エルマ社のウオッチワインダー

Pocket

elma.jpg
写真左のブルーのワインディングマシンは、エルマ社のワインディングマシン、サイクロ・マティックディオで7〜8年前に最初に入荷した物です。当時はまだ現在数多く出回っているリーゾナブルな中国製がなかったのでワインディングマシンといえば、これかさらに高価なスカトーラデルテンポ社のものでした。先日入荷したエルマの新作は、コレクターように便利なモード(夜間停止、スピード巻き上げ、回転数設定モード)がつき、またクルミの木で作られた外装は美しく仕上げられ高級感あふれる外装で仕上げられています。回転するアクションも優雅です。ワインダーもここまで来ると、機械式腕時計コレクションの楽しさ、満足度に花を添える存在になっているようです。総合的にこれがベストなワインダーです。
SOLD OUT


初期型のサイクロ・マティックディオは当時は、ワインダー自体が珍しいということもあいまって、機械式愛好家の方に大人気でした。いま尚ご愛用頂いている方も多いようです。実際写真のものは個人的に使って今も現役です。メカ的には、モーターの寿命、トルク、電池寿命などすでに初期型で完成されていたかんがあります。当時は、一般ユーザーというより修理工房ようの巻き上げチェックようの工具的な存在だったようで、外装は極力作業場のスペースをとらないコンパクトに設計されていています。その後、いろんなメーカーからいろんなワインダーがでました。世の中で安いワインダーが出回るようになってもエルマという会社は、それに対抗することもなく、逆にさらに機能やクォリティーを上げた製品を開発しています。ちなみに、店頭でブレス等の洗浄サービスに使用しているこ超音波洗浄機もエルマ社のものを使っていますが、こちらも高性能。ワインダーならセットする時計を洗浄機なら洗浄するもの、それぞれの目的である、巻き上げ、洗浄のために製品を傷めることがあっては、意味のないことです。エルマ社の製品は本来プロようの機器をつくっているメーカーだけにそのあたりがしっかりしているところがいいですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA