのではないかと思うのです。パーフェクトカタログには世界限定100となっていますが、時計の裏蓋には***/500(5)とあります。クロノBの5シリーズ目の500個のうちの100個が記念モデルに回ったと予想されます。今回、弊社にて販売したものをオーバーホールでお預かりしました。今見てもサッカーとフランスをイメージした魅力あるモデルに仕上がってますね。
この大会は20世紀最後ワールドカップとして、また日本代表初出場という想い出深い大会だったように思います。ジダン、ベッカム、オーウェン、ラウル、ロナウド、デルピエロ….各代表チームのスター選手の活躍も花を添えてくれています。
修理レポートですが、
クロノB(レマニア5100)オーバーホール¥45,000-
お預かり2009/06/08 出来上がり2009/07/29
kb50_02.jpg

Pocket

1880年代〜THE E.INGRAHAM&COの掛時計。

Pocket


昨年の暮れ、地元のご住職がこれ直るかなぁと持ち込まれた古い掛け時計。長く物置の隅にあったとかでホコリがひどく、試しにゼンマイを巻こうとしたらゼンマイの穴が摩耗していて巻くことも出来ず、なんとかなればと思う気持ちはありましたが、これは難しいなぁ、一応お預かり。お正月休みにその気になって調べてみると1880〜1884くらいに製造されたアメリカ製E.IGRAHAM社の由緒正しいも。八日巻き、時報付き、金箔モデルは当時の資料によると当時$9だったらしい。(125年前の$9っていまですとお幾らか?)資料と見比べると針も(短針が折れかかっているものの)オリジナルのようで、少なくとも外装に関しては全てオリジナル部品。第一のハードルであったゼンマイはたまたまうちにあったもので巻き上げたらなんと巻き上げが出来てクリア。これなら洗浄して注油すると動き出すのではと分解開始。しかし…分解を始めると次々に押し寄せるハードルが…….

続きを読む

Pocket